新田原基地航空祭2017年の日程は?駐車場&ブルーインパルス情報をご紹介!

新田原(ニュータバル)基地は、F-15有する飛行教導隊(通称 アグレッサー部隊)やF-4EJ改を有することから「ファイヤータウン」とも呼ばれる基地です。

他の航空祭では見ることの出来ない、模擬戦闘に近い飛行を見せてくれるかもと期待される航空祭です。

新田原航空祭

今回は、新田原基地航空祭の日程や駐車場やブルーインパルス情報についてご紹介します。

スポンサードリンク

新田原基地航空祭2017年の日程は?

◆名称:新田原エアフェスタ2017

◆日程:2017年12月3日(日)
※雨天決行

◆時間:08:15~15:00(開門07:00~)

◆入場:無料

◆開催地:航空自衛隊新田原基地及び同周辺空域

◆住所:〒889-1492 宮崎県児湯郡新富町大字新田19581

◆お問合せ:0983-35-1121

◆公式HP:http://www.mod.go.jp/asdf/nyutabaru/index.html

新田原基地航空祭へのアクセスは?

新田原基地航空祭 電車・バスでのアクセス方法は?

●JR九州日豊本線「日向新富駅」 車で約5分
●JR九州日豊本線「高鍋駅」車で約20分
※西都バスセンターから臨時バスが運行。

新田原基地航空祭 車でのアクセス方法は?

●東九州自動車道 西都IC下車 20分
●国道10号線 弁指交差点 5分
●新富町役場前  5分

新田原地図

航空祭への持ち物リストは?

航空祭を楽しむためには、事前の準備が必要です。
ここでは、航空祭に参加するときに役立つ、持ち物をご紹介します。

必須グッズ

  • 防寒具(冬)
    冬に開催される航空祭は、風に吹き晒されるので体感温度は非常に低くなります。手袋や帽子は必須で、多少の雨に濡れても大丈夫なウィンドブレーカーなどがあれば良いでしょう。
  • 軽食
    飛行展示や地上展示などを中心に回りたい方は、売店に並んでいる時間が非常にもったいないので、事前にコンビニなどで買っておきましょう。
  • 飲み物
    少しかさばりますが、保温機能のついた水筒を持っていくと非常に重宝します。夏は冷たいもの、冬は暖かいものをがあると非常に助かります。
  • タオル
    夏は汗を拭くため、冬は寒いときのマフラー代わりになります。突然の雨にも数枚持っていれば重宝します。
  • 帽子
    基地内は日陰か非常に少ないため、ツバの大きい帽子などがおすすめです。
  • カメラ
    航空祭の醍醐味は、普段見ることが出来ない戦闘機をカメラに収めることですね。予備のバッテリーや記録メディアを忘れずに持っていきましょう。

便利グッズ

  • ポンチョ
    混雑した会場では傘をさすのはNGです。
    急な雨などにカメラ機材や荷物を守るのにも役立ちます。
  • 耳栓
    ジェット機の爆音や、模擬戦の爆発音などはすさまじいので慣れていない人は耳栓があると助かります。
  • クリアファイル
    パンフレットや、パイロットのサインを汚したくない人は持っていきましょう。
  • 小型の折り畳み椅子
    ロープ際を確保した場合、後ろの人のために座るのがマナーですが、長時間地べたに座っているのも辛いものです。また、チョットした休憩をするときにも重宝します。

新田原基地航空祭の駐車場は?

新田原基地航空祭では、毎年臨時駐車場が設置されます。

また、臨時駐車場からは、新田原基地までシャトルバス(有料)が往復運行予定です。

※現在2017年の最新情報が発表されていませんので、2016年のものを参考に掲載しています。最新版が発表され次第変更します。

シャトルバスの運賃(往復) 
大人 600円
子供 300円 
幼児は無料

早朝に来場予定の方は、高鍋町「小丸川河川敷駐車場」のみ会場が03:00~になりますのでこちらを利用しましょう。

スポンサードリンク

新田原エアフェスタ 臨時駐車場情報!

高鍋町

  • 小丸川河川敷
    駐車台数:1,900台
    開門時間:03:00~
    バス乗場:高鍋自動車学校

木城町

  • 木城町役場周辺小丸川河川敷
    駐車台数:400台
    開門時間:06:00~
    バス乗場:リバリス

西都市

  • 西都市このはな館(西都原運動公園第2駐車場含む)
    駐車台数: 1,400台
    開門時間:06:00~
  • 清水台運動公園
    駐車台数:1,400台
    開門時間:06:00~
  • 神楽酒造西都工場
    駐車台数:750台
    開門時間: 06:00~
  • 児湯クリーンセンター
    駐車台数:500台
    開門時間:06:00~

宮崎市

  • サテライト宮崎場外車券売場
    駐車台数:300台
    開門時間:06:00~
  • 矢野産業宮崎物流団地
    駐車台数:2,400台
    開門時間:06:00~

新富町

  • 新富町役場(二輪車のみ)
    駐車台数:400台
    開門時間:06:00~
    ※二輪車は新富町役場のみの駐車になります。自動車は、 新富町役場には駐車できません。
  • 三納代
    駐車台数:600台
    開門時間:06:00~
  • 富田浜公園
    駐車台数:500台
    開門時間:06:00~

新田原基地航空祭2017年にブルーインパルスも舞うの?

航空祭でブルーインパルスの展示飛行を楽しみのひとつにしている方も多いのではないでしょうか?

ここ数年新田原航空祭ではブルーインパルスが来ていますが、「今年も新田原基地航空祭にブルーは飛ぶの?」かと心配な方も多いのではないでしょうか?

安心してください!今年もブルーインパルスの飛行展示は予定されています!

また、新田原基地航空祭はブルーインパルスの飛行展示だけでなく、見どころ満載の航空祭となっています。

新田原基地航空祭では、識別塗装のF-15を見れるほか、アグレッサー部隊(飛行教導隊)の飛行展示を楽しみに来場するファンが非常に多い航空祭となっていましたが、昨年から小松基地に移転されているのは非常に残念です…

ですが、40年以上新田原に配置されている精鋭部隊カエルの部隊マークが人気の第301飛行部隊のF-4ファントムがいますので、見ごたえのある航空祭になるはずです!!。

また、新田原エアフェスタでは、アメリカ空軍機F-16による飛行展示も予定されており、下を向く暇もないほど見どころあふれた航空祭に期待度は大ですよ!

新田原航空祭のプログラムは?

現在2017年の展示プログラムは発表されていませんので、昨年の主なプログラムをご紹介します。

最新のプロブラムが分かり次第当サイトでも発表していきますね。

●各種戦闘機などによる飛行展示
●陸海空自衛隊機・戦闘機等の装備品の地上展示
●F-4EJ改の母基地での機動飛行※F-4EJ改を見れるの全国で2カ所だけです。
●米空軍F-16による曲技飛行展示
●ブルーインパルスによる曲技飛行展示
●ちびっ子花自動車など各種アトラクション
●その他、約100店舗の出店など

新田原基地航空祭の展示飛行プログラム

08:25~08:50 オープニングフライト UH-60J、U-125A、F-15、T-4
08:55~09:10 新田原救難隊 UH-60J、U-125Aによる救難展示
09:15~09:30 23SQ F-15による飛行教育展示
09:35~09:50 陸自第1空挺団 C-130による空挺降下
10:00~10:15 305SQ F-15による機動飛行などの防空展示
10:20~10:35 第8航空団(築城) F-2よる機動飛行などの防空展示
10:40~10:55 偵察航空隊 RF-4訓練飛行などの訓練展示
11:00~11:20 アメリカ空軍 F-16による曲技飛行展示
13:05~13:35 第305飛行隊や飛行教育航空隊 F-15による大編隊飛行
13:40~15:00 ブルーインパルス T-4による曲技飛行展示
アトラクション
08:15~15:00 航空機展示 陸海空自衛隊機 30機展示
08:15~15:00 コクピット見学 F-4EJ改のコクピット見学、撮影可
08:15~15:00 記念撮影 F-4EJ改をバックに写真撮影
08:15~15:00 装備品展示 戦闘機搭載の装備品展示
08:15~15:00 飛行教育展示 日頃の訓練風景をパネルで紹介
08:15~15:00 基地防空展示 基地を守る防空火器の展示
08:15~15:00 防災展示 防災関係装備品の展示
08:15~15:00 消防装備品展示 消防車に乗車可
08:15~15:00 花自動車 子どもたち向け、航空機見学
08:15~15:00 野点 一息ができる
08:15~15:00 陶芸体験 陶芸に絵付け
10:00~12:00 ブルーインパルスパイロットによるサイン会
11:55~12:20 基地の部活 音楽演奏会
12:25~12:50 基地太鼓部「新龍」の演奏会
12:55~13:20 エイサー演舞
 

新田原基地航空祭の撮影ポイントは?

会場から滑走路方向は残念ながら、終日逆光です。基地南側の外周は終日順光になるためこちらから撮影しましょう。ただ、人が多いため場所取りが大変かも…

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、新田原基地航空祭の日程や駐車場やブルーインパルス情報についてご紹介しました。

ブルーインパルスの展示飛行が恒例になりつつある新田原エアフェスタに是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ