新年の挨拶メールはいつまで?ビジネスに使える文例もご紹介!

年賀状メール

新年になると年賀状のやり取りをすることが一般的ですが、最近では年賀状の代りに年賀状メールを送る方も増えてきています。

特に、ビジネスの場(取引先の担当者や仕事上でお付き合いをしている方、プライベートなお付き合いがない方)などでは、新年のご挨拶状として年賀状メールを送ることが一般的になりつつあります。

年賀状メールは年賀状と違い年末に準備するのではなく、送る直前に準備することが多いものです。そんな年賀状メールについて、「いつまでに送れば良いのか?」「文言は年賀状と同じで良いのか?」など色々な「はてな?」が浮かんでくるのではないでしょうか?

今回は、年賀状メールはいつまで、またビジネスに使える文例などをご紹介します。

スポンサードリンク

新年の挨拶メールはいつまでOKなの?

年が明けると、新年の挨拶として年賀状をやり取りする方が多くいらっしゃいます。

もちろん、会社として取引先の会社に年賀状を出す場合がほとんどですが、取引先の担当者(個人宛に)などに年賀状を送るのは少し気が引けたりするものです。

そこで最近は、手軽に送れるメールを使って「新年のご挨拶」をされる方が増えてきています。

また、仕事上のお付き合いをしている方への、新年の挨拶メールはいつまでに送れば良いのかなど悩まれる人もいらっしゃいます。

一般的に、年賀状メールに限らず、新年の挨拶状を送る期限は、1月7日(松の内)までとされています。

地域によっては、1月15日(小正月)まで送る場合もあります。
また、どちらか不安な方は、1月7日までに送るようにしましょう。新年の挨拶は早い方がいいですよ^^

また、新年の挨拶メール(年賀状メール)は、年が明けて早いうちに送るのが良いため、ビジネスにおいては仕事始めの日に送るのが良いとされています

「仕事始めの日」に送るのが決まっているわけではありませんが、遅くなりすぎても失礼になりますので気をつけましょう。
取引先への挨拶回りをする前に、取り急ぎのとして送りましょう。

また、新年の挨拶回りをする前に年賀状メールと一緒にアポイントを取るなどもよいでしょう。

新年の挨拶メール ビジネスの場合は?

ビジネス(取引先の担当者個人宛に)で送るメールで気をつけたいことがあります。

それは、
「Bcc」などを使って一斉に送信をしないこと!
です。

年賀状メールのメリットは、年賀状を書くよりも簡単に、多くの方へ送ることが出来ます。

もともと「年賀状」は新年のご挨拶に直接伺うことが出来ない方への略式の挨拶状です。
そして、年賀状メールは「年賀状」をさらに略式したものですので、一斉送信したメールなどでは失礼に当たる可能性があります。

また、一斉送信メールは、先方に「これは、一斉送信しているメールだな」とわかってしまいますので注意が必要です。

少し手間はかかりますが、本文はコピペなどで使いまわしても大丈夫ですが、件名宛名などは入力して送るようにしましょう。

また、新年の挨拶回りのアポイントなどの要件を入れると、より個人宛に送ったメールになりやすいのでおすすめです。

また、ビジネスメールを送る時に失礼にならないように気をつけるべきポイントもあります。

年賀状メールを送る時の注意点は?

件名

年末から年明けの時期はウィルスメールなどが増える時期でもありますので、安易なタイトルは避けた方が良いでしょう。
出来るだけ、簡潔に送り主が特定出来る件名をつけましょう。

メールを開封すると感染するというタイプのウイルスも多いため、相手のわからないメールなどは開かないのが一般的になっています。

良い例:
「㈱○○(自社名) ●●(自分の名前)より年始のご挨拶について」
「年始のご挨拶 ㈱○○ ●●」

悪い例:
「お疲れ様です」
「お世話になっております」
「Re:」
「no subject」

宛名

担当者に宛てる場合は、

スポンサードリンク
  • 株式会社○○(会社名)
    △△課(部署名)
    ●●●●(担当者名) 様

と書きます。

また、肩書きや役職がある場合は、名前の前に役職をつけます。

良い例:
社長 ●●●●

悪い例:
【●●●●社長 様

また、「御中」は特定の人に送る場合は使いません。「会社宛」や「部署宛」に送る時に使います。

良い例:
「株式会社○○御中
「株式会社○○ △△課御中

悪い例:
「株式会社○○御中 △△課御中
「株式会社○○ △△課御中 ●●●●(担当者名)

機種依存文字は使わない

機種依存文字は、一部の文字が文字化けする可能性が高いので避けましょう。

例:「○で囲んだ数字(丸数字)」「ローマ数字」「単位記号」など。
このような文字は極力避けるようにするのがマナーで宇です。

また、携帯電話←→パソコン間のメールのやりとりの場合、絵文字も文字化けしますので、避けた方が良いでしょう。

補足:
また、例えばDoCoMo、au、softbankなど、キャリアが異なる携帯電話の間でメールをやり取りする場合、全く同じ絵文字でなく、それに該当する絵に自動的に変換されます。
例えば笑顔のマークを送信した場合、DoCoMo、au、softbankのそれぞれの携帯電話から送信されたメールで表示される笑顔の絵文字は、会社ごとに少しずつ顔つきが変わる可能性があるということです。

上記の点を注意しながら、新年の挨拶メールを送るようにしましょうね^^

新年の挨拶メールの文例をご紹介!

ビジネスにおいて先方に失礼のないメールを送れば良いか1から考えていると時間がかかってしまいます。
新年の挨拶メールの文例をご紹介します。

  • その①
    [件名]
    【◇◇(株)■■より】新年のご挨拶

    [本文]
    株式会社○○
    △△課 ●●●● 様

    新年あけましておめでとうございます。
    昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
    ●●様におきましては本年も、より一層のご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

    平成○○年 元旦

    …………………
    ◇◇株式会社
    東京都千代田区千代田123-45
    ▲▲部 ■■■■
    tel.03-0000-0000
    E-mail:*****@#####.com
    …………………

  • その②
    [件名]
    【■■より】新年のご挨拶

    [本文]
    株式会社○○ △△課
    営業部長 ●●●● 様

    あけましておめでとうございます。
    旧年中は大変お世話になりました。
    弊社は本日が仕事始めです。
    今年もよろしくお願いします。

    早速ですが、新年のご挨拶に伺いたいと考えております。
    ご都合をお聞かせいただけないでしょうか?

    年明けの慌ただしいところ恐縮ですが、宜しくお願い致します。

    取り急ぎメールでの新年のご挨拶になり申し訳ありません。

    …………………
    ◇◇株式会社
    東京都千代田区千代田123-45
    ▲▲部 ■■■■
    tel.03-0000-0000
    E-mail:*****@#####.com
    …………………

  • その③
    [件名]
    年始のご挨拶【◇◇(株)■■より】

    [本文]
    株式会社○○
    △△課 ●●●● 様

    謹んで新年のお慶びを申し上げます。
    旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
    本年もより一層尽力をしてまいりますので、旧年同様のご高配を賜りますようお願い申し上げます。
    尚、新年は1月6日より、営業させて頂きます。
    本年もご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

    …………………
    ◇◇株式会社
    東京都千代田区千代田123-45
    ▲▲部 ■■■■
    tel.03-0000-0000
    E-mail:*****@#####.com
    …………………

まとめ

新年の挨拶は、年賀状であろうと、メールであろうと、「昨年の感謝」」と「本年もよろしくお願いします」との気持ちを伝えるものです。

ですので、出来るだけ早く、遅くても1月7日までに先方に届くように送るのが良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ