秋の花粉症の症状は?原因と対策はコレ!

秋の花粉症

秋が深まってくると「なんだか、体がだるいわ…風邪かも」なんて感じることがありませんか?

もしかしたら、その症状は風邪ではなく「花粉症」かもしれません。

花粉症は、春に流行する「スギ・ヒノキ」のイメージが強いですが、秋にも花粉症は発症する方は年々増えています。

今回は、秋の花粉症の症状や原因、対策にについてご紹介します。

スポンサードリンク

秋の花粉症の症状は?

秋になってくると、昼と夜の寒暖のさが大きくなる季節ですので、体調を崩してしまう方も多く、私のそのうちの一人です。

「ただの風邪と思って薬を飲んで、安静にしていても一向に楽にならない」なんてことはありませんか?
その場合は、ただの風邪ではなく「花粉症」のせいかもしれません。

秋の花粉症は、風邪の症状と似ているといわれています。さらに、昼と夜の寒暖の差が大きくなるため風邪引いたと勘違いされる方も多いのです。

秋の花粉症の症状は、

  • 目のかゆみ、腫れ、充血など
  • 鼻水、鼻づまりなど
  • くしゃみ
  • 頭痛
  • 喉のかゆみ、痛み、咳き込むなど
  • 皮膚のかゆみ

などがあげられます。

花粉症と風邪の症状を見分け方は?

本来は、医師の診断を受けるのが良いのでしょうが、「ただの風邪であれば市販の薬などで症状を抑えたいわ」と思われる方に簡単な症状の違いをご紹介します。

花粉症の場合

  • 鼻水は水っぽい
  • 目のかゆみ、充血がみられる
  • 発熱はない(あっても微熱)
  • 食欲は普通にある
  • 晴れの日に症状がひどくなる
  • 症状のでる期間が長い(数か月程度)、または、繰り返される

風邪の場合

  • 鼻水は粘りっぽい
  • 目のかゆみ、充血はない
  • 発熱がある(高熱)
  • 食欲がない
  • 天候は無関係
  • 症状のでる期間は短い(1週間程度)

鼻水の質や、目のかゆみ、天候によっての症状の違いが見分けるポイントになりますので、「あれ?」と思われた方は是非セルフチェックしてみてください。
花粉症の場合は、風邪薬を服用しても効果はありませんので気をつけましょう。

秋の花粉症の原因は?

上記のセルフチェックで「風邪ではなく、花粉症かも」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

秋の花粉症の原因として、挙げられる植物は、「ブタクサ」「ヨモギ」「カナムグラ」がほとんどです。

また、夏の暑さのために生育が早まった「スギ花粉」が飛散する場合もありますので、猛暑が続いた場合は注意が必要です。

ブタクサ
ブタクサ(豚草):キク科の一年草
道端、空き地、河川敷などに全国に広く分布し、秋の花粉症の代表的な原因で、春のスギ、ヒノキに次いで花粉症患者が多い雑草です。
アメリカでは、ブタクサによる花粉症患者が一番多いため旅行に行く際は注意が必要です。

ブタクサの花粉は、スギ花粉に比べてその粒子が小さいため、気管に入り込みやすいのが特徴です。咳が止まらなくなると咳喘息にもなりますので注意が必要です。

ヨモギ
ヨモギ:キク科の一年草
汁物や、てんぷらなどに使われたり、お灸や薬用としても利用されることの多いヨモギですが、繁殖力が強く、平地から高山まで全国に広く分布しているため、ブタクサと並び、秋の花粉症の代表的な原因の雑草です。

カナムグラ:アサ科の一年草
日当たりの良い野原や荒れ地、道端や堤防など、全国に広く分布しています。
花粉症の原因としての頻度はあまり高くないのですが、秋の花粉症の原因となる雑草です。

スポンサードリンク

秋の花粉症の対策はコレ!

花粉症の原因は、何となくでもわかって頂けたでしょうか?

「原因も大事だけど、秋の花粉症での対策を教えて!」という声も聞こえてきそうですね。

秋の花粉症の原因でもあるブタクサヨモギなどは、河川敷や堤防、空き地、草むらの生えた場所などに生息していることが多いので、極力そういった場所には近づかないようにしましょう。

また、河川敷や堤防の草刈を行っている時は通常よりも花粉が飛散しているので注意が必要です。

そして、花粉症に悩まされないためには、症状が発症する前に、花粉を目や鼻、口などの粘膜に付けないようにするのが最も有効的です。

  • マスクをつける
    鼻や口の粘膜に吸着しないようにしましょう。また、メガネかけたり、アウターなどはツルツルした素材のものが良いでしょう。
  • 帽子をかぶる
    髪の毛につく花粉を防ぐのに有効です。髪についた花粉払うのは難しいものです。
  • 服をはたいて花粉を落とす
    家の中に花粉を持ち込まないように、玄関先でも良いので服をはたいて花粉を落としてから部屋に入りましょう。
  • うがいや洗顔を行う
    顔や目についた花粉や、吸い込んだ花粉を洗い流しましょう。また、シャワーを浴びるなども効果的です。
  • ドアや窓を閉める
    家の中に飛散してこないように、ドアや窓などは極力閉めておきましょう。
  • 掃除をこまめにする
    花粉の侵入を100%防ぐことは出来ません。こまめに掃除やふき取りを行うことで室内の花粉の量は激減します。
    また、他のアレルゲンへの対策にもなり、非常に効果的です。
  • 空気清浄機を活用する
    空気清浄機は非常に効果的です。花粉だけでなく他のアレルゲンや風邪の対策にもなります。

    加湿機能が付いたものがおすすめです。
    乾燥によって口や鼻の粘膜の機能が低下しますので、加湿などで水分を補うことが効果的です。

ダイキン 光速ストリーマ
★花粉対策に 空気清浄機 DAIKIN 加湿ストリーマ空気清浄機 TCK70R-W ホワイト PM2.5対応★

即効性のある対策は?

目がかゆい場合

目を洗うことは、花粉や埃を取るのに非常に有効的です。
市販されている人口涙液などを使いましょう。

水道水は、目を保護している涙も洗い流し、目の細胞を傷つけてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

どうしても我慢できない場合は、冷たい水で絞ったタオルを目に当てて冷やしてください。かゆみが緩和されます。(※個人差があります。)

鼻が出る場合

鼻水が止まらない場合は、鼻うがいも効果的です。
市販されている専用液などを使うか、体液に近い生理食塩水を使って鼻の中についた花粉や埃を取り除きます。

水道水は、塩素が含まれているため鼻の粘膜を傷つけ、痛みの原因にもなりますので気をつけましょう。

また、鼻をかみ過ぎることによって肌が荒れてしまうこともあります。
その際は、ワリセンなど副作用のない油分をつけて保護しましょう。

乳液などは傷にしみる場合がありますので避けた方が良いでしょう。

市販されている保湿ティッシュを使用するのも良いでしょう。

まとめ

花粉症になってしまうと、目のかゆみや、鼻水、くしゃみなどが止まらず、普段の生活にも支障が出ることも多いものです。

今回ご紹介したものは、私が発症した場合に行っているもので、個人的に症状が軽減できたと感じている方法ですので、おすすめさせて頂きました。

少しでも、花粉症の軽減にお役に立てれば嬉しいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ