風邪の関節痛の原因とは?対処法や緩和する方法は?関節痛に効く方法をご紹介!

風邪関節痛

「あれ?節々が痛い…風邪かな?」と体の気怠さや関節が痛み始めると風邪の前兆かと気づくことがあります。

風邪を引くと、発熱や咳、鼻水・鼻づまりだけでも辛いのに、その上節々の痛みまで…何とかしてほしいものです(T T)

なぜ風邪を引くと発熱や咳、鼻づまり以外に、体中の関節まで痛くなるのでしょう?

今回は、風邪による関節痛の原因、対処法や緩和方法など、風邪の関節痛に効くものなどご紹介します。

スポンサードリンク

風邪の関節痛の原因とは?

風邪を引くと体の節々が痛くなる原因は、体内で分泌される「PGE2(プロスタグランジンE2)」という物質が主に関係しているとされています。

PGE2とは?
そもそも風邪とは、ウィルスや細菌が鼻やのど(上気道)の粘膜から感染し炎症を起こすことによって、発熱や咳、鼻水・鼻づまり、喉の痛みなどの症状が引き起こされることです。

ウイルスや細菌に感染し風邪の諸症状が起こると、体を守るために白血球から「サイトカイン」という物質が分泌されます。

この「サイトカイン」は、体を守るために過剰に分泌されることがあり、サイトカインの過剰分泌により、健康な臓器まで機能不全にする危険性があります。

サイトカインが過剰に分泌し体に悪影響を及ぼさないように、サイトカインの生成を抑えるために分泌されるのが「PGE2」です。

「PGE2」は、サイトカインの生成を抑えるのと引き換えに、関節の痛みや熱を引き起こしてしまいます。
つまり、風邪を引いたときの関節痛は、体の免疫細胞がウイルスとまさに戦っていることによる副作用とも言えるかもしれません。

風邪を引いた時の関節痛は、熱やウィルスなどによるものではなく、ウィルスと戦う免疫細胞が起こす痛みなのです。

風邪の関節痛の対処法は?

風邪を引いたことによる関節痛は、体の「防御反応」である免疫細胞の働きが原因ですので、風邪による関節痛を止める対処法は、風邪を治すことが一番の方法なのです。


スポンサードリンク

風邪の治し方は?

風邪を完治させるために一番必要なことは【安静】=【睡眠】を取ることです。

「睡眠」を取ることで、体の中に「副腎皮質ホルモン」という物質が分泌されます。体の弱った部分を治し、免疫力を活性化させるのがこの副腎皮質ホルモンと言われています。

実は、病院で処方される風邪薬や、市販されている風邪薬では、風邪は完治しません。

「えっ!そうなの!?」と驚かれるかもしれませんが、本当です。

風邪薬などは、ウィルスなどによって引き起こされる風邪の諸症状を緩和させるだけでのものです。

風邪ウィルスとの闘いでは、体力を奪われやすく、体力を奪われることによって免疫細胞も弱まりますので、風邪薬などで症状を緩和させ、体力を奪われにくくし、体の免疫細胞が素早く効き目を発揮させるために風邪薬を服用することが風邪を治す近道なのです。

また、関節痛と一緒に38℃以上の高熱や全身のだるさを感じる場合は、インフルエンザウィルスに感染している可能性もあります。
その際は、インフルエンザの治療によって関節痛が和らぎますので、医療機関を受診しインフルエンザの薬を処方してもらいましょう。

風邪の諸症状(発熱、咳、鼻水・鼻づまり、のどの痛みなど)が治っても節々の痛みが治まらない場合は、他の重篤な病気(膠原病(こうげんびょう)など)の可能性もありますので、10日以上続く場合は早めに医療機関で診察を受けることをおすすめします。

風邪の関節痛の緩和する方法は?

風邪による関節痛は、風邪を治すことが一番なのですが、関節の痛みのせいで、「休めない」「寝られない」などということもあります。

「休めない」「寝られない」では、体力が奪われ続けることになり、免疫力も上がらず、結果風邪が長引いてしまうなど悪循環になってしまうこともあります。

こうなってしまっては、元も子もないので痛みを緩和させる方法がいくつかありますのでご紹介します。

ただ、あくまで痛みの緩和で、風邪を治す方法ではありませんので、どうしても痛みで「安静」に出来ないときにだけお試しください。

バナー原稿imp

鎮痛剤を服用する

鎮痛剤で関節の痛みを緩和させることが出来ますが、鎮痛剤には熱を下げる作用があります。

体の熱が上がるのは、免疫細胞の効果を最大限に発揮するためで、体温が下がると免疫細胞の効果が弱くなります。
ですので、風邪を引いた時などは、熱を無理やり下げることは、風邪を長引かせることにもなりかねませんのでおすすめしません。

また、風邪薬にも鎮痛剤の成分が配合されていますので、さらに鎮痛剤を飲んでしまったら、効果が強くなりすぎますので、風邪薬と鎮痛剤を一緒に飲むべきではありません。

湿布や冷たいタオルで冷やす

関節痛の痛みの原因は「PGE2」であると上記でご紹介しました。この「PGE2」の分泌を抑えるために、白血球の働き(サイトカインの分泌)を抑えることが有効とされます。

この白血球の働きを抑えるためには、患部を冷やすことが効果的です。
しかし、上記でもご紹介した通り、体温を下げることは、風邪を長引かせることに繋がりかねませんので、「どうしても!」という時だけにする方が良いでしょう。

アロマオイルなどを焚く

ペパーミントやラベンダーなど香りは、鎮痛作用があると言われています。アロマオイルなど使い、風邪薬などとうまく組み合わせて試してみましょう。気分だけでも変わると少し楽になりますよ。

まとめ

風邪によって体の節々が痛み出すと、通常通り体が動かないくなるものです。これは、体が無駄な体力を使わず、ウィルスとの戦いにエネルギーを回すための自己防衛なのですね。

体のサインを見逃さず、症状が出ている時は安静にするように心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ