太ももを簡単&効果的に細くする方法をランキングでご紹介!1番効果的なのはコレ!

「モデルさんのようなスラっとした脚になって、スキニーパンツやミニスカートでオシャレしたい」と思っている一方で、「脚痩せは難しいので自分には無理かも…」と半分諦めている方も多いものです。

確かに脚痩せは他の部分に比べて少し痩せにくいと思われているかもしれませんが、少しの努力で簡単に効果的に痩せる方法があるとしたらどうしますか?

「どうして太ももにお肉がつくのか?」を知り、その原因を取り除くことで思い通りの太ももを手に入れることができるかもしれません。

太ももを細くする

今回は、太ももを簡単&効果的に細くする方法をランキングを交えてご紹介しますね。

スポンサードリンク

太ももを簡単&効果的に細くする方法をランキングでご紹介!1番効果的なのはコレ!

太ももにお肉がついていると、鏡を見たとき全体的に太って見えてしまうものです。

特に、お尻と繋がっている部分は、加齢や運動不足によってお尻も垂れてくるので、ボヤっとした見た目になってしまいます。

太ももが太くなってしまう原因にはいくつかのパターンがありますので下記にご紹介していきます。

太ももが太い原因は?

むくみが原因で太く見える
下半身の血液の巡りが悪く、余計な水分が溜まり太ももが太くなってしまっていることがあります。

いわゆる「むくみ」です。

通常であれば、体の中を巡る水分(血液やリンパ液)は、血管運動や筋肉の収縮や拡張に助けられ、栄養素を運んだり、老廃物を運んだりしながら体の中を循環します。

しかし、女性は男性に比べて筋肉が少ないので、血管運動や筋肉の動きが弱く、重力にも負けてしまい、どうしても水分が下半身にとどまりがちになってしまいます。

むくみが原因で太ももが太くなっている場合は、マッサージをすることで比較的簡単に解消することができます。

しかし、体内の水分の循環を助ける筋肉をつけない限りはマッサージも永遠の日課にするしかなくなります。

皮膚の弾力が弱い
細く見せるためには、筋肉をつけすぎるのも考えものですが、圧倒的に筋肉量が少ないとお肌のハリもなくボヤっとして膨張して見えてしまうことも事実です。

また、皮膚に弾力が足りないのは、細胞に栄養素が足りていない場合もあります。

栄養バランスの取れた食事を摂ることも大切になります。

太ももに脂肪が溜まっている
太ももに脂肪が溜まっているため太くなってしまっている場合は、体脂肪を落とす努力をしなければなりません。

まずは食生活の見直しです。

体に脂肪が溜まるのは、基礎代謝で消費されるエネルギーよりも、食事でとる摂取エネルギーの方が上回っていることが大きな原因のひとつです。

若い時は、多少摂取エネルギーが多くても、基礎代謝が高いので脂肪を溜めることがありませんが、年齢を重ねるごとに基礎代謝は低下しますので、若い時と同じような生活をしていると、ドンドン脂肪をため込んでしまうのは仕方のないことかもしれません。

また、食事と同時に基礎代謝を上げるために筋肉をつける必要がありますが、ただ筋トレをして筋肉をつければいいということではなくて、バランスの取れた食事をした上での運動が必要となるのです。

食べるものはしっかりと食べて栄養をとり、その上で運動をして太ももを引き締めるようにするのが大切です。

ただし、これは継続することがとても重要ですので、無理して完璧にこなそうとするとストレスがたまりますので、出来る範囲で徐々に改善していくことがポイントになります。

何度も言いますが「大切なのは継続すること」です。

脂肪が溜まっている太ももは、引き締め効果がすぐには出にくいかもしれませんが、続けていくことで、ある日ふと体の変化に気がつくでしょう。

一度そこまでくればモチベーションもアップしますから、続けていくことは簡単になるはずです。

それでは、下記にそれぞれの解消法についてご紹介していきますね。

太ももを簡単&効果的に細くする方法をランキングでご紹介!

太ももを確実に素早く細くするのであれば、病院やクリニックなどで【脂肪吸引】をするのが最も効果的な方法でありますが、費用面の問題もありますのでここでは【脂肪吸引】以外の自分でできる簡単で効果的な方法をランキングでご紹介していきます。

第3位:ストレッチ
ストレッチは、硬くなった筋肉をほぐし血液やリンパ液の巡りを改善してくれます。

スポンサードリンク

普段使わない筋肉を伸ばすことで、筋力の低下も防いでくれます。

太もものストレッチのやり方

①右足を伸ばし、左足の膝を外側にずらして折り曲げます。

②そのまま状態を後ろに倒します。

③左足を伸ばし、右足の膝を外側にずらして折り曲げます。

スポンサードリンク

④そのまま状態を後ろに倒します。

⑤①~④を5回程度繰り返します。

上記のストレッチは、脚の付け根にある「そけい部」をほぐすストレッチになります。ここを刺激することでリンパ液の回収や流れが改善され、脚に溜まった水分や老廃物を排出しやすくなります。

ストレッチは、入浴後や運動後など体が温まっている状態で行うと効果的です。

第2位:リンパマッサージ
「太もも」のリンパマッサージを行うことで、脚に溜まったリンパ液の循環を促すことで、むくみの改善にとても効果があります。
太もものリンパマッサージのやり方

①重ねた両手を脚の付け根に当てて、内側から外側に向けて円を描くように脚の付け根をほぐします。

※脚の付け根には、下半身のリンパ液の関所である「そけいリンパ節」があります。ここを最初にほぐすことで、リンパ液を回収しやすくします。

②内太もものに重ねた両手を当てて、外側から内側に向けて円を描くようにほぐします。

③②が終わった後、重ねた両手のまま脚の付け根にリンパを流すようにします。
※リンパ管は静脈に沿って流れていますので、太ももの静脈が分かる場合はそれに沿って流すようにして下さいね。

④②③を数回繰り返します。

太もものリンパマッサージをする時は、1度に全体をマッサージするのは大変なので、太ももを3等分に分けて、脚の付け根に近い部分から「②ほぐす→③流す」を段階的に進めるのが効果的です。

また、マッサージするときは、クリームや乳液などを塗ってすべりやすくすると太ももにかかる刺激や負担を軽減できま、スムーズにマッサージを行うことが出来ます。

リンパマッサージは、入浴中や入浴後に行うとより効果的です。

第1位:スクワット
太ももを細くするのにもっとも効果的なのは「スクワット」です。

スクワットは、太ももの筋肉を鍛えるのはもちろん、体の中で一番大きな筋肉を持っていますので、スクワットをすることで、より効果的・効率的に基礎代謝を上げることができます。

また、基礎代謝が上がれば「太もも」だけでなく体全体のダイエットにも繋がりますのでとてもおすすめです。

スクワットはよく知られた方法ですが、正しいフォームで行うのと何となくで行うのとでは効果が変わってきますので、下記に正しいスクワットのやり化をご紹介します。

正しいスクワットのやり方

①足を腰幅~肩幅程度に開きます。

②つま先は少し外側に向けます。

③手は、前にまっすぐ伸ばすか、前でクロスして肩に添えるようにします。

④背筋を伸ばして、ゆっくり腰を落とします。
※膝を曲げるのではなく、股関節を動かし腰を落とすイメージで行います。
※この時、膝はつま先よりも前に出ないようにします。
※また、膝はつま先と同じ方向を向くようにして下さい。膝が内側に入ってしまうと痛める原因になります。

⑤太ももを床と水平になるように落とし、その状態を3秒間キープします。

⑥ゆっくり元の位置に戻ります。

⑦①~⑥を15回程度、3セットを目安に行います。
※最初は無理せずにできる回数から行ってください。

なお、スクワットする前は、体を少しほぐして温めてからするのがおすすめです。
また、ウォーキングや筋トレなども太ももを細くするには効果的です。

ただし、筋肉をつけるには、栄養バランスの取れた食事と十分な睡眠がとても大事になります。

筋肉を作る「たんぱく質」だけ摂っても、他の栄養素が足りていないと吸収が悪くなりますし、筋肉の成長や回復を行う成長ホルモンの分泌は、睡眠時に活発になるからです。

筋肉をつけて基礎代謝を上げるためには、運動・食事・睡眠の3つの要素が整わないといけないのです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、太ももを簡単&効果的に細くする方法をランキングを交えてご紹介しました。

太ももなど下半身は、普通に生活しているとむくみやすく、太りやすい場所です。
しかし、太ももは体の中で一番大きな筋肉をもちますので、上手に鍛えて効率よく基礎代謝を上げるこことでむくみの改善や太ももを細くするだけでなく、体全体のシェイプアップにつながっちゃいます^^

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ