出産手当金の手続き方法は?申請はいつするの?支給日はいつなの?

妊娠・出産は病気やケガではないので、産休中は会社から給料や保険から休業補償がでないことが一般的です。

出産手当金は、働くママが産休中に安心して産前産後の休養が取れるように、加入している健康保険から、経済的な負担を軽減するための休業補償にかわる手当が支払われるという制度です。

出産手当金の手続き

今回は、出産手当金の手続き方法は?申請はいつするの?支給日はいつ頃なの?についてご紹介します。

出産手当金もらえる条件などは、「出産手当金をもらう条件&いくらもらえるの?派遣やパートも対象になる?」で詳しくご紹介していますのでこちらも併せてご覧ください!

スポンサードリンク

出産手当金の手続き方法は?申請はいつするの?

妊娠・出産を控えた働くママは、出産予定日の42日前から、産後56日の98日間は、産休として会社に申請することができます。

しかし、産休中は会社からは給料がでないことがほとんどですで、その間の生活の補助を目的として、加入している健康保険から「出産手当金」を貰うことができます。

ただし、加入している健康保険によっては、出産手当金がもらえない場合もありますので、勤務先で支給対象になっているか確認してくださいね。

では、あなたが支給対象であるということを前提に手続きの方法や流れについてご紹介していきますね。

出産手当金の手続きの流れは?

①妊娠を確認したら、勤務先で受給資格があるか確認する。
②産休に入る前に、勤務先または、健康保険組合や全国協会けんぽなどに「健康保険出産手当金支給申請書」をもらいます。
③入院するまでに「健康保険出産手当金支給申請書」の必要事項を記入して、入院時などに産院へ提出する
④退院までに、産院で申請書の「出産の証明欄」を記入してもらいます。
⑤産休終了後、申請書を勤務先または、健康保険組合や全国協会けんぽなどに提出します。
※産休前に申請できるか、郵送でOKかなど事前に確認しておくといいでしょう。
⑥申請書を提出した後、指定の口座に出産手当金が振り込まれます。

出産手当金の手続きに必要なものは?

出産手当金がいくらもらえるかは、「出産手当金をもらう条件&いくらもらえるの?派遣やパートも対象になる?」で詳しくご紹介していますのでコチラでご確認ください。

出産手当金の申請期限てあるの?

妊娠・出産を控えた時期は、バタバタするものですので「出産手当金の申請を忘れてしまった」などということがあります。

また、「出産手当をもらえることを知らなかった」なんてママもいます。

出産手当金など、健康保険の給付申請は過去2年にさかのぼって行うことができます

2年以内であれば、いつでも申請できますので「忘れてた」「知らなかった」というママはすぐに申請してくださいね!

スポンサードリンク

出産手当金の支給日はいつなの?

出産手当金は、働くママが産休中に安心して産前産後の休養が取れるように、加入している健康保険から、経済的な負担を軽減するための休業補償にかわる手当が支払われるという制度なんですが、一つ注意があります。

それは、

出産手当金は、産休に入ってすぐにもらえるわけではない

ということです。

基本的に出産手当金を申請できるのは、産休終了後になりますので、支給されるのは約2週間~2か月程度が一般的です。

ですので、産休に入ってから出産手当金が振り込まれるまで、3~4ヵ月程度かかりますので、事前にこの期間のお金を準備しておく必要があります。

では、なぜすぐにもらえないのでしょう?

なぜなら…

①出産手当金申請書には、医師または助産師の証明書が必要なこと
申請書には必ず医師や助産師の署名・押印が必要になります。

母子手帳にも出生証明書が記載されますが、母子手帳のコピーでは出産手当金の申請を受け付けてくれません。

ですので、医師や助産師の証明書が遅れた場合、支給日の遅れてしまうことがあります。

②産休中の給料支払いが無いことの証明書を勤務先が発行しないといけないこと
また、出産手当金を申請する場合、添付書類として「出勤簿」や「賃金台帳」が必要になります。

勤務先の給料計算が終了していない給料が確定しないため、賃金台帳も確定しません。

ですので、勤務先の証明書が発行されるまで待つしかありません…

③健康保険の給付の支払日が決まっていること
健康保険などは、毎月振込日が決められていることがほとんどで、申請書の提出が振込日以前に完了していないと、次回に回されますのでその分支給日が遅れてしまいます。
④書類の不備で申請書が戻ってくる
申請書に記入する必要事項がもれていたり、添付書類が一部もれていた場合は、一度申請書が戻ってくる場合があります。

記入漏れの箇所によって、書類が行ったり来たりしますのでその分申請が遅れてしまいます。

などの様々な要因がありますので、出産手当金はすぐに受け取ることができません。

ただし、「妊娠・出産を控えているときは、何かと出費も多いので出産手当金を早くもらいたい!」と考えるママも少なくありません。

実は、出産手当金を早く受け取る方法がありますので、下記にご紹介していきますね。

また、出産手当金の受給額などについては「出産手当金をもらう条件&いくらもらえるの?派遣やパートも対象になる?」で詳しくご紹介していますのでこちらも併せてご覧ください!

スポンサードリンク

出産手当金を早くもらう方法は?

出産手当金は、通常上記でご紹介したように、産休終了後に「産前休業分」「産後休業分」まとめて申請するのが一般的です。

しかし、出産手当金は、「産前休業分」と「産後休業分」を分けるなど複数回に分けて申請することができるんです!

ですので、出産手当金を早くもらいたい場合は、複数回申請することで、手続きが完了次第出産手当金が指定した振込口座に振り込まれます

ただし、勤務先の証明欄については、申請毎に必要になりますので、勤務先の担当者の仕事を増やしてしまいますので、複数回に分けて申請する場合は、事前に勤務先の担当者にお願いしておくようにしましょう。

また、1回目の申請が出産後の場合は、出産日等が確認できた時は、医師または助産師の証明欄は省略することができますが、出産前の場合は証明欄に記入してもらわなければなりません、こちらも医師や助産師の仕事を増やしてしまいますので、事前にお願いしておくようにしましょう。

まとめると…

①「健康保険出産手当金支給申請書」を複数枚準備しておく
②事前に勤務先の担当者や産院に分けて申請することをお願いしておく
③記入漏れなどが無いように、申請書の記入欄を何度も確認する
④産院で医師または助産師の証明をもらえたら、すぐに勤務先の担当者へ送り、健康保険へ提出してもらう

また、勤務先の担当者、医師や助産師も人間ですので、こちらの都合ばかり押し付けるのではなく、日頃から良い付き合いをすることが大切です。

お互い良い関係を築けていると、きっと快く引き受けてくれるでしょう。

また、お手紙や手土産などをお礼の気持ちを込めて贈るのも喜ばれますよ♪

出産手当金をもらうための条件などについては「出産手当金をもらう条件&いくらもらえるの?派遣やパートも対象になる?」で詳しくご紹介していますのでこちらも併せてご覧ください!

なお、働くママは産休後、育児休暇を取ることができます。育児休業中には「育児休業給付金」をもらうことができます。

育児休業給付金については「育児休業給付金とは?いくらもらえるの?手続き方法などご紹介!」で詳しくご紹介していますので、こちらも併せてご覧ください!

また、妊娠や出産、育児中にもらえる助成金や補助金については、「妊娠&出産の費用ってどれぐらい?もらえる補助金ってあるの?」でこちらも併せてご確認ください!

助成金や補助金などの給付金は、申請しないともらえませんので、もらえる給付金を逃さないようにして下さいね^^

まとめ

いかがでしたか?

今回は、出産手当金の手続き方法は?申請はいつするの?支給日はいつ頃なの?についてご紹介しました。

出産手当金を受け取るためには、「私、出産手当金をもらいたいです!」手をあげて申請しなければもらえません

出産・育児は何かとお金がかかりますので、もらう権利があるママは積極的に制度を活用してくださいね。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ