ノロウイルスは2016-2017年も流行するの? 予防&対策方法をご紹介!

ノロウイルス

冬になると、風邪やインフルエンザなどが流行する季節ですが、忘れてはならないのが「ノロウイルス」です。

しかも、2015年からは「新しい型」が発見されているため、過去にノロウイルスに罹り免疫を持っている方にも感染する可能性が高いため注意が必要です。

今回は、感染力が非常に高い「新型ノロウイルス」の予防や対策についてご紹介します。

スポンサードリンク

新型ノロウイルスは2016-2017年も流行するの?

冬の乾燥した時期に爆発的に流行する「ノロウイルス」

「ノロウイルス」=「激しい下痢や嘔吐」のイメージを持っている方がほとんどではないでしょうか?

実際、過去(2006年)に罹ったことのある私は、そのイメージそのままの症状が出ちゃいました^^;
「ノロウイルス」に罹るまでは、「激しいってチョット大袈裟だなぁ」と思っていたものです。

2015年からは、新しい型のノロウイルスが発見され、1度罹ったことのある方でも感染する可能性が高いので注意が必要です。

ですので、ノロウイルスの予防や対策についてご紹介する前に、「敵を知り己を知れば百戦危うからず」とも言いますので、ノロウイルスについて少しご紹介しますね。

新型ノロウイルスの特徴とは?

  • ウイルスがとても小さいため感染力が高い
  • 従来のノロウイルスよりも潜伏期間が短い(10数時間程度で発症)
  • 石鹸やアルコール消毒は効かない
  • 簡易検査をしても陽性反応が出ない場合がある

「新型ノロウイルス」とは、感染性胃腸炎の1つで、ウイルスが小さいため感染力が非常に高く、主な症状は従来と同じく、激しい下痢や嘔吐を繰り返します。

国立感染症研究所によると、人に感染するノロウイルスは主に31種類の遺伝子型を持っており、今までは「GⅡ・4」という遺伝子型のノロウイルスが猛威を振るっていました。

しかし、流行の新型ノロウイルスは従来の遺伝子型「GⅡ・17」の遺伝子が一部異なる「GⅡ・17」であることがわかっています。

では、なぜ「新型ノロウィルス」は注意が必要なのでしょうか?

過去(2006年)にノロウイルスに罹ったことのある私の経験ですと、2007年以降、ノロウイルスに罹ることがありませんでした。

それは、毎年、気をつけていたのもありますが、私の体の中にノロウイルス(「GⅡ・4」型)の免疫があったからです。
※そもそも、ノロウイルスの感染力は非常に強く、「気をつける」程度ではあまり意味がありません。(それこそ徹底しなければなりません)

ですので2015年からノロウィルスの「新型」が出たということは、私たちの体の中に「新型」に対抗する免疫がないため、感染拡大の危険性が高まったということです。

「ノロウイルスの症状」=「激しい下痢と嘔吐」と言われていますが、他にも症状がありますので下記にご紹介します。

新型ノロウイルスの症状とは?

ノロウイルスの潜伏期間(感染から発症までの時間)10数時間~とされています。

ノロウイルスの主な症状は
●吐き気
●激しい嘔吐
●激しい下痢
●腹痛
●軽度の発熱

これらの症状が1~2日続いた後、回復し、後遺症も特にありません。
※感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。

私がノロウイルスに罹った時は、吐き気と下痢、嘔吐が激しくて激しくて、腹痛や発熱を気にする余裕なかったです^^;
水分を口に含んだだけで吐き気と嘔吐が起きていましたので、「もう干乾びてしまうんだろうなぁ…」と思っていました。
また、下痢と嘔吐も交互に来るのではなく、同時に来るため便座に座っていても嘔吐してしまうような状態が続くなど、笑えない状態が続いていました…(T T

これを読んでくれている、あなたがそんなツライ経験を出来るだけ避けれるように、「ノロウイルス」に対する予防法について下記にご紹介します。

ノロウイルス新型に罹らない予防法は?

「ノロウイルス」の症状などを聞くと、「罹りたくない!!」」と強く思う方がほとんどだと思いますが、残念ながら「新型ノロウイルス」を100%防ぐ方法は今のところありません。

しかし、何も予防をしないのと、しっかりと予防をするのでは感染する確率が大きく変わってきますので、是非実践してみてくださいね。

ノロウイルスの感染経路は?

  • ①「接触感染」…ノロウイルスを含む糞便や吐しゃ物を処理した後、手についたウイルスや不適切な処理で残ったウイルスが口や鼻などから取り込まれて感染
  • ②「飛沫感染」…吐しゃ物などからの飛沫を吸入して感染
  • ③「空気感染」…吐しゃ物や下痢便の処理が適切に行なわれなかったために残存したウイルスを含む小粒子が空気中に舞い上がり吸入して感染
  • ④「経口感染」…ノロウイルスに汚染された生牡蠣や貝類を十分に加熱しないで摂取したときや、ノロウイルスに感染した人が、十分に手洗いせず調理をすることによって食品が汚染され、その食品を食べて感染
  • などにより、人から人へ、人から食品へ、食品から人へと感染が拡大していきます。

新型ノロウイルスの感染を防ぐためには?

「ノロウイルス」は「接触感染」「飛沫感染」「空気感染」「経口感染」により人から人へ人から食品へ食品から人へと感染するので有効な予防法として

①手洗い(特に指の間、爪などは重点的に!)
②患者の隔離(出来るだけ一つの部屋で過ごすように!)
③糞便・おむつ・吐物の適切な処理
④汚染された服や床などの塩素系薬剤による消毒
などがあります。

スポンサードリンク

また、消毒するのに、一般的に殺菌効果のあると言われるアルコールエタノールでは「ノロウイルス」に対しては殺菌・消毒効果がありません

「ノロウイルス」に効果のある消毒法は、「85℃以上で1分以上の加熱」または、「次亜塩素酸ナトリウム」による消毒が効果的です。

次亜塩素酸ナトリウムは、薬局やインターネットなどで購入できます。また、家庭にある「塩素系漂白剤」には次亜塩素酸ナトリウムを含むものが多いので代用できます。

ピューラックス
10P06may13 【第2類医薬品】【ノロウイルス対策】殺菌消毒剤☆ピューラックス 5L×2☆

>>>【楽天市場】ノロウイルス消毒薬 次亜塩素酸ナトリウムはコチラ!

次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方

市販されている家庭用塩素系漂白剤(ハイターやブリーチなど)を希釈する場合

  • 0.1%(1,000ppm)の消毒液
    水500mlに対して、原液(家庭用塩素系漂白剤)10mlを加える
    50倍希釈となり、1000ppm(0.1%)の消毒液ができます。
  • 0.02%(200ppm)
    水500mlに対して、原液(家庭用塩素系漂白剤)2mlを加える
    250倍希釈となり、200ppm(0.02%)の消毒液ができます。
  • 次亜塩素酸ナトリウムは薄めると消毒効果がなくなるのが早いので、こまめに作るようにしましょう。

ノロウイルスの消毒方法は?

●便や嘔吐物が付着した床やトイレ、衣類などには、0.1%(1,000ppm)の消毒液を用います。
消毒液をたっぷりと布に染み込ませて拭いた後、10分くらいしてから水ぶきします。

●おもちゃ、調理器具、直接手で触れる部分などには、0.02%(200ppm)の消毒液を用います。
消毒液に10分くらい漬けてから水ですすぎましょう。

ノロウイルスの予防法は、非常に効果的ではありますが、100%感染を防ぐものではありません。

万が一、感染した場合の対策について下記にご紹介します。

ノロウイルス新型に罹ったら時の対策は?

罹りたくない「新型のノロウイルス」にかかってしまった場合、一刻も早く症状を緩和させたいと思うのは当然のことです。
では、どうすれば「ノロウイルスの症状」を緩和させることが出来るのでしょうか。

  • 対策その①:病院に行って診察を受ける
    病院に行って診察を受けましょう。
    ただし、「ノロウイルス」を退治する有効な治療薬は現在のところ存在していません。
    しかし、症状を緩和させる薬を処方してもらえますので、少しは楽になります。
  • 対策その②:自宅で安静にする
    「ノロウイルス」は発症から1~2日程度で症状が治まり回復します。

    症状が出ている時は、水分などを十分に補給し脱水症状にならないようにすることに注意しましょう。

    体液に近い「経口補水液」などを摂取するのがおすすめです。
    薬局などでも購入できますが、家でも水1リットルに対し、砂糖40g、塩3gを混ぜればできます。

    「ノロウイルス」は激しい嘔吐と下痢の症状が出ますが、吐き気止めや下痢止めの薬は服用は避けましょう。
    ノロウイルスを体外へ排出する機会を減らしてしまうことになり、症状が長引く(体内で繁殖させるきっかけ)可能性が高いためです。

また、感染者が吐いた後の消毒方法を間違えると、看病をした家族に2次感染する可能性がありますので、消毒は次亜塩素酸ナトリウムの希釈液で適切に処理しましょう。

イザという時のために、消毒に必要な道具などを準備しておくと、慌てなくて済みますので是非ご家庭で準備しておきましょう。

消毒時に必要なものは?
使い捨てのエプロン、手袋、マスク
金属製ではないバケツ
汚染物を入れるビニール袋2枚
ペーパータオル
0.1%の次亜塩素酸ナトリウム希釈液。

まとめ

いかがでしたか?
ノロウイルスに罹ると回復するまでは非常にツライ思いをします。

また、インフルエンザよりも感染力が強いため、外出時はマスクをして、出来るだけこまめに手洗いをしましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ