セルフメディケーション税制とは?対象商品は?どう活用するのがおすすめなの?

「セルフメディケーション税制」って言われても、耳慣れない言葉でピンとこない方も多いのではないでしょうか?

セルフメディケーション税制とは、2017年にスタートした新しい税制のことです。

新しい税制って聞くと「また、税金で持て行かれるの…」と心配になる方もいるかもしれませんが、セルフメディケーション税制は、医療費控除の特例として創設されたものですので、少し税金がお得になるというお話なんです。

セルフメディケーション税制とは?

今回は、セルフメディケーション税制とは?対象商品は?どう活用するのがおすすめなの?などの疑問についてご紹介します。

スポンサードリンク

セルフメディケーション税制とは?

冒頭でもご紹介しましたが、セルフメディケーション税制とは2017年から新しく創設された医療費控除の特例のことを言います。

「医療費控除」というと、生計を一にする配偶者およびその親族(自分や一緒に住んでいる家族)の支払った医療費が、1年間で10万円(所得金額が200万円未満の場合は5%)~200万円をまでを限度として、1年間の所得金額から最大で190万円の控除を受けることができる制度です。

ですので、1年間に支払った医療費が10万円(所得金額が200万円未満の場合は5%)を超えない場合は、医療費控除を受けることができませんでした。

しかし、ちょっと風邪をひいただけであれば、ドラッグストアで風邪薬を買って飲めば良いだろうと思って、それだけで済ませる方もたくさんいます。

同じように、自身の健康維持や病気の予防のためにドラックストアなどで薬やサプリメントなどを購入する方もたくさんいます。

また、セルフメディケーション税制には、クリニックや病院などの医療機関を受診する方がとても多いことが以前から問題となっていて、医療費への影響や、混雑や待ち時間を回避するためにも、より多くの方に市販薬を使ってもらいたいという狙いもあります。

このように医療機関ではなく、ドラッグストアや街の薬局などで購入した市販薬(スイッチOTC医薬品に該当するもの)の費用のうちの一定額を1年間の所得金額から控除されるのがセルフメディケーション税制なんです。

ただし、このセルフメディケーション税制は、2017年1月1日~2021年12月31日までの期間限定の制度ですので注意ください。

スイッチOTC医薬品とは?

スイッチOTC医薬品とは、病院の薬の成分を市販薬に転用したもので、これまで医師による診断でした使うことができなかった医薬品を、薬局やドラッグストアで購入できるようになったのがスイッチOTC医薬品です。

OTCとは「Over The Counter(カウンターを超える)」の略で、薬局やドラッグストアのカウンター越しに売られる薬、つまり市販薬のことを指します。

以前は医師が処方する医療薬であったものが、市販薬として薬局やドラッグストアなどでも購入できるように許可されたものを、医療薬から市販薬にスイッチされたということから「スイッチOTC」と呼ばれています。

セルフメディケーション税制の控除金額は?

セルフメディケーション税制は、1年間に支払った市販薬(スイッチOTC医薬品に該当するもの)が12,000円を超えた場合に、その超えた金額が控除の対象になります。

ただし、セルフメディケーション税制で控除される控除金額の上限は88,000円までです。

例①
今年1年間に購入した市販薬(スイッチOTC医薬品に該当するもの)が3万円の場合

30,000円 - 12,000円 = 18,000円

ですので、18,000円が所得から控除される金額になります。

例②
今年1年間に購入した市販薬(スイッチOTC医薬品に該当するもの)が15万円の場合

150,000円 - 12,000円 = 138,000円

138,000円は上限の88,000円を超えているので、88,000円が所得金額から控除される金額になります。

例③
今年1年間に購入した市販薬(スイッチOTC医薬品に該当するもの)が10万円の場合

100,000円 - 12,000円 = 88,000円

上限の88,000円ですので、88,000円が所得金額から控除される金額になります。

尚、セルフメディケーション税制を利用する場合、市販薬の中でも対象商品とそうでないものがあるので注意
必要です。

対象商品については、下記の「セルフメディケーション税制の対象商品は?」で詳しくご紹介します。

なお、セルフメディケーション税制は、医療費控除と一緒に利用することはできません

ですので、1年間の医療費が10万円未満で、購入した市販薬(スイッチOTC医薬品に該当するもの)が12,000円を超える人が対象になります。

また、セルフメディケーション税制の適用を受けるには、確定申告で申請をしなければならないので忘れずに行ってください。

スポンサードリンク

セルフメディケーション税制の対象商品は?

セルフメディケーション税制がスタートしてからは、ドラッグストアなど市販薬の陳列棚に変化が起きました。

セルフメディケーション税制対象商品と書かれている市販薬とそうでない市販薬とがあります。

何が違うのかというのは、医療用医薬品で使われている82成分が含まれているかどうかです。

市販薬の知識がかなり豊富な人でないとなかなか見分けることが難しいですし、どのような市販薬が対象なのか全て知ることも難しいですので覚える必要はありません。

また、対象商品は風邪薬や鎮痛剤だけということはありません。水虫薬やビタミン剤や滋養強壮剤、便秘薬や目薬などもあります。

多くの人が利用できるように、かなり幅広い種類が用意されているんです。

でも、普段使わない特殊な薬だと意味がありませんし、セルフメディケーション税制の対象商品はどんなものがあるのか気になるとことですね。

ただし、注意が必要なのは、同じ市販薬でもセルフメディケーション税制が受けられる市販薬とそうではない市販薬があることです。

下記に主なセルフメディケーション税制の対象商品をいくつかご紹介していきますね。

セルフメディケーション税制の主な対象商品は、下記の通りです。

スポンサードリンク

平成29年10月末時点では、セルフメディケーション税制対象商品は、1654品目以上が対象となっていますので、日常で使うものや常備薬として使うものなど様々な商品が対象になっています。

>>>セルフメディケーション税制の対象商品一覧を知りたい方はコチラをご覧ください!

対象商品は、セルフメディケーション税制のスタート時に比べても品数は増えていますので、ドンドン使いやすくなってきています。

セルフメディケーション税制の対象商品の見分け方は?

「どの市販薬がセルフメディケーション税制の対象商品なの?全部覚えてられないわ…」なんて方もいますので、対象商品の見分け方についてご紹介しておきます。

セルフメディケーション税制対象商品には、下記のような【セルフメディケーション税制対象マーク】記載されていますので、買いたい商品がセルフメディケーション税制対象商品なのがどうかは、下記のマークを参考にされるとわかりやすいですね。

セルフメディケーション税制対象商品

そもそもセルフメディケーション税制は、病気をした時に病院へ行かずに薬で治そうとする方や健康促進などに意欲のある方を優遇する制度です。

医療費控除を受けるほど病院に通ってはいないけれど、意外とたくさんの薬を使っていませんか?

現在の市販薬は種類も多く、品質が良いものも多いので利用している方もたくさんいるのではないでしょうか?

これまで、医療費控除とは無縁だった人もセルフメディケーション税制の対象となるかもしれません。

自分の症状や状況にあった市販薬が分からない場合は、薬剤師に相談して、自分に合っている市販薬を見つけるのもいいかもしれません。

そして、購入した後は、レシートを確認してみてください。

レシートで対象の市販薬を購入したかどうか「★」などついていてわかるようになっています。

また、レシートは確定申告の時に必要なので大事に保管しておいてください。

セルフメディケーション税制は自分が購入した市販薬だけではなく、家族全員(生計を一にしている)分も合算できますので、レシートは全部取っておいてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、セルフメディケーション税制とは?対象商品は?どう活用するのがおすすめなの?などの疑問についてご紹介しました。

セルフメディケーション税制は、普段から市販薬をよく使う方におすすめの制度です。

風邪をひきやすいから、よく風邪薬を使っている人、一人が風邪をひくと家族に移って風邪薬をたくさん消費してしまうような家庭にも良いかもしれませんね。

また、どの市販薬が対象商品かも一目でわかるようになっていますし、薬剤師に確認するのもいいですし、気軽に使える制度となっています。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ