こうのす花火大会2017年の日程は?駐車場&おすすめスポットをご紹介!

今年で16回を迎える「こうのす花火大会」はわずか16年で60万人を超える来場者数を集める超人気の花火大会です。

第1回は3000発の打ち上げ数が年々増え続け今では約15,000発もの花火を打ち上げる花火大会に成長しています。

こうのす花火大会が急速に成長したわけは、企画、運営、資金集めから設置、清掃に至るまでのすべてを、鴻巣市商工会青年部が中心となって行い、熱い想いと行動が花火大会を盛り上げ続け、過去に世界最大となる正四尺玉(直径105cm、重さ464kg)の打ち上げに成功し、世界一としてギネスに認定されました。

ラストを飾る「鳳凰乱舞(おおとりらんぶ)」は1分当りの尺玉以上の花火打ち上げ数で日本一に認定されています。

他の花火大会では味わいことのできないスケールの大きい花火大会ですので人気が上がるのもうなずけます。

こうのす花火大会2015

今回は、こうのす花火大会の2017年の日程や、駐車場&おすすめスポット情報について紹介します。

>>>【関連記事】女子必見!花火大会での持ち物リストは&浴衣のときに持っていきたいものは?

スポンサードリンク

鴻巣花火大会2017年の日程は?

●名称:燃えよ!商工会青年部!! 第16回こうのす花火大会

●日程:2016年10月7日(土)
※雨天の場合は、10月8日(日)に順延

●時間:18:00~(開会予定)

●打上数:約15,000発超(予定)
※日本一のラストスターマイン 鳳凰乱舞(おおとりらんぶ)、正四尺玉、正三尺玉、尺玉、三百連発など

●来場者数:60万人

●入場料:無料 (一部有料観覧席あり)

●お問合せ:048-543-1634(鴻巣市商工会青年部 )

●公式HP:http://kounosuhanabi.com/

●その他:こうのす花火大会実行委員会ツイッター

●趣旨・概要:
鴻巣市商工会青年部が、地域の振興発展と子供達に夢や希望を与えたいと願い主催する花火大会。行政主導ではなく、企画・運営・協賛金集め・設置から清掃に至るまで、その全てを青年部員がこなすという全国でも類を見ない、100%手作りの花火大会。

鴻巣花火大会の会場はドコ?

●会場:埼玉県鴻巣市糠田運動場及び、荒川河川敷(埼玉県鴻巣市糠田1073-1)

鴻巣花火大会へのアクセスは?

電車の場合
◆JR高崎線「鴻巣駅」西口下車、徒歩約20分

◆JR「鴻巣駅」から市内循環バスで約6分 、田間宮小学校入口下車徒歩5分

車の場合
◆関越道「東松山IC」より車で約39分

◆首都高「与野IC」より車で約54分

◆東北道「加須IC」または「羽生IC」から車で約55分
※当日は会場周辺で交通規制あり(16:30~予定)
※ご協賛者 専用駐車場有

>>>【関連記事】女子必見!花火大会での持ち物リストは&浴衣のときに持っていきたいものは?

鴻巣花火大会の駐車場は?

第16回こうのす花火大会の駐車場ですが、花火大会の臨時駐車場としては、吉見総合運動公園のみ用意されています。

ただし、帰りはもちろん非常に渋滞&交通規制でなかなか身動きが取れませんので、駐車場から出るのにそれなりの時間が掛かりますので覚悟しておいてくださいね。

吉見総合運動公園(こうのす花火大会オフィシャル駐車場)
●住所:埼玉県比企郡吉見町今泉141
●料金:2,000円/1日
●収容台数:2,000台
●開場時間:午前10時

>>>吉見総合運動公園の案内図はコチラ

こうのす花火大会は、来場者数約60万人に対して、駐車台数はオフィシャル駐車場は2000台しか停めることができません。

満車になった場合は、周辺のコインパーキングや有料駐車場などに停めるしかありませんので、下記にいくつか駐車場をご紹介しておきますね。

鴻巣花火大会のその他の有料駐車場情報!

鴻巣駅周辺

北本駅周辺

鴻巣花火大会での渋滞を回避する方法は?

会場付近は非常に混雑するため、最寄りの駅「JR高崎線 鴻巣駅」から2~3駅程度離れた駅に駐車して、電車で「鴻巣駅」に向かうパーク&ライド方法です。

スポンサードリンク

もちろん、鴻巣駅も大変混雑しますが、駐車場の確保や、帰りの渋滞回避を考えると、パーク&ライドでの移動がスムーズに移動できる場合があります。

>>>【関連記事】女子必見!花火大会での持ち物リストは&浴衣のときに持っていきたいものは?

鴻巣花火大会のおすすめ観覧スポットは?

どこの花火大会でも言えることですが、花火大会を楽しむためには、やはり有料席が一番いい観覧スポットになります。

花火を真上に見上げる迫力と、花火の振動で臨場感と興奮がすごいことです。

特に、こうのす花火大会など来場者の多い人気の花火大会では、会場周辺は人ごみで混雑していますので、良い場所を確保するには、早くから場所取りするなど相当な労力が必要になってきます。

ですが、有料席を確保していれば、花火大会に間に合うように会場に到着すれば、大迫力の花火を間近で、ゆっくりと見ることができるのでおすすめです!!

こうのす花火大会の有料席情報は下記の通りです。

スポンサードリンク

こうのす花火大会の有料席情報!

糠田メイン会場
  • 升席(ブルーシート)
    ●料金:15,000円
    ●人数:4名まで
    ※ブルーシートの大きさは、1.8m×1.8mになります。
    ※イスの持込は不可です。
  • ペアシート席(イス席)
    ●料金:9,000円
    ●人数:2名まで
  • シングルシート
    ●料金:5,000円
    ●人数:1名まで

こうのす花火大会 有料席

糠田メイン会場第2会場
  • イス席
    ●料金:3,000円
    ●人数:1名まで
    ※イス席は備付けの椅子のご使用のみとなります。
    ※車いすをご利用の場合のみ備付けの椅子は撤去いたします。

こうのす花火大会 有料席2

こうのす花火大会の有料席の購入方法は?

チケットぴあ(糠田メイン会場)
●Pコード:635-984

【電話で購入の場合】
■電話番号:0570-02-9999
※プレミアム会員は、0570-02-9944へ

【インターネットで購入する場合】
コチラをクリック!

【店頭で購入の場合】
■チケットぴあの各店
■サークルKサンクスの各店
■セブンイレブンの各店

イープラス(糠田メイン会場第2会場)
【インターネットで購入の場合】
コチラをクリック!
※お支払いは、クレジットカードまたは、コンビニ/ATM、ネットバンキングのいずれかになります。

【店舗で購入の場合】
■ファミリーマートの各店

こうのす花火大会の穴場&おすすめ観覧スポットは?

こうのす花火大会のおすすめ観覧スポットは、上記でご紹介した有料席ですが、有料席が売り切れてしまったり、無料観覧スポットで見たいという方もいますので、穴場&おすすめ観覧スポットについてご紹介していきますね。

吉見総合運動公園
こうのす花火大会の公式駐車場で、打ち上げ会場からは離れていますが、当日はイベントも行われるので子供連れの人にはオススメです。

田間宮小学校付近
会場からも比較的近く、花火も良く見えます。元々は地元の人が集まる花火がよく見える観覧スポットでしたが、混み合うようになっていますので、場所取りは早めに済ませましょう。

鴻巣西中学校付近
中学校前の土手は立入禁止区域ですが、花火が綺麗に見ることの出来る穴場スポットです。

糠田橋付近
立入禁止区域直前の穴場です。地元の人しか使わないスポットで比較的混雑が少ないです。

道の駅いちごの里よしみ
道の駅ですので、駐車場もトイレも完備されているスポットです。子供連れの人にはオススメのスポットです。

御成橋付近
会場から少し離れていますが花火の迫力は感じることの出来るスポットです。花火も良く見え、混雑も比較的避けることが出来ます。

ベルク鴻巣宮前店 屋上駐車場
地元のスーパーの屋上です。会場からは離れていますが、屋上からなのでよく見ることが出来ます。

鴻巣花火大会での防寒対策について

こうのす花火大会は10月に開催される花火大会ですので、夜間は肌寒くなったり、ならなかったりします。

せっかくの花火大会もガタガタ震えながらですと楽しさも半減ですよね…

ですから、手荷物は増えてしまいますが、防寒着は必ず持参しましょう!!

あと便利なのが「虫除けスプレー」です。10月はまだまだ虫も出る時期ですので、あると非常に便利です。

その他の便利グッズ

  • ウェットティッシュ
  • 座る時用のクッション(100均に売っているもので十分です。)
  • ゴミ袋(ゴミをまとめるので便利。)
  • 懐中電灯(足元が暗い場所では重宝します。)
  • ホッカイロ
  • カッパ(100均に売っているもので十分です。)
  • など、、、

    これら、必要に応じて持参すると便利であったり、重宝したりします。

>>>【関連記事】女子必見!花火大会での持ち物リストは&浴衣のときに持っていきたいものは?

まとめ

いかがでしたか?

今回は、こうのす花火大会の2017年の日程や、駐車場&おすすめスポット情報について紹介しました。

昨年60万人以上の来場者を集めた「こうのす花火大会」非常時混雑しますが、日本一の「鳳凰乱舞」と世界一の「正四尺玉」を見るだけでも十分に価値があります。

非常に多くの人が来るため、一人一人がマナーを守り、地元の人に迷惑を掛けたり、ゴミを捨てて帰るなど自分勝手なことはせずに、みんなが楽しめるように心掛けましょう。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ