幼稚園のママ友ランチ会で幹事のすることは?準備や挨拶などご紹介!

子どもが幼稚園に入ると、ママ同士の交流を深めるためにもランチ会など親睦会が年に何回か行われます。

参加するだけであればいいのですが、幹事役が回ってくることも…

初めてランチ会の幹事をするときは、「参加するママ友たちにがっかりさせないように気をつけなければ…」と気負ってしまうものです。

しかし、幹事役に慣れていないときは、お店選びなどの準備や挨拶など「どうしたらいいの?」なんて頭を悩ませる方も多いものです。

幼稚園 ママ友 ランチ会

そこで今回は、幼稚園のママ友ランチ会で幹事のすることは?準備や挨拶など、幹事のすることについてご紹介しますね。

スポンサードリンク

幼稚園のママ友ランチ会で幹事のすることは?~準備編~

幼稚園のランチ会では、お子様を迎えに行くまでの限られた時間しかないことが多いものです。

ですので、その限られた時間で上手く会を進行することが、ランチ会を成功させる秘訣です。

そのためには、なんといっても事前の準備や段取りがとても大切になってきます。

まずは、ママ友のランチ会をする時に幹事さんが行う準備について詳しくご紹介していきますね。

日程を決める
ママの中には、専業主婦の方、働いている方、小さいお子様を抱えている方など様々な方がいます。

幹事の仕事で一番難しいのが、様々な事情を抱えているママたちのスケジュールを合わせることではないでしょうか?

全員の日程を合わせようとすると「●日では、A君ママとCちゃんママの都合が悪い…」でも「■日では、B君ママが…」というように、いつまでたっても決まらない(T T)なんてことに…

ですので、候補日をいくつか挙げて参加者の一番多い日にするのがおすすめです。

日程と参加者が決まれば、簡単な名簿を作っておくと、当日の出欠やお金を集めるときに便利です。

会費を決める
日程が決まれば、会費を決めましょう。

ママ友のランチ会での相場は、1,000~2,000円程度が一般的です。

ちなみに、私が幹事をしていた時は会費は1,500~2,000円で、「ランチ + 食後の飲み物やデザート」にしていました^^

また、お釣りが細かくならないように、切りのいい金額にしてもらえるようにお店と少し交渉すると、お金を集めるときもお会計もスムーズですよ♪

お店を決める
日程が決まれば、お店を予約します。

ママ会のランチ会ですので、小さいお子様を連れてくるママもいますので、お座敷タイプのお店にするのか、お子様用の椅子が用意されているお店を選ぶようにしましょう。

また、オムツを変えるスペースが確保できたり、離乳食などの持込ができるかも確認しておくと喜ばれます。

ちなみに、私が幹事をしていた時は、お席の時間をお迎えの時間ギリギリまで延ばしてもらえるように、お店にお願いしていました。
ランチ会では、会話も弾みますし、中途半端な時間で終わってしまうとお迎えまでどこかで時間を潰さなくてはならなくなるからです。
ですので、お席の時間は交渉することをおすすめします。

あと、自転車で移動されるママも多いので駐輪スペースの有無なども先に確認しておくことをおすすめします。
無い場合は、事前に連絡しておくと親切です。

メニューを決める
2~3人ぐらいであれば、その場で注文しても問題ありませんが、大人数になるとメニューをその場で決めていてはとても大変ですし、限られた時間でスムーズに会が進行しません。

全員同じメニューにするか、お店のランチメニューを手に入れコピーを配るなどして事前にメニューを決めてもらっておくなどするとスムーズに食事に入ることができます。

事前にメニューが決まっていると、当日バタバタせずに済みますし、お店側も準備できますので喜ばれます。

また、小さなお子様を連れてくるママもいますので、お子様メニューの確認も忘れずに!!

参加するママ友に連絡を入れる
上記の内容が決まれば、ランチ会に参加するママ友にメールなどで連絡をいれましょう^^

その際の注意点ですが、ランチ会の時間をお知らせするときは

受付時間とランチ会開始時間を分けてお知らせする!!

スポンサードリンク

です。

「11:30~ 受付、12:00~ ランチ会スタートします。」など、時間をハッキリ伝えておくと、一度にドッと押し寄せることがありませんので、出欠確認や集金する時に混乱を避けることができます。

ほんの少しのことですが、時間を区別してお知らせしておくことをおすすめします。

ママ友のランチ会での基本的な準備は以上になります。

なお、ママ友のランチ会の幹事は1人で行うのはとても大変ですので、何人かにお手伝いをお願いすることをおすすめします。

幼稚園のママ友ランチ会で幹事のすることは?~当日編~

受付の準備をする
当日は、受付時間の15~30分前にはお店に到着しておきましょう!

※何時からお店に入れるかは、事前にお店の方に確認しておいてくださいね。

お店に到着したら、責任者の方に挨拶し、最終の人数やメニューの確認を行いましょう。

その後、入り口近くに受付を設置して、名簿や集金の準備を行います。

※事前に、集金用の袋やお釣り用の釣銭を準備しておくと便利です。

席はどうやって決める?

お店に到着した順に座るのでもいいのですが、元々の知り合い同士が固まらないよう、くじ引きなどで席を決めることをおすすめします。

受付でくじを引き、くじに記入されている番号や記号の席に着いてもらうという流れです。

スポンサードリンク

ランチ会は、ママ同士が仲良くなる機会でもありますので、仲良しグループで固まるなど偏らないようにしましょう。

事前に用意したくじを引いてもらい、それぞれの席についてもらいましょう♪

※小さなお子様がいる場合は、くじを引いた後に準備するのもいいですが、端の席を事前に確保しておくのもおすすめです。

受付をする
お店に到着した順に受付を行います。

事前に準備した、名簿にチェックを入れていきます。その際に、会費も一緒に集めます。

自分が何を選んだか忘れてしまっているママもいますので、名簿には氏名選択したメニューメニュー別の会費の金額を書いておきましょう!
メニューが選択制で代金がメニューよって違う場合は必須です!

全員が揃ったことを確認してたら、ランチ会をスタートさせます。

幼稚園のママ友ランチ会で幹事のすることは?~挨拶編~

幹事さんは、ランチ会当日の司会進行を行わなければなりません。

しかし、司会進行だからと言って堅苦しい挨拶は必要ありませんが、挨拶をする時に抑えておきたいポイントがあります。

  • 笑顔で話す
    司会進行役は、慣れている人でも緊張するものです。

    ですが、硬い表情では「機嫌が悪いのかな?」なんて勘違いされることもありますので、笑顔を忘れずにいましょう。

  • 大きな声でハキハキと話す
    人前で話しするときは、緊張したり恥ずかしかったりするものですので、必然的に声が小さくなってしまいがちになります。

    小さな声やボソボソと挨拶しては、これから始まるランチ会は盛り上がりに欠けてしまいます。

    ですので、後ろの席や遠い席のママにもしっかり聞こえるように、大きな声でハキハキと話しましょう。

  • ゆっくり話す
    緊張するしたり恥ずかしいと、無意識的に早口になってしまいがちです。

    いつもよりゆっくり話したり、一呼吸おいて話すなどゆっくり話しましょう。

それでは、下記に幹事さんがランチ会で行う挨拶の例文をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

ランチ会開始の挨拶

参加者が全員席についたことを確認した後、ランチ会開始の挨拶を行います。

本日は、お忙しい中××幼稚園 ××組のランチ会に参加して頂きありがとうございます。

今回の幹事をさせてもらいます●●(子供の名前)の母の○○(自分の名前)です。

短い時間ではありますが、お食事やお話など楽しい時間にして頂けると嬉しいです。

せっかくの料理が冷めないうちにお召し上がりください。

では、いただきまーす(かんぱーい)。

皆さん、今日はお忙しい中お時間を作ってくださり本当にありがとうございます!
先日の発表会では、一生懸命頑張る子供たちの姿が印象的でした!

〇月にある運動会もとっても楽しみですね♪

今日のランチ会で、日頃の疲れやストレスを少しでも発散して頂ければと思います。

では、お料理も揃いましたので、皆さん一緒に楽しみましょう!

では、かんぱ~い!

ランチ会終了の挨拶

お席の時間が近づいてきたら、ランチ会終了の挨拶を行います。

皆さん、お話が盛り上がっているところ申し訳ないのですが、お時間になってしまいましたので、そろそろお開きにしたいと思いまーす。

今日は楽しんでいただけましたか?

また、ランチ会等を通して××組の交流をどんどん深めていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

今日は、たくさんのご参加本当にありがとうございました!

皆さんお迎えの時間が近づいてきましたので、そろそろランチ会をお開きにさせて頂きます。

今日は、ランチ会に参加して下さって本当にありがとうございました!

たくさんのママと色々な話をする事が出来て、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。

明日からも幼稚園生活を子どもたちと一緒に楽しんでいきましょうね。

お疲れ様でした。

基本的には、ママ友のランチ会は開始と終了の挨拶を行えば、幹事さんの他のママと同じように、楽しく交流しましょう。

また、初めてのランチ会などの場合は、出席者全員の自己紹介をすることもありますので、その際の挨拶についてご紹介してますね。

参加者の自己紹介のときの挨拶

皆さん、お食事を楽しんでいるところすいません。

せっかくですので、お互いのことをもっと知るために皆さんの自己紹介と一言ををして頂きたいと思います

お食事を取りながらで結構ですので、順番が来ましたらお願いします。

まずは、私から自己紹介させていただきます。

××組の●●(子供の名前)の母の○○と申します。

これからも皆さんと仲良くさせていただきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

では、次の方から順番にお願いします。

幼稚園によっては、定期的にランチ会が行われることがあります。

しかし、毎回幹事役をするのは大変です。そこで次回の幹事さんを公平にくじなどで決めるなどするものいいかもしれませんね。

皆さん、ここで次回のランチ会の幹事さんを決めたいと思います。

最初に引いたくじの番号を覚えていますか?

これから私が代表して、くじを引きますので出た番号の方に次回の幹事さんをお願いしたいと思います。

(くじを引く)

〇番です。〇番の●●君ママ、次回の幹事役をお願いします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、幼稚園のママ友ランチ会で幹事のすることは?準備や挨拶など、幹事のすることについてご紹介しました。

幹事や司会進行役が慣れている方なんてほとんどいません。

ですので、プロのように上手く話したりする必要はありませんし、少し失敗するぐらいで大丈夫です。

幹事をする時は、参加するママが楽しい時間を過ごせて、友達の輪が広がることが大切なんです。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ