冷えが引き起こす体調不良とは?代表的な不調や症状をご紹介!

「冷えは万病のもと」ともいわれ、冷えることで体に様々な不調が出てきます。

この状態が続くと、色々な病気の原因になってしまう可能性を秘めています。

病院などでは、直接的な病気の原因に対し診察・治療を行ってくれますが、冷えが原因による病気は、根本的な解決になっていないためなかなか改善しない場合も出てきます。

冷えが引き起こす体調不良

今回は、冷えが原因で引き起こされる体の不調がどのようなものか、代表的な不調や症状についてご紹介します。

冷えによる不調を知ることで、病気の根本的な解決になる場合も多いため、もし当てあはまるなら、すぐに体を体を温め根本解決を目指しましょう!

スポンサードリンク

冷えが引き起こす体調不良とは?代表的な不調や症状をご紹介!

体が冷えると精神的にも肉体的にも様々な不調が出てきます。

体が冷えると不調になるのは、【血流が悪くなる】【老廃物が溜まる】【免疫力が低下する】ことで、細胞の働きが低下し、血行不良になり、体を守る自己防衛機能が弱まるために様々な不調を引き起こします。

冷えメカニズム

関連記事冷えるとなぜ体が不調になるの?冷えのメカニズムをわかりやすくご紹介!

下記に、冷えによる代表的な不調の症状についてご紹介していきますね。

◆イライラ・倦怠感・憂鬱感
なんだかイライラする、常に倦怠感がある、憂鬱な気分でやる気がでないなどの症状が出ることがあります。

これらは、自律神経のバランスが崩れているときに起こりやすい症状です。

自律神経は、自分の意志で動かすことのできない内臓などの働きを司ります。

自立神経のバランスが崩れることで、血行不良などが起こり、体に十分な栄養素や酵素が行き渡らないため、気分がすぐれない場合があります。

生活習慣(食事・睡眠・運動)の乱れやストレスによっても引き起こされますが、体の冷えとも密接に関係しています

◆冷え性
冷え性は、体を温める機能自体が低下している状態を言い、温めてもすぐに体が冷えたり、着込んでも温まらなかったりします。

体の冷えが進んだ状態で、手足や腰などが不快に感じるぐらい冷たく感じます。

この様に手足や腰に直接的に感じる症状のほか、頭痛・肩こり・腰痛・のぼせ・動悸・不眠など間接的な症状が出てきます。

◆血行不良
体が冷えることで、血管が収縮し血流が悪くなります。

血流が悪くなることで、体の末端にまで十分な栄養素や酵素が届けられにくくなるため、お肌のトラブルや老化、薄毛・白髪などの症状が出てきます。

また、血液を循環させようとするため高血圧になったり、老廃物を上手く排出できなくなって動脈硬化などの症状が出てくる場合があります。


スポンサードリンク

◆むくみ
むくみの原因は、血液やリンパ液など体液が正常に循環できずに、一定の場所に留まることで引き起こされます。

リンパ液が流れるリンパ管は血管同様、冷えることで収縮し流れが悪くなります。
しかし、リンパ管は血管のように心拍で押し流されるのではなく、筋肉の弛緩や収縮によって流れますので、冷え対策と同時に筋肉を動かしたり、マッサージするのも有効です。

◆頭痛
頭痛の原因は様々ですが、慢性的な頭痛の場合筋肉の緊張によって引き起こされていることがあります。

この場合、筋肉が緊張することで、血行不良を起こし、神経を刺激して頭痛が起こっています

首のこりや肩こりなどを併発している場合が多く、「こり」は冷えが原因であることが少なくありません。

また、冷えは、自律神経のバランスを崩す原因にもなり、自立神経のバランスが崩れることで、脳内の神経バランスも崩している場合も考えられます。

血行改善と共に、自律神経のバランスを整えるのも効果的です。

◆便秘・下痢など胃腸不良
お腹が冷えると、内臓機能が低下し腸のぜん動運動なども低下してしまいます。

また、血流が悪くなることで腸内が冷え腸内環境が乱れることも原因のひとつです。

特に便秘で悩む女性は多いものですが、お腹が張るだけでもツライうえに、お肌のトラブルも併発するので困ったものですね。

お腹を温めるのはもちろん、皮下脂肪や内臓脂肪など脂肪によって胃腸が冷やされている場合もありますので、食事や運動で体脂肪を落とし、冷えにくい体にするのも大切です。

◆肩こり
肩こりは、肩の筋肉の緊張によって引き起こされます。運動不足や同じ体勢をとり続けていることが原因で引き起こされますが、肩が冷やされることでも、肩の周り血管が収縮し筋肉を緊張させ「肩こり」が起こることもあります。

筋肉を温め、緊張をほぐし、肩や首を動かすことで血流を促すとラクになることも多いものです。

肩や首、肩甲骨などの運動を習慣化できれば血行の良い状態を保てますので肩こりも減ってきます。

◆ひざや腰の痛み
年齢を重ねてくると、ひざや腰が痛いなんてことが増えてきます。加齢のせいでもありますが、体の冷えによって引き起こされていることも少なくありません。

冷えると筋肉が緊張しますので、動かしずらくなります。さらに、筋肉で吸収するべき衝撃などを、緊張した筋肉が吸収しきれずにひざの関節や腰で直接受け止めていることも多いものです。

スポンサードリンク

また、緊張している筋肉を無理に動かそうとして痛める場合も…

下半身の筋肉を冷やさないことで、突発的な衝撃など体全体で受け止めたり、筋肉を鍛えることで血行を促進させ、スムーズに動けるようになります。

腰痛にはジャックナイフストレッチが有効です。太ももの後ろの筋肉を伸ばすことで、骨盤を動かしやすくし、腰への負担を軽減すると言われています。

◆高血圧
高血圧の原因は様々ですが、体が冷えて血管が収縮されることでも血圧は上がります

脱衣所やトイレなど急激に温度が下がった場所に行ったときに急激に体が冷やされ、血圧が大きく変動することで、失神、心筋梗塞や脳梗塞などヒートショックを起こすことが増えてきています。

特に血圧がもともと高い人は、急な血管収縮を防ぐことが特に重要になってきます。

◆動脈硬化
動脈硬化は、コレステロールや老廃物が血管内に溜まり、血管が狭くなったり、硬くもろくなった状態を言います。

動脈硬化は生活習慣病の中でも心筋梗塞や脳梗塞など重大な病気になる原因になります。

基本的には、食生活が大きな原因なのですが、体が冷えることで血行不良になり、血管が詰まりやすくなるため、動脈硬化のリスクも高くなると言われています。

◆肌トラブル(しみ・しわ・乾燥・老化)
お肌は、体の状態が一目で見て取れるわかりやすい場所です。お肌のトラブル(しみ・しわ・乾燥・老化)は、体の栄養素が足りていない証拠です。

お肌のトラブルが起こるのは、体が冷えて、十分に血液が届いていないため、代謝が落ち新しい細胞をつくるターンオーバー(新陳代謝)がうまく行われていないからです。

もちろん、紫外線や乾燥など外的な要因でお肌のトラブルが起こる場合もありますが、十分に栄養が行き届いているとターンオーバーが促進され新しいお肌がドンドン生まれてきます。

一般的に、細胞を新しくするターンオーバーのペースはおよそ100日(約3ヵ月)と言われています。

温活を行うのと同時に、「食事」「睡眠」「運動」などの生活習慣を整えることでお肌を若々しく戻せる可能性は秘めています。

◆薄毛・白髪
薄毛や白髪で悩まれるのは、もはや男性だけではありません。女性にとっても、とても悩みの深いものです。

薄毛や白髪の原因も様々ですが、体の冷えによる血行不良もその原因のひとつになります。

冷えることで、血流が悪くなり、髪の毛に必要な栄養素が十分に届いていないことで、抜け毛や薄毛、白髪の原因になっていることがあります。

薄毛や白髪は、毛根を作る頭皮の健康状態に左右されますので、体を温めたり、マッサージをするなど頭皮にまでしっかり血液(栄養素)を届けるようにしましょう!

◆睡眠
基本的に人間の体温は朝起きると共に上がっていき、寝るときには下がるようになっています。

寝るときは、体にたまった熱を下げ、その変動をきっかけに眠りに入っていきます

しかし、体が冷えていると体に溜まった熱が少ないため、眠るきっかけを体が作りにくく、質のよい睡眠をとることができずに、夜眠れない朝起きれないなど睡眠障害を引き起こしてしまいます。

シャワーなどで済ませる方もいらっしゃいますが、寝る前には、お風呂にゆっくり浸かって体を温めてから寝るのは質の良い睡眠をとるのにとても効果的です。

◆生理不順・生理痛
女性特有の悩みである生理に関するトラブルなど、子宮や卵巣に起こる病気の多くは、体の冷えにより骨盤内の血流が滞ることが原因ともいわれています。

生理中は、子宮を収縮させることで剥がれ落ちた子宮内膜を体外に押し出していますが、この時に強い収縮が起きることで痛みにつながります

また、体が冷えて血行が悪くなることで、収縮を促す物質が過剰に分泌され、痛みがひどくなる傾向があります。

◆眼精疲労
目の疲れは、目の周囲の筋肉が酷使され、疲労と血行不良によって引き起こされます。

筋肉が収縮することで血管まで収縮するので、血流が妨げられることで、目の疲れがひどい、肩こり、頭痛などの眼精疲労を引き起こします。

目を蒸しタオルやホットアイマスクなどで温めて気持ち良ければ冷えている証拠です。

上記のような不調を感じた場合は、自分の体の冷えがどの程度であるか知っておくことも大切です。

体の冷え度をチェックする場合は、「体の冷え度を自分でチェックするチェックリストはコチラ!」にてセルフチェックができますので、是非お試しください!

また、体の冷えを改善する方法も下記の通りご紹介していますので併せてご覧ください!

関連記事冷えの改善方法 体を簡単効果的に温める方法&場所やコツをご紹介!
関連記事首の冷え対策 効果的に温める方法は?風邪予防にも最適なポイントをご紹介!
関連記事手足の冷えを解消!?簡単な改善方法&おすすめの温活をご紹介!
関連記事お腹の冷え対策 手っ取り早く温める方法&場所は?冷えに効くツボもご紹介!
関連記事冷えを改善する入浴法は?効果的な入浴法や冷えに効く入浴剤もご紹介!
関連記事冷えを改善する食事とは?効果的に体を温める食材や飲み物などをご紹介!
関連記事冷え解消に効果があるツボ紹介!即効で体&手足が温まるツボはコレ!

まとめ

「たかが冷え」と思われがちな症状ですが「されど冷え」です。

体が冷えることで、様々な不調を起こす原因になっています。また、女性特有の悩みなども体が冷えることで引き起こされているかもしれません。

また、体を温めることはアンチエイジングにも繋がりますので、少しでも冷えを感じたら、体を温めて健康で若々しい体を作っていきましょう!!

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ