花粉症と風邪の症状の違いは?薬はどっちを飲めばいいの?

花粉症と風邪の違い

「鼻水」や「鼻づまり」が治まらない…もしかして、「風邪」ではなく「花粉症」かも?

季節の変わり目でもある時期では、「花粉症」と「風邪」の症状は、似ている部分が多いので間違われるかたが多く、対策が遅れて「花粉症」の症状が進んでしまうこともあります。

今回は、花粉症と風邪の症状の違いや、風邪薬でも「花粉症」の症状を抑えることが出来るのかについてご紹介します。

スポンサードリンク

花粉症と風邪の違いは?

季節の変わり目になると良く風邪などを引く方が多いものです。冬から春にかけての季節の変わり目の時期は「花粉症」の症状も出始めるため、花粉症なのか「風邪」なのか判断がつきにくい時期でもあります。

「花粉症」と「風邪」の症状は良く似ているので、花粉症の経験者でなければ判断がつきにくく、対策が遅れてしまうこともあります。

「花粉症」の場合、対策が遅れてしまうと、花粉が飛んでる期間(長期間)症状が出るため、苦しい思いをする方も多くいらっしゃいます

花粉症の主な症状として、「鼻水」「鼻づまり」がありますが、他にも喉の違和感や人によっては、微熱などを伴う場合もあり、その症状が風邪とよく似ているため見分けがつきにくい減ともなっています。

そもそも、「花粉症」と「風邪」は根本的な原因が違うため、対策を間違えると症状が長引いたり、治りが遅くなったりしてしまいます。

ですので、風邪かと思い、風邪の対策をおこなっているけれども、症状改善が見られない場合には、花粉症を引きを越している可能性も考える必要があるため、症状を見極め、素早く対応したいものです。

花粉症と風邪の原因の違いは?

  • 「花粉症」…スギやヒノキ、カモガヤなどの花粉によるアレルギーが原因
  • 「風邪」…ウイルスによる感染が原因

です。

まずは、あなたの症状が「花粉症」なのか「風邪」なのかを知ることから始めるのが大切です。

花粉症と風邪の症状の違いは?

「花粉症」は「風邪」の初期症状と良く似ているため、花粉症なのか風邪なのかの判断がつきにくいものです。
でも、あなたの体に起こっている症状を確認すれば、「花粉症」と「風邪」の違いをなんとなく見分けることも出来るものです。

スポンサードリンク

花粉症の症状は?

  • 目のかゆみ…ある
  • 鼻水…無色のサラサラした鼻水
  • 鼻づまり…ある(両方詰まることが多い)
  • くしゃみ…良く出る(止まらない)
  • 咳の痛み…少し痛みがでることがある(かゆみがある)
  • 頭痛…あまりない
  • 発熱…平熱~微熱
  • のどの痛み…ほとんどない
  • 悪寒…ほとんどない
  • 嘔吐…ほとんどない
  • 下痢…ほとんどない
  • 期間…長引く(花粉が飛んでいる期間)
  • 天候…晴天・風の強い日に症状が悪化する

風邪の症状は?

  • 目のかゆみ…ない
  • 鼻水…色が濁り粘着性のある鼻水
  • 鼻づまり…ある(片方づつ詰まることが多い)
  • くしゃみ…ほとんどない
  • 咳の痛み…ある(唾を飲んだ時などに感じる)
  • 頭痛…ある
  • 発熱…微熱~高熱
  • のどの痛み…ある
  • 悪寒…ある
  • 嘔吐…ある
  • 下痢…ある
  • 期間…2日~1週間程度
  • 天候…関係なし

などの症状の違いがあります。
特に、「目のかゆみ」「のどの痛み」「発熱」などは、「花粉症」なのか「風邪」なのか症状の違いとして見分けやすいので注意して確認しましょう。

また、家族にアレルギーを持っている(体質)方がいる場合は、あなたもアレルギー体質かもしれませので、「花粉症」を疑っても良いかもしれません

※上記の症状は、「花粉症」と「風邪」の主な症状です。個人差がありますので、当てはまらない場合もあります。

花粉症と風邪の薬はどっちがいいの?

「風邪」と思って、風邪の総合薬などを飲んでも症状が改善しない場合があります。

上記でもご紹介した通り、「花粉症」は「アレルギー」、「風邪」は「ウイルス」が原因で起こる症状ですので、風邪の総合薬や、喉かぜ用の風邪薬などを飲んでも「花粉症」の症状に対して効果が薄いと言えます。

その場合は、風邪薬ではなく、「アレルギー」の症状を抑える薬に変えると効果が出る場合があります。

また、【鼻かぜ用】風邪薬では、「花粉症」の症状を抑える効果があるとされています

なぜ【鼻かぜ用】の風邪薬は効果があるの?

風邪と花粉症の主な症状である「鼻水」「鼻づまり」は、その症状を引き起こす原因は違いますが、鼻の粘膜が炎症を起こし、分泌液が出ている状態になっています。
※鼻の粘膜の炎症による状態を「鼻炎(びえん)」といいます。

【鼻かぜ用】風邪薬は、鼻炎を抑える効果がありますので、花粉症の症状でも効く場合が多いのです

「花粉症」か「風邪」か判断できなく、花粉症の薬と風邪薬を併用する方がいらっしゃいますが、これらは、抗ヒスタミン薬や血管収縮薬が含まれていることが多く、併用すると血中濃度が上がり副作用を生じる可能性が高まりますので避けましょう。

もし、どちらか判断できない場合は、【鼻かぜ用】風邪薬を飲んで様子を見るのもいいかもしれませんね。

また、「花粉症」と「風邪」を併発する場合もあります。その際は、それぞれの症状の違いでも判断ができにくくなります。
「花粉症」でも「風邪」でも、どちらかの症状が出た場合は、出来れば早めに病院へ行き医師の診察を受けましょう。

まとめ

冬から春にかけての季節の変わり目には、花粉が出始めることがあります。

対策が遅れてしまうと、花粉の飛散している時期はずっと、「鼻水」「鼻づまり」「くしゃみ」に悩まされてしまうことも多いので、体に違和感を感じた時は、早めに対処していきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ