岸和田だんじり祭りの日程は?やりまわしの時間や見れる場所は?

だんじり祭り

9月の有名な祭りの一つとして大阪府岸和田市で行われる「岸和田だんじり祭り」があります。

岸和田だんじり祭りは、勇猛果敢、血気盛んなどのイメージがありますが、「だんじり」と呼ばれる地車(関東では山車(だし)と言われます)を豪快方向転換させる「やりまわし」が一番の見どころであり、とても熱い祭りです。

非常に迫力のある祭りですので、人生に一度は見てみたい祭りの一つではないでしょうか?

今回は、「岸和田だんじり祭り」の日程や、やりまわしの時間、見る場所などを紹介します。

スポンサードリンク

岸和田だんじり祭りの日程は?

岸和田だんじり祭りは、9月に行われる祭りですが、実は10月にも開催されます。

9月は、「敬老の日」直前の土曜日が「宵宮」と日曜日が「本宮」で開催されます。

10月は、「体育の日」直前の土曜日と日曜日に開催されます。

日程

  • 2015年9月19日・20日、10月10日・11日
  • 2016年9月17日・18日、10月8日・9日
  • 2017年9月16日・17日、10月7日・8日
  • 2018年9月15日・16日、10月6日・7日
  • 2019年9月16日・17日、10月12日・13日
  • 2020年9月19日・20日、10月10日・11日

と開催されます。

元々、敬老の日(9月15日)「本宮」で、前日(9月14日)「宵宮」でしたが、2003年に祝日法改正(ハッピーマンデー制度の導入)で祭りの観客動員数の減少や、曳手の不足(9月15日が平日になったため)などの理由から、2006年から「敬老の日」(9月の第3月曜日)直前の土曜日と日曜日に日程が変更されました。

スポンサードリンク

岸和田だんじり祭りでは、「試験曳き」といわれるリハーサルも行われます。本祭よりは、ゆっくりと観れます。

岸和田だんじり祭りのやりまわしの時間は?

「やりまわし」とは、岸和田だんじり祭りでのメインイベントも言われる「だんじり(地車)」豪快な速度で方向転換をさせることです。

岸和田のだんじり祭りで「やりまわし」を見ないと楽しさが半減するといっても過言でないイベントです。

「宵宮」

 6:00~ 7:30 曳き出し
 9:30~11:30 午前曳行
13:00~17:00 パレード・午後曳行
19:00~22:00 灯火入れ曳行

「本宮」

 9:00~12:30 宮入り
13:00~17:00 午後曳行
19:00~22:00 火入れ曳行灯
となります。

灯火入れ曳行(ひいれえいこう)とは、だんじりに提灯をさげて夜の町をゆっくりと巡行することです。

岸和田だんじり祭りの見る場所は?

岸和田だんじり祭りを楽しむ(見る)ための場所ですが、

やりまわしを見る

  • 大阪臨海線岸和田港交差点(通称:カンカン場)
  • 岸和田駅周辺の商店街
  • 小門・貝源(若蓮本部前)
  • 堺口門跡・内町門跡の枡形
  • 岸和田市役所前・小半坂(通称:コナカラ坂)
  • 蛸地蔵駅

などが有名スポットです。

人でごった返すため、近くで見るなら早めに場所取りしないと厳しいかもしれません。

だんじりを見る

  • 久米田駅周辺
  • 東岸和田駅周辺
  • 大阪臨海線の北側

などです。

また、有料観覧席などもあります。
コチラは前売りのみで当日券はありませんので、岸和田だんじり祭りを見に行く予定を立てている人は、利用するのがお得です。

まとめ

毎年50万人以上の観覧者が訪れる「岸和田だんじり祭り」です。
迫力のある「やりまわし」を見たいと思う方は、早めに場所取りをして下さい。

出遅れてしまいますと、人混みに紛れて見れないこともあるようです。
しかし、そんな苦労も「やりまわし」の間近で見ると吹き飛ぶほどの
迫力と熱気があるはずです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ