確定申告の書類A表とB表の違いは何?書類の入手方法などをご紹介!

毎年2月16日~3月15日に期間に「確定申告」が行われます。

確定申告は、昨年1年間の所得に対して納める所得税を専用の用紙に記入して、税務署に申告することを言います。

しかし、提出する申告書の種類は【申告書A】と【申告書B】の2種類あり「どちらを使うべきなの?」と悩まれる方も多いものです。

確定申告AとB

そこで今回は、確定申告の書類A表とB表の違いは何?書類の入手方法などについてご紹介します。

スポンサードリンク

確定申告の書類A表 B表とは?入手方法はどうするの?

確定申告とは、1年間の所得税額を計算して納める手続きを行うことで、毎年決まった期間中に確定申告書を税務署に提出しなければなりません。

確定申告を提出しなければならない人提出しなくてもいい人がいます。詳しくは「確定申告とは?必要書類や期間は?確定申告の基本的な流れをご紹介!」をご確認くださいね^^

確定申告の提出期間は下記の通りです。

2月16日~3月15日の1か月間
※税務署が閉まっている土日祝日は受け付けてもらえません。
※ただし、締切日が土日祝日に当たる場合は、翌週の月曜日が最終提出期限となります。

そして、平成29年度分の確定申告の提出期間は、

2018年(平成30年)2月16日(金)~3月15日(木)
になります。

さて、冒頭でもご紹介しましたが、確定申告するときは【申告書A】【申告書B】どちらかを税務署に提出する必要があります。

また、どちらの申告書も【第一表】と【第二表】がセットになっていて、【第一表】と【第二表】両方とも提出しなければなりません。

また、用途に合わせて【第三表】や【第四表】【第五表】などもありますので、必要に応じて併せて提出するようにして下さい。

それでは、下記にそれぞれの書類についてご紹介していきますね。

確定申告書Aについて

【申告書A】は、一番シンプルな作りになっており、会社員や年金生活者を主な対象者としてつくられています。

【申告書A】を使うのは、下記に該当する以外の所得がなく、「予定納税」として所得税を納めていない場合のみ使用します。

◆給与所得
※勤務先からもらう給料や賃金、ボーナス、役員報酬などによる所得のことです。
◆雑所得
※公的年金や個人年金、原稿料、講演料、印税などの所得のことです。

◆配当所得
※株や出資による配当や分配金などの所得のことです。

◆一時所得
※生命保険の満期保険金(一時金)や懸賞当選金、賞金、競馬・競輪などの払戻金などの所得のことです。

年金受給者であっても、上記以外の所得がある場合は【申告書B】での申告になります

なお、会社員の方は、勤務先で年末調整を行っているはずですので、基本的には確定申告をする必要はありませんが、医療費控除やセルフメディケーション、住宅ローン控除、ふるさと納税などがある場合は、確定申告をすることで払い過ぎた税金が還付されます。

【申告書A】は「第一表」と「第二表」のセットになっており、【添付書類台紙】には、源泉徴収票や支払調査書など必要書類の原本を貼り付けます。

また、医療費控除や住宅ローン控除などを受ける場合は、控除額の計算明細書などを添付して提出しましょう。

確定申告書Bについて

【申告書B】は、個人事業主やフリーランスの仕事など、どんな種類の収入があっても使える申告書で、上記でご紹介した4つ以外の所得がある場合に使用します。

◆譲渡所得
※ゴルフ会員権や金、貴金属、車など資産の譲渡(売却)による所得のことです。

◆利子所得
※国債や社債、預貯金の利息などの所得のことです。

スポンサードリンク

◆事業所得
※農業や漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業など事業による所得のことです。

◆不動産所得
※土地や建物、地上権、借地権、船舶、航空機などの貸し付けによる所得のことです。

ですので、個人事業主や株やFXなどの投資、不動産投資をしている方は、会社員であっても【申告書B】しか使うことができません

【申告書B】は、すべてのケースに対応する申告書ですのでどちらを使っていいかわからない場合は、【申告書B】を使うようにします。

なお、【申告書B】には「第三表(分離課税用)」「第四表(損失申告用)」の別表が用意されていますので、必要に応じて組み合わせて申告することになります。

【申告書B】も【申告書A】と同じように、「第一表」と「第二表」のセットになっており、【添付書類台紙】には、源泉徴収票や支払調査書など必要書類の原本を貼り付けます。

また、必要に応じて「青色申告決算書」や「収入内訳書」、「医療費の明細書」など必要書類も一緒に提出します。

確定申告の「第三表」「第四表」「第五表」とは?

上記でご紹介した【申告書B】に必要に応じて組み合わせる「別表」についてご紹介します。

スポンサードリンク
「第三表(分離課税用)」とは?

【申告書B】と一緒に提出する「第三表」は、所得税の課税方法で「分離課税」に該当する所得のある方が使います。

分離課税とは…株式などの譲渡によって生まれた所得のように、他の所得と合算せずに税額を計算して納税することです。

分離課税の所得となるものは下記の通りです。

  • 譲渡所得
    土地や建物を売却することで生まれる所得です。
  • 退職所得
    退職金に課せられます。
  • 山林所得
    山林を売却したことで生まれる所得です。
  • 先物取引の雑所得
    株の売買や先物取引などで得た譲渡所得や雑所得です。
「第四表(損失申告用)」とは?

【申告書B】を使う方の中には、下記のように赤字額を翌年に持ち越せる方がいます。

◆今年の所得金額が赤字になった場合
◆災害などで被害を受けて雑損控除を受ける場合
◆所得金額から繰越損失額を控除すると赤字になる場合

「第三表」と「第四表」は、必要に応じて【申告書B】と一緒に提出します。

「第五表(修正申告用)」とは?

「第五表」は、確定申告を済ませた後、申告の内容に誤りがあった場合に使用します。

「計算ミスが発覚した」「計上すべき所得が漏れていた」など様々な理由で確定申告書を修正するときに提出します。

上記でご紹介した確定申告書の「第一表」「第二表」「第三表」「第四表」「第五表」はそれぞれ複写式になっていて、1枚目が「提出用」2枚目が「自分の控え用」になります。

税務署に提出するのはそれぞれの1枚目の「提出用」ですが、提出の際に2枚目の「自分の控え用」を一緒に提出すると受領印が押され申告書を提出した証拠になりますので大切に保管してくださいね。

確定申告の書類の入手方法は?

上記でご紹介した確定申告書用の書類は、「税務署」や「各市町村役所の税金担当窓口」などでもらうことができます。

また、国税庁のHPより申告書の作成や提出を行うことができます。

「確定申告書用作成コーナー」を利用し案内の通り入力していけば、税額などは自動計算されますのでとても便利ですよ。

作成した申告書は、印刷して確定申告提出期間内に税務署に提出するか、または郵送で提出することができます。

また、ここで作成した申告書は、e-Taxを使ってインターネットを使って送信(提出)することもできます
※ただし、e-Taxを使って送信する場合は事前準備が必要になります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、確定申告の書類A表とB表の違いは何?入手方法はどうするの?についてご紹介しました。

書類の種類など沢山あって少しややこしい感じがしますが、基本的には「第一表」と「第二表」を提出する方がほとんどです。

また、【申告書A】か【申告書B】かどちらか迷ってしまったときは、【申告書B】を提出しましょう。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ