風邪の治し方 薬なしで早く治す方法とは?

風邪治し方

昔から「風邪は万病のもと」といい長引くと厄介なものです。

できる限り早く治したいものですし、出来れば薬を飲まずに治せたらなとも考えたり。

今回は、風邪の治し方として、薬なしで早く治す方法についてご紹介します。

風邪の治し方 薬なしで治す方法とは?

風邪とは?

風邪は、正式には「風邪症候群」と言い、上気道(鼻や喉)の急性炎症の総称のことを言います。

風邪症候群の原因は、80~90%がウイルスによるものとされています。

ウイルスは空気中の水分が多いと、チリやほこりと一緒に地面に落ちてしまいますが、乾燥していると空気中に長時間漂っていられます。

それにより、空気中に舞うウイルスを呼吸時に鼻や喉で吸い込み、それが原因で風邪を引き起こすのです。

冬などの空気が乾燥する季節に風邪が流行るのは、これが一因だとも考えられています。

風邪は風邪薬では治らない?

現在、薬局などで「かぜ薬」として売られている医薬品などは、症状を緩和したり抑えたりするだけのもので、ウイルスを死滅させる薬や「治す」薬は現在のところ存在しないのが現状です。

では、なぜ風邪薬を飲むのか?

それは、直接ウイルスを死滅させたり治すことはできないけれども、症状を緩和したり抑える効果を期待して服用します。

風邪の主な症状として、呼吸器症状(咳やのどの痛み、鼻水など)や発熱などが挙げられますが、高齢者や幼児、子供などの場合、体力がなく免疫力が弱いため、なかなか風邪の症状が治まらず長期化したり重症化することもあります。

それを避ける意味でも、かぜ薬などをうまく利用して症状を緩和したり抑えたりしながら、その間に風邪に対抗できる免疫力を高めたりしてウイルスを撃退しやすくするのです。

風邪を退治できるのは免疫力だけ!

風邪は薬では治りませんし死滅させることはできません。では、どうやってそのウイルスを撃退するのでしょう?

それは、人間の身体に備わっている「免疫力」なのです。

風邪を退治できる免疫力とは?

「免疫」とは、病原菌やウイルスなどの外敵の侵入を防いだりする自己防衛機能や体の健康を維持する力のことです。

人間の身体は約60兆個もの細胞からできています。

人間の身体の仕組みとして、身体を形成するそのすべての細胞一つ一つが、「これは自分の細胞である」ということが認識できるようなシステムが備わっており、そこに自分の細胞ではないウイルスなどの「異物」が入ってくると、これを排除しようとする機能が働きます。この機能が「免疫=疫(病気)から免れる機能」なのです。

風邪の症状もすべて免疫反応

風邪の主な症状である「呼吸器症状(咳やのどの痛み、鼻水など)」や発熱などは、人間の身体に備わっている感染防御システムによる「免疫反応」なのです。

身体の「感染防御システム」がウイルスを感知すると、まず、異物でもあるウイルスを体外に排出しようと、鼻腔などの粘膜内部の組織に炎症が起こり、くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどの症状を引き起こすとともに、喉では、のどの粘膜の炎症が起こり、咳やたんで異物を体外へ出そうとウイルスと闘います。

発熱は、ウイルスの侵入により身体に異変が起こったことを知らせると同時に、自分で自分の体を治そうとする免疫機能が活発に働き出したサインなのです。


スポンサードリンク

免疫力を高めて薬なしでも風邪を撃退!

風邪のウイルスを撃退することができるのは「免疫力」だけです。

ですので、この「免疫力」を高めることで風邪のウイルスを撃退しやすくなるのです。

免疫力を高めるには「温める」

身体の体温が下がると免疫力が低下します。逆に体温が上がると免疫力もアップします。およそ体温が1℃上がると免疫力は5~6倍アップすると言われています。

「体を温める」には、体の内側と外側の両方から行うのが効果的です。
内側からは、温かいものを食べたり飲んだりして体を温めます。また、しっかりと温かい服装をしたり、カイロを背中に貼ったり、布団をきちんとかぶったりして外側からも温めます。

脱水症状などにならないよう「水分補給」は必須です。こまめに取るよう心掛けましょう。

風邪の治し方 早く治す方法とは?

免疫力を高めることでウイルスを撃退できますが、出来れば辛くしんどい風邪から早く回復したいものです。

免疫力を高めつつ早く治す方法を下記にご紹介します。

とにかく睡眠!

免疫力の元でもある「免疫物質」は、睡眠中に作られます。病院でも「温かくして安静にしてくださいね。」とよく言われませんか?

風邪を素早く治す一番の方法は「安静=睡眠」です。

睡眠をとることで、人間の身体は「副腎皮質ホルモン」という物質が分泌されます。この副腎皮質ホルモンは、体の弱った部分を治し、免疫力を活性化させると言われているものです。

風邪をひいた時こそ、この免疫機能を活性化させるため、ゆっくりと睡眠をとり、多くの「副腎皮質ホルモン」を分泌させることで、風邪の完治につながるのです。
この時に、しっかりと体を温めて眠ることが大切です。

栄養補給

風邪のウイルスを撃退する時には、体は多くのエネルギーを消耗します。ウイルスと闘う力を落とさないようにするためにも、風邪をひいた時には栄養価の高い栄養補給が不可欠です。

風邪の時に特に必要とされる栄養素は「ビタミンA・ビタミンC・たんぱく質」です。

  • ビタミンA:牛乳、レバー、卵黄など
  • ビタミンC:レモン、いちご、ほうれん草など
  • たんぱく質:肉、魚介類、乳製品など

風邪の時には、食欲も落ちたりしやすくなります。そんな時には「甘酒」を飲むのもおすすめです。

甘酒にはビタミンやブドウ糖、必須アミノ酸といった人間にとって不可欠な物質や栄養素が凝縮されています。「飲む点滴」とも言われますので、温かくした甘酒を飲んで栄養補給するのもおすすめです。

体をしっかり温める

これは基本です。
しっかりと汗が出るくらい体を温めることが大切です。また、汗が出たらきちんと着替えて体温を低下させないことも大切です。

まとめ

風邪には誰もが身体に備えている「免疫力」で撃退するしかありません。

しっかりとした睡眠と栄養補給、体を温めることで早く治すことも可能ですので、風邪をひいたらまずはしっかりと休みましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ