京都の紅葉のおすすめスポット!ライトアップなら?見ごろは?

京都の紅葉

秋も深まってきたら、紅葉のシーズンになります。

特に京都の紅葉は世界的にも有名で、紅葉の時期には日本各地からはもちろん、世界各国からも観光客が訪れるほどです。

京都にはたくさんの紅葉スポットがあり、どこを見ればよいか非常に迷ってしまいます。

今回は、京都の紅葉のおすすめスポットとライトアップで楽しむ紅葉や見ごろなど紹介します。

スポンサードリンク

京都の紅葉おすすめスポットとは?

沢山の紅葉スポットがある京都ですが、今回は【哲学の道】の散策を紹介します。

まずは、「天授庵」から始まり、京都五山最高位の「南禅寺」「永観堂」「真如堂」「安楽寺」「法然院」そして世界遺産の「銀閣寺」へと続く約2.6㎞程(徒歩、1時間弱)のコースです。

天授庵

南禅寺の塔頭寺院である天授庵。有名な南禅寺・三門のすぐそばにある。ここには主だった庭園が二つあり、菱形の敷石を幾何学的に並べた枯山水庭園・【方丈前庭】の横に広がった紅葉が絶品。
紅葉が池の周りを取り囲む池泉回遊式庭園・【書院南庭】も見どころの一つです。

拝観
9:00~17:00(冬期は 16:30)
大人400円

紅葉時期にはライトアップあり
17:30~21:00
大人500円

南禅寺

正式には「太平興国南禅禅寺」といいます。
広い境内の中で色づく紅葉は変化に富んでいて、見る人を飽きささず時間を忘れてしまうほど。

拝観
三門の拝観は一般500円
8:40~17:00 (12~2月は16:30まで)
三門周辺は拝観自由

永観堂

正式には「浄土宗西山禅林寺 永観堂」といい、禅林派の総本山です。

今でも「もみじの永観堂」と言われるほど、昔から紅葉の名所として名高く、藤原関雄が古今和歌集で和歌を詠むほどの京都の紅葉目の名所中の名所です。

境内には約3000本の楓が植えられており、特に「放生池」周辺は必見です。

拝観
9:00~17:00(受付は16:00で終了)
一般 1000円

秋の特別拝観
ライトアップ紅葉 17:30~21:00
一般 600円
寺宝展がセットになっている期間中は 
一般 1000円

スポンサードリンク

真如堂

正式には「天台宗真正極楽寺 真如堂」といいます

真如堂は、奥に見える三重塔は、石畳の参道の両側にある楓は林のようで、楓の中に寺があるような幻想的な風景です。

本堂の前から西に降りる石畳は、紅葉のトンネルになる。

赤や黄色に紅葉する桜や楓・もみじなどが、常緑樹の緑と重なり合う光景は圧巻です。

拝観
境内無料
堂内 9:00~16:00
堂内拝観 500円

安楽寺

通常は非公開の「安楽寺」ですが、紅葉の見頃の時季に本堂や書院、庭園が公開され、門前にある楓が並び、緩やかな石段に散った楓が美しく風情を増します。

拝観
春、初夏、秋の週末にだけ一般に公開され拝観が可能となる
11月はすべての土日と祝日 12月上旬の土日に一般公開
9:00~16:30
大人500円 中学生以下無料

法然院

茅葺き(かやぶき)の門が情緒が感じさせるお寺です。
紅葉の色はやや浅いが、逆に深い情趣をかもし出しています。

拝観
開門 6:00  閉門 16:00  
境内拝観自由

銀閣寺

正式には、東山慈照寺といいます。

言わずと知れた超有名寺院の銀閣寺。室町幕府八代将軍である足利義政により創建されている。

紅葉の時期には、国宝である観音堂(通称:銀閣)の周辺は艶やかな紅葉に包まれ、多くの観光客を魅了しています。また銀閣周辺の紅葉と向月台、銀沙灘が重なる景観も見所ひとつです。

庭園の上段である高台から紅葉に包まれた銀閣寺境内全体を見下ろすこともでき、境内の向こうまで見渡せる景観は爽快です。

拝観
夏季 3月1日~11月30日  8:30~17:00
冬季 12月1日~2月末日  9:00~16:30
拝観料 大人 500円  小中学生 300円

京都の紅葉をライトアップで見れる場所は?

上で紹介したおすすめスポットの中には、夜の紅葉が楽しめる寺もあります。

「天授庵」「永観堂」はライトアップもされており、昼にみる紅葉とはまた違う顔を見せてくれ、とても幻想的で、日常を忘れさせてくれる風景に魅了されます。

京都の紅葉の見ごろ

「哲学の道」周辺の紅葉の見ごろは、

11月中旬~12月上旬です。

特にちょうど良い時は11月下旬頃になります。

天候や気候にも若干影響するので直前に確認するのが良いでしょう

まとめ

今回は、哲学の道を散策しながら紅葉を楽しむコースを紹介しましたが、京都にはまだまだ多くの紅葉スポットがあります。

嵐山からのコースや、東福寺、龍安寺や嵯峨野などなど。

今回は初心者~中級者におすすめのスポットですので、初めて京都の紅葉を見に行く人は参考にしてみてください

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ