新潟まつり花火大会2017の日程は?穴場&おすすめ場所取りスポットをご紹介!

新潟県の夏の一大イベント「新潟まつり」では、2夜連続で趣向を凝らした花火を打ち上げます。

まちなか音楽花火やナイアガラ大瀑布、大型ワイドスターマイン「エボリューション(進化)」など超ド級の花火が夜空を明るく彩ります。

夜空が眩しい程に輝くそのスターマインは、今までに見たことがない圧巻の花火を堪能できます。

新潟花火大会2016

今回は、新潟まつり花火大会2017年の日程&穴場やおすすめ場所取りスポットについてご紹介します。

スポンサードリンク

新潟まつり花火大会2017年の日程は?

全国でも珍しい2夜連続で行われる「新潟まつり花火大会」の日程の詳細は下記の通りです!

新潟まつり花火大会の日程

●日程:
2017年8月5日(土) まちなか音楽花火
2017年8月6日(日) 花火大会

※荒天時は8/6(日)の花火のみ8/7(月)に延期

●時間:
8/5(土) 19:45~20:30
8/6(日) 19:15~20:30

●打ち上げ場所:
8/5(土) 萬代橋~八千代橋間川中
8/6(日) 昭和大橋西詰上流(新潟市中央区信濃川河畔)

●アクセス:
【電車】JR新潟駅またはJR越後線「白山駅」より徒歩で15分
【車】北陸自動車道「新潟西IC」または磐越自動車道「新潟中央IC」より車で15分

●駐車場:なし

●お問い合わせ先:025-226-2608 新潟市観光政策課

●公式HP:http://niigata-matsuri.com/

萬代橋~八千代橋間川中
昭和大橋西詰上流

新潟の夏の一大イベントでもある「新潟まつり」は、毎年、多くの来場者が訪れ迫力ある花火を楽しんでいます。

新潟祭りの期間中の2日間に打ち上げられる花火は、まちなか音楽花火やナイアガラ大瀑布、圧巻の大型ワイドスターマイン「エボリューション(進化)」など様々なプログラムが並び、観客たちを喜ばせてくれます。

信濃川の川岸で打ち上がる花火は、新潟の澄んだ空気のなか、夜空にくっきりと浮かぶ花火の大輪に思わずため息がこぼれてしまう美しさ

優雅さと迫力と見栄えのする花火を味わうなら外せない花火大会ですよ。

新潟まつり花火大会の交通規制情報!

新潟まつり花火大会では、会場周辺一帯は下記の通り交通規制が行われます。

◆時間:
8/5(土) 19:15~21:00
8/6(日) 18:15~21:00

新潟まつり花火大会 交通規制図

新潟まつり花火大会に駐車場はあるの?

新潟まつり花火大会では、臨時駐車場および専用駐車場の設置は行われませんので、周辺にあるコインパーキングや有料駐車場を利用するしかありません

新潟駅周辺にはたくさんの駐車場がありますが、新潟まつり花火大会は、花火大会だけでなく、日中から様々なイベントが行われ会場一帯は交通規制&混雑しますので、交通規制を避けて停めなければなりません。

ですので、基本的には公共交通機関を利用しての来場がおすすめです。

もし、「どうしても車で!」という場合は、数駅離れた駅の駐車場に車を停めて電車で移動するパーク&ライドでの来場がおすすめです。

スポンサードリンク

新潟まつり花火大会の穴場&おすすめ場所取りスポットは?

新潟まつりの花火は信濃川川岸で打ち上げられ、周辺に大きな建物も少ないため、比較的広範囲にわたって見れる場所が点在します

川岸のなかでも打ち上げ場所周辺の川岸は人気の高い観覧スポットでもあります。

尚、萬代橋~千歳大橋間のやすらぎ堤内は、花火大会当日午前0時から解放されますので要チェックですよ!

打ち上げ場所の対岸の川岸

川岸に出れば比較的広範囲で花火が鑑賞できるのが新潟祭りの花火の嬉しいところ。打ち上げ場所の対岸の川岸なども観覧にはおすすめのスポットです。

対岸だけあって比較的遅めの場所取りでも大丈夫な場合がほとんどです。

スポンサードリンク

ド迫力の花火を堪能できるので、早めに現地入りしてベストな場所を確保しましょう。

昭和大橋

打ち上げ場所も近く絶好のビュースポットです。花火撮影する人も多いスポットですので絶景の花火を楽しめますよ。

やすらぎ堤緑地右岸側

打ち上げ場所の目の前ということで超ド級の迫力ある花火を見たい人におすすめのスポットです。

人気も高いので、早めの現地入りで場所を確保しましょう。

白山公園

場所によっては見えにくい場所もありますが、ポイントによってはしっかり花火が見れるうえに、ゆったり落ち着いて見れるのも嬉しいスポットです。

西海岸公園

打ち上げ会場から離れるぶん、迫力ある花火は無理ですが、混雑を避けてのんびりと花火を楽しみたい人にはおすすめの鑑賞エリアです。

また、「間近で大迫力の花火を楽しみたいけど、場所取りができない…」などという方もたくさんいます。

新潟まつり花火大会では、有料席が設置されますので、有料席の確保をおすすめします。

新潟まつり花火大会の有料席情報!

◆料金:
●マス席A(8人) 24,800円
※1マス(8人) 2.7m×3.6m シート付き
●マス席B(4人) 12,400円
※1マス(4人) 2.7m×1.8m シート付き
●イス・テーブル席(6人) 24,600円
※1テーブル(6人) テーブル(1800mm×600mm)1台+パイプイス6脚
●ペア席(2人) 5,700円
※1マス(2人) 1.8m×1.8m 緩斜面、シートなし
●ブロック席 2,600円
※1人用 緩斜面、シートなし
※20人用の枠の中でお好きな場所に1人分スペース

◆申込期間:2017年7月9日(日)~20日(木)まで【2次募集】
※売り切れ次第終了

◆申込方法:新潟市役所コールセンターへ電話をする

◆お問合せ:025-243-4894(※コールセンターは年中無休8:00~21:00受付)
※電話で希望する席の区分、席数、郵便番号、住所、氏名、電話番号を伝えます。
※応募多数の場合は抽選となります。
※同一住所によるお申込みは1回のみ。重複申込みは無効です。
※入金を確認次第、チケットを送付します。

◆場所:
新潟まつり花火大会 有料席案内図

まとめ

いかがでしたか?

今回は、新潟まつり花火大会2017年の日程&穴場やおすすめ場所取りスポットなどについてご紹介しました。

新潟まつりの花火は、川岸の土手沿いも長く観覧場所も多めです。

どうせなら迫力ある花火を間近で見れるよう、早めの確保を目指してくださいね。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ