三社祭2017年の日程は?攻略ポイントつきの楽しみ方もご紹介!

東京の初夏をつげる風物詩でとして毎年150万人以上もの来場者が訪れ、江戸三大祭りのひとつとして知られている「浅草三社祭」。

下町情緒あふれる浅草を威勢の良い掛け声を上げながら神輿を担いで練り歩く勇ましい江戸っ子たちや、大行列にびんざさら舞奉納などの様々な催しが行われ、多くの観光客が溢れかえり下町の祭りらしい活気がたまりません^^

三社祭

今回は、三社祭2017年の日程&攻略ポイントつきの楽しみ方もご紹介します!

スポンサードリンク

三社祭2017年の日程は?

三社祭とは?

三社祭は、毎年5月の第3金曜日~日曜日の3日間に渡って開催される浅草神社の例大祭のことです。

そもそも三社祭とは、浅草寺の本尊である観音様を浅草にお祀りした3人の神様を祭神とするお祭りです。

正式には「浅草神社例大祭」と呼ばれていて、3基の本社神輿と浅草氏市44カ町の町内御輿100基あまりの神輿が浅草の街中を練り歩きます

その姿はとても雄々しくて勇壮&大迫力に、会場が熱気に包まれまる江戸を代表するお祭りなんです!

そんな三社祭の今年の日程は下記の通りです。

●名称:浅草神社例大祭(通称:三社祭)

●日程:2017年5月19日(金)~21日(日)

●場所:浅草神社周辺

●住所:東京都台東区浅草2-3-1

●アクセス:
東京メトロ銀座線「浅草駅」下車、徒歩約7分
都営地下鉄浅草線「浅草駅」下車、徒歩約7分
東武線「浅草駅」下車、徒歩約7分
つくばエクスプレス「浅草駅」下車、徒歩約10分

●公式HP:http://www.asakusajinja.jp/sanjamatsuri/

三社祭の交通規制は?

三社祭開催期間中に、周辺道路が交通規制が行われますので車での来場はできるだけ避け、公共交通機関をつかっての来場をおすすめします。

5月21日(日)
09:30~19:00 雷門通り・並木通り
11:00~19:00 馬道通り・二天門前通り

三社祭 交通規制図

※交通規制図は過去のものを掲載しています。

三社祭のスケジュールは?

  • 5月18日(木)
    19:00~ 本社神輿神霊入れの儀
  • 5月19日(金)
    13:00~ 大行列
    14:00~ 大行列(浅草神社社殿前到着予定)
    14:20~ びんざさら舞奉納(浅草神社社殿)
    15:00~ びんざさら舞奉納(浅草神社神楽殿)
  • 5月20日(土)
    10:00~ 例大祭式典斎行(浅草神社社殿前)
    12:00~ 町内神輿連合渡御(浅草神社境内・浅草寺境内)
    16:00~ 奉納舞踊(浅草神社神楽殿)
    17:00~ 巫女舞奉奏(浅草神社神楽殿)
    時間未定 本社神輿庫出し清祓いの儀(浅草神社神輿庫)
    時間未定 本社神輿庫出し(浅草神社神輿庫)
    時間未定 本社神輿神幸祭(浅草神社境内)
    時間未定 本社神輿発進式(浅草神社境内)
  • 5月21日(日)
    14:00~ 巫女舞奉奏(浅草神社神楽殿)
    15:00~ 奉納舞踊(浅草神社神楽殿)
    21:00~ 本社神輿神霊返しの儀(浅草神社社殿・神輿庫)
    時間未定 本社神輿宮出し(浅草神社境内・浅草寺境内)
    時間未定 本社神輿各町渡御
    時間未定 本社神輿宮入り(浅草神社境内・浅草寺境内)

三社祭の攻略ポイントつきの楽しみ方もご紹介!

三社祭りの見どころは?

まずは、三社祭に行くならコレは見ないと損する見どころを紹介しますね!

何といっても、三社祭のメインイベントともいえる「神輿の渡御」は必見です。

御輿の渡御を見ずして三社祭は語れません!!

御輿の渡御は、2日目と3日目に行われます。2日目は、浅草氏市44カ町の町内御輿100基あまりの神輿が浅草本堂の裏広場に集結して、華やかに威勢よく町内を練り歩きます!

また、3日目は、3基の本社神輿が勇猛に会場を熱気で巻き込みながら宮出し・渡御・宮入りと浅草の街を練り歩きます。

渡御とは…神社祭礼などで、神様を神輿に乗せて巡幸(各地を見回る)ことを言います。

神輿が通るルートなどは、開催直前には発表されますので、お目当ての神輿を事前にチェックして早めに場所を確保しておくのがコツです^^

なお、当日は神輿の位置情報が配信されますので、コチラを参考にして神輿を追いかけるのもおすすめです。

>>>みこし位置情報はコチラ!

また、初日に行われる「大行列」「びんざさら舞奉納(無形文化財)」も見逃せない催しで、迫力のある神輿の渡御とは違い、五穀豊穣・商売繁盛・子孫繁栄を願って雅やかに行われます。

三社祭に初めて参加するのであれば、初日の「大行列&びんざさら舞奉納」、2日目・3日目に参加するのであれば、「神輿の渡御」は外せない催しです!

三社祭では、上記の見どころポイントを押さえて、屋台などで食べ歩きするだけでも楽しめますが、もう一歩踏み込んだ三社祭を楽しむ方法について下記にご紹介していきますね!!

スポンサードリンク

三社祭の楽しみ方は?

楽しみ方 その①
三社祭と言えば、上記でもご紹介しましたが「神輿の渡御」ですが、昼間に威勢よく練り歩く渡御もいいですが、初日の17:30から始まる宵宮では、町内神輿に飾られた提灯に明かりが灯り、神秘的な雰囲気を楽しむことができます。

「三社祭は昼の神輿の渡御」があまりにも有名なため、宵宮では比較的混雑が少ないので、ゆっくりと神輿を堪能できます!

スポンサードリンク

初日に「びんざさら舞奉納」を楽しんで、屋台などで食べ歩きを楽しんだ後、町内神輿を観賞するのも通な楽しみ方ですよ♪

楽しみ方 その②
「御輿の渡御」は男性ばかりの熱気あふれるものばかりではありません。

あまり知られていませんが、女性だけが担ぐことができる「女神輿」というものも実はあるんですよ^^

男らしい勇猛果敢な神輿とは違い、女性ならではの華やかさのある女神輿を見に行くのもおすすめです^^

楽しみ方 その③
三社祭は、毎年150万人以上(昨年は200万人以上)の方が訪れる超人気祭りですので、混雑は必至です!!

特に「雷門」周辺は、お神輿や人が行きかい、自由に動くことができないほどの混雑になります…

ですが、「この活気を楽しみたい!でも混雑は避けたい…」なんてわがままな方必見!

雷門の目の前にある観光施設「浅草文化観光センター」がねらい目なんです!

最上階と2階から三社祭を見下ろす形で見ることができ、比較的混雑が少ない穴場なんですv(^^)

雷門から仲見世通りを一望できるのはもちろん、右手にスカイツリーとロケーションも抜群です!

楽しみ方 その④
お祭りと言えば、何といっても「屋台飯」を楽しむのも醍醐味のひとつではないでしょうか!

浅草寺本堂の周りや西表道商店街&奥山おまいりまち(本堂向かって左側)に続く2本の通りには毎年様々な屋台が軒を連ねています。

定番屋台から一風変わった屋台飯までバラエティ豊富な屋台飯を楽しめます。

また、浅草周辺の飲食店の前でも簡易屋台が出されるますので、名店の味を楽しむのもいいかもしれませんね^^

楽しみ方 その⑤
上記でもご紹介しましたが、三社祭は3日間を通して毎年150万人以上(昨年は200万人以上)の方が訪れる超人気祭りですので、お祭り騒ぎのなかトラブルに巻き込まれてしまうことも…

そんなトラブルを事前に避けるための方法をご紹介しますね。

  • 動きやすい服装やスニーカーで
    デートで三社祭に来られる方も多いでしょうが、三社祭はとても混雑します…
    ですので、人ごみを避けたり、足を踏んだり踏まれたりすることもありますので、動きやすい服装で来られることをおすすめします。特に女性の方は、ヒールなどはケガの原因にもなりますので避けてくださいね。
  • 荷物は少なめに
    混雑しますので、大きい荷物は通行の邪魔になってしまったり、人ごみから抜けられなくなることもあります。
    また、スリや引ったくりなども起こりますので、荷物は少なめに自分でガードできる範囲にした方がいいですよ。

    斜め掛けのバッグがおすすめです。人ごみの中では、前で抱えることもでき、両手も使えるのでとても便利です。

  • 暗い場所や人気のないところは極力避けて
    お祭りですので、酔っ払いがいたり、テンションが高い人がいたりと色んな人がいます。毎年喧嘩もチラホラしているようですので、危険そうな場所は極力避けましょう!
  • 迷子カードを作っておく
    家族など子供を連れて三社祭に来られる方も多いのですが、その分迷子にもなりやすいものです。
    小さいお子様には、迷子カードを作って持たせておけば、いざというとき安心できますね。
    また、迷子になった時の待ち合わせ場所なども事前に決めておくなどもいいかもしれませんね。
  • トイレは事前に済ませておいて
    三社祭開催期間のトイレはとても混雑します。

    また、近隣のコンビニなどもトイレを貸してくれないところがほとんどですので、早め早めにトイレは済ませておきましょう!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、三社祭2017年の日程&攻略ポイントつきの楽しみ方もご紹介しました。

毎年多くの方が訪れる「浅草 三社祭」。

楽しみ方はそれぞれですが、今回ご紹介したことがお役に立てればうれしいです。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ