神宮外苑花火大会2017年の日程は?穴場&おすすめ場所取りスポットをご紹介!

毎年都心で開催されド迫力の規模で感動の一夜を演出する「神宮外苑花火大会」。
「神宮球場」と「軟式球場」では、花火打ち上げ前に有名アーティストによるライブが行われます。

また、周辺には東京タワーや六本木ヒルズなど高いランドマークが多いので、高層階から花火鑑賞できるのも神宮外苑花火大会の醍醐味の一つといえます。

神宮花火2016

今回は、神宮外苑花火大会2017年の日程や穴場&おすすめ場所取りスポットをご紹介します。

また、神宮外苑花火大会の有料席情報などは、「神宮外苑花火大会の有料席情報&おすすめスポットをご紹介!」にてご紹介していますので併せてご覧ください!

スポンサードリンク

神宮外苑花火大会2017年の日程は?

毎年100万人以上の観覧者が訪れる神宮外苑花火大会の日程の詳細は下記のとおりです。

2017神宮外苑花火大会の日程の詳細は?

●日程:2017年8月20日(日)
※荒天の場合は、8/21(月)に延期

●時間:19:30~20:30

●開催場所:明治神宮外苑(神宮球場・神宮軟式球場・秩父宮ラグビー場ほか)

●打ち上げ数:12,000発

●アクセス:
■JR「千駄ヶ谷」駅、「信濃町」駅、「代々木」駅
■東京メトロ「外苑前」駅、「青山一丁目」駅
■都営大江戸線「国立競技場」駅

●駐車場:無し

●お問い合わせ先:03-3547-0920(日刊スポーツ新聞社 広告事業局広告事業部(平日10:00~18:00))

●公式HP:http://www.jinguhanabi.com/

神宮外苑花火大会の混雑攻略のアクセス方法は?

神宮外苑花火大会では、4つの会場が用意されます。目指す会場によって最寄り駅が変わりますので、各会場ごとのアクセス方法についてご紹介していきますね。

神宮球場
最寄り駅:JR総武線「信濃町駅」および、東京メトロ「外苑前駅」

神宮球場は、言わずと知れたメイン会場として花火大会打ち上げ前は、豪華有名アーティストによるライブパフォーマンスも楽しめます。

また、間近で花火が上がるため大迫力の花火に酔いしれます。

参加アーティスト:大黒摩季、miwa、Beverlyなど

秩父宮ラグビー場
最寄り駅:東京メトロ「青山一丁目駅」「外苑前駅」

駅から最も近くて便利な会場です!秩父宮ラグビー場では、ライブが行われないので、ライブ映像を見ながらのんびりと花火が打ち上がるのを待ちます。

神宮球場に勝るとも劣らない大迫力の花火を見ることができます。

神宮軟式球場
最寄り駅:JR総武線「信濃町駅」および、東京メトロ「青山一丁目駅」

神宮軟式球場は、他の会場の中でもひときわお祭り要素の強い強い会場です!

全席自由席で、ライブ開催中から自分スタイルでイベントをめいっぱい満喫でき、圧巻の花火を間近で楽しむことができます!

参加アーティスト:岡崎体育、ゴールデンボンバー、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEなど

東京体育館敷地内
最寄り駅:JR総武線「千駄ヶ谷駅」および、都営地下鉄大江戸線「国立競技場駅」

全席指定席でゆっくりと花火に浸りたい方におすすめの会場です。

神宮外苑花火大会の花火が一番キレイに見えるともいわれる会場で、感動の一夜を過ごせます。

会場付近の最寄り駅は、ライブや花火大会が近づくにつれて大混雑しますので、混雑を回避する攻略法は、早めに現地入りすることです。

また、多少歩いても離れた駅から歩いて会場に向かうのも混雑回避にはおすすめです。

特に、花火大会終了後は、一斉に駅に向かう方が多いので混雑は必至です。最寄り駅は、身動きが取れないほどの混雑になりますので、すぐに駅に向かう人波に乗らずに、その場や周辺の飲食店などで時間を潰してから、人の波が落ち着いた頃合いを見計らって動き出すのが賢明です。

スポンサードリンク

また、帰りも最寄り駅を目指すのではなく、多少歩いてでも少し離れた駅を目指す方がスムーズに帰れる場合があります。


スポンサードリンク

神宮外苑花火大会の穴場&おすすめ場所取りスポットをご紹介!

神宮球場花火大会は、上記で紹介した4つ会場以外でも打ち上がる花火を楽しむことができます。

花火の迫力は、4会場よりも劣ってしまいますが、キレイに打ち上げる花火を楽しむこともできるスポットもありますので、下記にご紹介していきますね。

東京タワー

東京タワーの展望台は、打上会場からは少し離れるため、花火の迫力を味わうことができませんが、都内の夜景と花火の競演を一望できるポイントです。

混雑必至の人気スポットですので、早めに到着してよい場所を確保しておきたいですね。

恵比寿ガーデンプレイス

屋内で涼しく快適に花火を一望できる恵比寿ガーデンプレイスの展望スペース。花火大会終了後は、レストランフロアで食事をすることもでき、大人な時間を過ごすのもいいかもしれませんね。

六本木ヒルズ展望台

東京タワーの展望台は、打上会場からは少し離れるため、花火の迫力を味わうことができませんが、都内の夜景と花火の競演を一望できるポイントです。

神宮外苑花火大会のときは誰でも入ることができるので、早めに並んで海抜270mの景色から花火を一望しましょう!

明治公園

会場からすぐ近くにあるのでほぼ真上に花火を見ることができる人気スポット。

混雑は予想されますが、周辺に屋台なども多く出店しているのでお祭り気分を味わえます。

明治記念館ビアガーデン

明治記念館にある「庭園のビアテラス鶺鴒(せきれい)」は、冷たいビールを飲みながら、ゆっくりと花火を見ることができおすすめスポットです。

花火を見ながら贅沢な時間を過ごせます。

プレミアムシートのみ事前予約できますので、是非お問合せしてみてください。
※別途チャージ料が必要です。

◆お問合せ:03-3746-7723(庭園のビアテラス鶺鴒)

鳩森八幡神社交差点周辺

会場から少し離れているので、花火の迫力には欠けますが、混雑が少なくゆったりと打ち上げ花火を見ることができる穴場的スポットです。

近くにお店やコンビニなども充実しているので、トイレの心配も少なく安心です。

神宮外苑花火大会の有料席情報などは、「神宮外苑花火大会の有料席情報&おすすめスポットをご紹介!」にてご紹介していますので併せてご覧ください!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、神宮外苑花火大会2017年の日程や穴場&おすすめ場所取りスポットについてご紹介しました。

東京を代表する神宮外苑花火大会は、神々しい光の華が神宮上空に咲き乱れ、観覧者を魅了する花火は必見ですよ♪

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ