換気扇の掃除に使う洗剤は?重曹は効果あるの?市販でおすすめなのは?

換気扇の掃除

私は「新年を綺麗なキッチンで迎えたい!」って毎年油でギトギトになっている換気扇を目の前に悪戦苦闘していたものです。

いろんな掃除グッズや、通販番組で紹介されるような劇落ち洗剤なんかも試してみました。

そしてついに、「こっ、これは楽チン!!」な掃除法&洗剤を発見してからは、毎年の換気扇掃除が楽しみになってしまいました(^^)

今回は、私が実践している超簡単に換気扇のギトギト油をきれいに掃除出来る方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

換気扇の掃除に使う洗剤は?

とにかく換気扇の掃除で躊躇してしまうのは、あのギトギトの油汚れではないでしょうか?

しかも、換気扇の掃除は相当な重労働で中々きれいにならないのが現実…なんですよね。

多くの方が良くやってしまうのは、洗剤を使って時間を置かずに、こすったり、拭いたりしてしまうことです。

特に、大掃除を行う年末は、冬場で気温が低いため油汚れが固まり、非常に取れにくい状態になっています。この状態で洗剤をつけて力任せにこすったり、拭いたりしても効果は全くと言っていいほどないでしょう。

油汚れには浸け置き作戦!

換気扇を掃除する際の最大のポイントは、ズバリ「漬け置き」です!

換気扇の汚れの多くが「油汚れ」です。油汚れには洗剤を用いるのが一番簡単で効果も高いんですよ!

特に油汚れは、洗剤を用いて分解させることが大事なんです!

その為には、浸け置きが大事なポイントなるのです!

この浸け置き作業をせず、こすったり、拭いたりすると油汚れに対して洗剤の効果が浸透しきれず、結局は油汚れが落ちきれません。

浸け置きの時間っていったいどれぐらい必要なの?

目安は1時間程度(最低でも30~40分程度)が理想的です。

定期的にお掃除してなくて、ガンコな油汚れになっている場合は、もう少し多めの1時間半~2時間程度おくと良いでしょう。

換気扇のこびり付いた油汚れには「アルカリ剤」「溶剤」が配合されている洗剤を使うと良いでしょう。

「アルカリ剤」の特徴は、固くなった油汚れをふやかして分解し、汚れを落とします。
強いアルカリ剤はアルミ製品に使うと腐食するので注意が必要です。

「溶剤」の特徴は、固くなった油を外側から溶かして汚れを落とします。
金属製品に使う場合は錆が出やすくなるので注意が必要です。

お湯と組み合わせる

ガンコな油汚れには、お湯と洗剤を組み合わせるのはとっておきの掃除方法です。

油は性質上、熱くなると溶け、冷たくなると固まります。お湯につけることによって油汚れを溶かしやすくするのです。

「換気扇を浸け置きするほど大きな入れ物なんて家にない…」なんて方もいるかもしれませんが、大丈夫です。どこの家にもあるもので換気扇をお湯につけることが出来る方法があります。

それは、、、「ゴミ袋」です。

換気扇をお湯に漬け置きする方法
  • ゴミ袋(45リットル以上)を2枚以上用意する。
    ※破れても大丈夫なように。
  • 傷つかないように、シンクにタオルなどを敷く
  • ゴミ袋を重ねて広げる
  • 取り外した換気扇(ファンやフィルターなど)をゴミ袋に入れる
  • お湯(40℃~50℃程度)換気扇が浸かるぐらい入れる
    ※お湯の温度が高ければ洗剤の浸透力も高まるので、ガンコな油汚れの場合は温度が高めのお湯を使用するのも効果的です。
    ※温度が高いお湯は、温度の高いお湯を使うと火傷の可能性も高くなるので注意しましょう。
  • 洗剤を入れ、ゴミ袋の口を絞める
    ※洗剤は多めに入れるのが良いでしょう。
  • 一定時間浸けておく
  • 中身を取り出し、洗剤をつけたスポンジで洗う
  • お湯で絞った雑巾で汚れをふき取る
    ※水で拭くと油が固まり、取りにくくなるため

換気扇のファンを止めているネジは通常とは逆(時計回り)になっていることがほとんどですので、無理に回さないように気をつけましょう。

換気扇の掃除に使う洗剤で重曹は効果があるの?

「掃除をするときに重曹がいいと良く聞くけれどホント?」と思われる方もいらっしゃいます。
重曹は掃除にも多く使われており、環境にも優しくおすすめです。

スポンサードリンク

重曹とは天然の無機物質でまたの名を「炭酸水素ナトリウム」ともいいます。人間の体の中にもある物質なので、環境に優しく、口に入れても安全なので、お料理やスキンケアなどにも使われる優れものです。

重曹は、水に溶かすと弱アルカリ性となるので、酸性の油汚れを中和して浮かしてくれます。

また、重曹はお湯に溶かすと強アルカリ性の「炭酸ソーダ」に変化しますので洗浄能力もアップします。

重曹を沸騰させて「炭酸ソーダ」を作ることも出来ますが、アルミ製品を使うと変色したり、腐食したりしますので、お湯に溶かすことをおすすめします。

「炭酸ソーダ」は強アルカリ性なので、人間の皮脂なども溶かしてしまい手荒れの原因になりますので、作業する場合は、必ずゴム手袋などを着用しましょう。

上記にご紹介した浸け置きの洗剤としても非常に効果があります。
割合としては、お湯:重曹=10リットル:1カップ を目安にしてください。

重曹で浸け置きする場合は、浸け置き時間は半日(一晩)程度と長くする方がおすすめです。

ガンコな油汚れの場合には、重曹の割合を増やして対応するのもおすすめです。汚れの程度によって重曹の量を調整してくださいね。

重曹は、油汚れを溶かすのに少し時間が掛かってしましますが、環境に優しく、非常に安価(100均などでも)で購入できるのでおすすめです。

換気扇の掃除に使う洗剤 市販でおすすめなのは?

「市販されている洗剤で効果的なのはどれ?」とお探しのあなたにおすすめの洗剤をご紹介します。

私が、「こっ、これは楽チン!!」と発見した洗剤です。この洗剤を使って浸け置きをするととても効果的です!

前章でも紹介した「アルカリ剤」と「溶剤」が配合されているものも販売されており、こちらは即効性もありおすすめです。
また、市販されている洗剤は効果が高いのでガンコな油汚れも効果的に落とすことが出来ます。

ただ、市販されている洗剤は効果が高い分、成分も強いので、肌に触れた場合には肌荒れなど起きやすいので、必ずゴム手袋を着用して、万が一の時のために、メガネをつけて掃除することをおすすめします。

ゴム手袋やメガネを着用するのであれば、「マジックリン」「スーパーブレークアップ」は即効性がありおすすめです。

>>>【楽天市場】マジックリンはコチラ

>>>【楽天市場】スーパーブレークアップはコチラ

また、電解水(pHを変えた水)なども安全性が高いためおすすめです。

おそうじ電解水MAX
>>>【楽天市場】強アルカリ電解水【濃い!pH13.1で楽天最安値に挑戦!】スプレー容器プレゼント中!お掃除スポンジ10枚も付いてくる!頑固な油汚れが楽に取れ二度拭き不要!お水の洗剤だから安全で換気扇汚れ 壁のヤニ取り 送料無料!【おそうじ電解水MAX 2リットル】(03)

まとめ

年末の大掃除を簡単にきれいに終わらせて、気持ちの良い新年を迎えましょうね!!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ