女性の顔の粉ふきの原因は?化粧ノリを良くする改善策&おすすめスキンケア方法は?

冬など空気が乾燥する季節になると口元や頬、目元など顔がカサカサになり粉が吹いたような肌になりやすいものです。

乾燥肌には肌がカサついているだけの比較的軽度なものから、ヒリヒリした痛みを感じたり、ひどい痒みを感じるような重度のものまで様々な症状があります。

特に、顔が粉ふき肌になると化粧のノリも悪くなり、メイクも崩れやすくなるだけでなく、見た目にも恥ずかしいものですよね…(T T)

粉ふき肌
今回は、女性の顔の粉ふきの原因や化粧ノリを良くする改善策&おすすめスキンケア方法などについてご紹介します。

スポンサードリンク

女性の顔の粉ふきの原因は?

比較的軽度の粉ふき肌(乾燥肌)の場合は、痛みやかゆみがない分自分では気づきにくく、鏡を見て「ハッ!」としてしまうことも意外と多いものです。

普通のお肌は、一番外側を皮脂膜が覆い、その内側にある角質層によって体内の水分の蒸発を防いでくれたり、細菌やウイルス、紫外線、刺激などから体をまもる役割をしてくれます。

しかし、皮脂膜はおよそ0.2㎜ととても薄く、掻いたり擦ったりするとすぐにダメージを受けてたり、乾燥によってダメージを受けてしまいます

皮脂膜がダメージを受けることで、角質層が通常よりはがれやすくなり、このはがれた角質層が白く粉を吹いたように見えるのです。

また、角質層がはがれることで、お肌を守る機能が低下するので、細菌やウイルス、紫外線、刺激などが体に侵入しやすくなり、様々なお肌のトラブルを引き起こす原因にもなってしまいます。

さらに、乾燥肌の状態が続いたり悪化すると、通常真皮内にとどまっている神経線維が表皮まで伸びてくるので、いつもなら何ともない刺激でもかゆみや痛みを感じてしまうようになります。

また、かゆいからといって掻きむしったりすることで、さらにお肌を傷つける悪循環になってしまい、ますます粉ふき顔が進行してしまうことにもなりかねません。

尚、乾燥だけでなく体調や環境、生活習慣が原因で粉ふき肌になりやすい人もいます。

では、冬になると粉ふき肌(乾燥肌)になりやすくなるのはなぜでしょう?

まずは、粉ふき肌になる原因についてご紹介していきますね。

乾燥と気温の低さ
冬場に粉ふき肌になりやすいのは、空気の乾燥と気温の低さが大きな原因のひとつです。

それは、気温が低くなると、汗がでなくなりますので、肌の表面は水分不足になりがちです。

また、気温が低くなると体内の血流も悪くなりますので、手や足など末端などは、肌に必要な栄養素が届きにくくなり、正常なターンオーバーができなくなり肌本来のバリア機能が低下してしまうため、肌が乾燥しやすくなります。

さらに、空気が乾燥することで、本来肌にとどまるべき水分が蒸発しますので、肌の水分がより不足します。

ですので、冬場だけに限らず、夏場でもクーラーの効いた乾燥した環境に長時間いる人は、肌荒れしやすくなることもあるんですよ!

肌にとって適した湿度は、60~65%程度と言われていますので、冬場のように湿度が低い環境では肌の乾燥が進みやすくなります。

お湯を使う
一般的に、肌を守る「皮脂膜」は35℃程度のお湯で剥がれ落ちていき、「セラミド」などの細胞間脂質は、42℃以上のお湯で簡単に溶け出すと言われています。

冬場は、お湯で顔を洗うことが多くなりますが、お湯を使うことで肌のバリア機能である「皮脂膜」や「セラミド」などの細胞間脂質は、普段以上に洗い流されてしまい、肌のバリア機能が低下してしまい、乾燥肌を促進させてしまいます。

顔の粉ふき改善 化粧ノリを良くする方法&正しいスキンケア方法は?

顔のお肌が乾燥していると、化粧ノリも悪くなりファンデーションなどもダマになりやすいので、いつも以上にメイク時間がかかってしまったり、人に会いたくなくなったり、気分も落ち込んでしまうものです(T T)

お肌が乾燥するのは、肌の表面の水分不足やバリア機能が低下しているからなんですが、どうすれば粉ふき肌(乾燥肌)を改善することができるのでしょうか?

乾燥した寒い冬場は、いつもより少しお肌のケアをすることで、粉ふき肌(乾燥肌)が改善することがありますので、下記に改善方法やスキンケア方法をご紹介します。

粉ふき肌の改善方法は?

優しく洗う
顔だけでなく、体を洗うときも同じですが石鹸をよく泡立てて、優しくなでるように洗いましょう。

また、石鹸などをつかわなくても余分な皮脂汚れは洗い流すことができますので、肌荒れがひどい場合やメイクをしない日などは、石鹸などを使わず洗い流すだけにした方がいいかもしれませんね。

弱酸性の石鹸をつかう
冬場など乾燥肌の季節は、赤ちゃんのお肌にも使える弱酸性の石鹸は刺激も少ないので、乾燥肌や敏感肌の方にはおすすめです。

ただし、赤ちゃん用石鹸にもアルカリ性の場合もありますので、しっかりラベルを確認してから購入しましょう!

尚、アルカリ性の石鹸が必ず悪いわけではありません。

アルカリ性石けんは余分な古い角質を溶かし落とす性質を持っているので肌のターンオーバーを促す長所がありますが、その反面、一時的に肌の保湿メカニズムのバランスを崩しやすかったり、肌に残りやすいと言う短所もあります。

冬場など肌荒れが気になる季節は、弱酸性の石鹸をつかうなど工夫をした方が良いかもしれませんね。

お風呂に入る
忙しくてゆっくりお風呂に入らず、シャワーだけで済ましている方も多いのではないでしょうか?

約40℃程度の湯船に10分程度浸かるだけ、血行が良くなります。

ただし、42℃以上の熱いお湯に浸かったり長風呂などは、お肌の潤いを保つセラミドが溶け出し乾燥肌を促進させますので注意が必要です。

エアコンを控えめにして、加湿器をつける
ただでさえ乾燥している冬場は、加湿器を上手く利用して部屋の湿度をコントロールしましょう!

湿度が上がれば、体感温度も上がりますのでエアコンの温度を控えめにしても温かく感じることができますよ♪

また、部屋に植物を置くことで自然に湿度調整をしてくれますのでおすすめです。
グリーンを目にすることで癒されますので、一石二鳥かも♪

バランスの良い食事を摂る
人間の体を作るのは食事です!栄養バランスのとれた食事をすることで体の細胞が活性化ししますので、お肌のバリア機能を正常に機能させてくれます。

健康な体作りが、肌荒れの対策には一番大切かもしれませんね!!

ストレッチやマッサージをする
気温が下がると体温も下がってしまいがちになり、お肌に必要な栄養素を運ぶ血流も悪くなります。

定期的に簡単なストレッチやマッサージをして、体を温めることで血行は改善されますので、手・足・耳などの末梢神経にも十分な栄養素や酸素を送ることができますので、ターンオーバーを促しお肌のバリア機能を正常に機能させてくれます。

十分な睡眠をとる
体が疲れていては、体の不調を遠ざけてくれる免疫機能が低下してしまいます。

免疫機能が低下することで、お肌のトラブルだけでなく、風邪や疲れなど様々不調から体を守ってくれます。


スポンサードリンク

年齢を重ねたり、不規則な生活や偏った食事、運動不足などで免疫機能が低下すると、お肌の老化も進み、正常なターンオーバーができなくなってしまいます

免疫機能は、お肌のトラブルを改善させるだけでなく、老化を遅らせたり、様々な病気などからも体から遠ざけてくれます。
関連記事免疫力とは?自力で免疫力を強化するならこの三本柱が最重要!

粉ふき肌の正しいスキンケア方法は?

粉ふき肌になっているときのスキンケアは、何といってもお肌に潤いを与えることです。

化粧などで隠したり、誤魔化したりするとお肌に負担をかけてしまい逆効果になることもあります。

私がおすすめする粉ふき肌のスキンケアの方法としては、洗顔後はたっぷりと化粧水つけ、お肌に水分を与えるです。

できれば、化粧水を染み込ませたコットンでパックするなどもおすすめですが、時間が取れない時は、化粧水の2度付け、3度付けでたっぷり与えてください。

私の個人的な意見ですが、化粧水はよりも量が大切だと思っています。高い化粧水を使うよりも、安価でもたくさん水分を与えることが大事です。
ただし、お肌に合うものを使ってくださいね。

お肌に水分をたっぷり与えた後は、その水分が蒸発しないように保湿クリームでしっかりと蓋をして下さい。

保湿クリームは、お肌に合う成分のものを選んでください。乾燥肌のときは、お肌にダメージを負っていますので、敏感肌用や天然成分のものを使うのをおすすめします。

私の経験ですが、はじめはコンビニなどでも手に入りやすい保湿クリームは可能な限りこまめに塗っていましたが、すぐに取れてしまう感覚があったり、効果を感じることができなかったので使用をやめました。

次は【尿素】入りの保湿クリームを使ったのですが、肌に合わずかゆみや沁みが多少出てきたので使用をやめました。

最終的に私が落ち着いたのは、【馬油】【ワセリン】です。

どちらも副作用?(かゆみや沁み)がでなかったのが使い続けている一番の理由です。

馬油は、「油脂なのでベタつくのでは?」とイメージを持っていたので、敬遠していたのですが、いざ使ってみると、人肌でスーッと溶けて、すぐにサラサラ(お肌に浸透)になります。

尚、少ない量でも広範囲をカバーしてくれるのでお気に入りです♪

また、天然成分ですので口に入っても問題ないので、安心して使うことができるのも良いです♪

ワセリンも天然成分ですので、副作用がなく赤ちゃんにも使えるところが気に入っています。

ワセリンは、お肌に潤いを与えるのではなく、お肌にある潤いを逃さないために使います。

ただし、多少ベタつきがありますので、お風呂上りや就寝前に化粧水でお肌にたっぷり潤いを与えてから塗るのがおすすめです。

私の使い方としては、日中はあまりベタつきたくないのでに馬油を塗って、帰宅してからワセリンでお肌の潤いを閉じ込めるような使い方をしています^^

>>>【楽天市場】その他の馬油をお探しの方はコチラもご覧ください!

>>>【楽天市場】その他のワセリンをお探しの方はコチラもご覧ください!

保湿クリームは、用途や成分などで効果の違いがあったり、個人差によってはお肌に合わない場合もありますので、ご自身のお肌に合うものを使うようにして下さいね!

まとめ

今回は、女性の顔の粉ふきの原因や化粧ノリを良くする改善策&正しいスキンケア方法などについてご紹介しました。

対策方法や改善方法は調べればたくさんありますが、今回は乾燥肌で毎年悩んでいた私が行っている方法などを中心にご紹介しました。

ご紹介した方法で、改善される方が少しでも増えて、冬場でも笑顔でお出かけできる方が増えれば嬉しいです。

スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ