ハロウィンかぼちゃの作り方。使う道具は?保存方法は?

ハロウィンかぼちゃ

ハロウィンと言えば、かぼちゃのお化けや仮装した子供たちが「Trick or Treat(トリック オア トリート)」と言って家々を訪ね歩く祭りです。

最近では日本でもお馴染みになってきており、かぼちゃのお化けを作って飾ったりして、「ハロウィン」を楽しむようになりました。

今回は、ハロウィンでの定番、かぼちゃのお化けの作り方を紹介します。

スポンサードリンク

ハロウィンかぼちゃの作り方

ハロウィンに向けてかぼちゃのお化けを作りましょう。
作るときに必要な道具は下記でご紹介します。

作り方

①かぼちゃに型紙千枚通しクレヨンを使って下書きします。

②頭(ヘタ)の部分をステーキ用ナイフ等を使って穴を開けます。

最初にナイフを入れる時は少し力が必要ですが、一度入ってしまうと楽に切れます。

この時、かぼちゃの中身(ワタ)を取るために拳が入るぐらいの穴をあけます。①の時に一緒に下書きを付けておくと便利です。

③開けた穴から、中身(ワタ)をスプーンお玉を使ってかき出します。
この時に出来るだけきれいに中身を取り除きます

④千枚通しやクレヨンで書いた下書きに沿って切り抜きます。

ナイフを入れる時、意外と柔らかいので怪我しないように気をつけて、内側から少し押さえながら切り取りましょう。

⑤下書きに沿って切り取り終えたら、かぼちゃの繊維などが残っていたりしますので、きれいに取り除き仕上げます。

⑥最後にロウソクをかぼちゃの中に入れて、火をつけると完成です。

暗いところで、完成作品を楽しんでください。もちろん、明るい場所でも楽しめます。

ハロウィンかぼちゃに必要な道具とは?

用意するものですが、

かぼちゃ

ハロウィンが近づくと、黄色やオレンジ色をしたかぼちゃがスーパーや
ホームセンターなどで売り出されます。

形や色なども様々ですので、気に入ったかぼちゃを購入しましょう!

お勧めのかぼちゃは、凸凹が少なく、置いたときに安定感のあるもの。
一通り触ってみて、やわらかい部分がないものを選びましょう。

もちろん、普段食べているかぼちゃでもOKです。

道具

かぼちゃを切ったり、くり抜いたりする道具が必要です。
家にあるものでも十分作ることが出来ます。

ステーキ用のナイフ
ギザギザ刃のナイフなら、パン切りナイフなどでもOK

少し大きめのスプーンやお玉

お菓子用の型抜き
丸や星、ハートなどの型抜きがあれば、簡単に模様をつけることもできて便利です。もちろん、なくても全然大丈夫です。

スポンサードリンク

千枚通しや画鋲(がびょう)
かぼちゃに型紙を当てて少しづつ刺して、切り抜くときのガイドをつけます。地味な作業になりますが、綺麗に切り抜くことが出来ます。

串や爪楊枝など先の尖ったものであれば代用できます。

クレヨン
かぼちゃに下書きするために使います。
クレヨンがない場合は、書いた線がやデザインが分かるものであれば決まりはありません。

型紙
今は、インターネットなどで「ハロウィンかぼちゃ」の型紙を手軽にダウンロードできます。

型紙を使うと、簡単に切り抜く場所のガイドが作れますので便利です。

かぼちゃに型紙を張り付けて、爪楊枝やクレヨンで下書きをつけていきます。

もちろん、自分でオリジナルのデザインをするのも良いです。

ロウソク
かぼちゃが完成した後、中に入れるロウソクを用意しておきましょう。
チャッカマンなど、先の長いライターがあれば火をつける時に便利です。

最近では、かぼちゃのお化けを作るカービングキットなどもお求め易い価格で売り出されています。カービングキットのナイフな切れ味が高いものではなく、比較的安全なので子供と一緒に作るとき便利です。

ハロウィンかぼちゃの保存方法

折角作った、ハロウィンかぼちゃですが、かぼちゃ自体は生ものですので、時間が経つとどうしても痛んで(腐ったり、カビたり)きます。

気に入ったハロウィンかぼちゃを少しでも長持ちさせるためには、どうすれば良いか紹介します。

一番良い方法は、冷蔵庫の中で保存する方法です。
しかし、かぼちゃは結構かさばりますので大きな冷蔵庫をお持ちの人にはおすすめです。

冷蔵庫での保存が難しいという人は、以下の方法をお勧めします。

完成直後のハロウィンかぼちゃは、影干しをして乾かします。

陰干しとは、日陰(直射日光の当たらない)の風通しの良い場所で干すこと。

陰干し中に気をつけることは、太陽は移動(地球は自転)します。当然、午前中は日陰でも、午後には直射日光が当たってるなんてこともあります。

直射日光に当てすぎると、苦労して作ったかぼちゃの色素が抜けてしまいます。

後、やはり湿気には要注意です。
湿気が多いと、カビの原因になりますので、保管するときは、すのこの上や乾いた場所に置きましょう。

しかし、この方法でも2日~長くて5日程度しか持ちませんので、出来るだけ直前に作るようにして下さい。

また、漂白剤を水で薄めたものに半日程度浸しておくと殺菌されるためカビ防止に効果があります。

一番長持ちさせる方法の一つとして、ロウソクは使えませんが、かぼちゃをくり抜かずに、切り取った型紙を貼り付けてハロウィンかぼちゃを作る方法もあります。

まとめ

ハロウィンかぼちゃを作るときの注意点は、質のよいかぼちゃを選び、くり抜くときに怪我をしないように気をつけ、完成後は出来るだけ乾燥させた状態で保存しましょう。

また、小さなかぼちゃでハロウィンかぼちゃを作って、食卓を彩るとグッとハロウィンらしく過ごせます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ