敬老の日の由来と意味は?その歴史は?何歳から祝うの?

敬老の日由来

国民の祝日の一つに【敬老の日】があります。

おじいちゃんやおばあちゃんの日っていうイメージがありますが、何歳からおじいちゃんで、おばあちゃん何でしょう?

孫がいてたら?年齢?そもそも、敬老の日の対象者ってどんな人?など普段は気にしないことでも、色々なはてな?が出てきます。

今回は【敬老の日】ってどんな日?について紹介します。

スポンサードリンク

敬老の日の由来と意味は?

「敬老の日」1965年に国が法律(祝日法)で定めた祝日で、「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」目的で定められています。

また、若い世代の人達に、高齢者の方の福祉について関心を深めもらい、高齢者の方の生活向上へ努力するようにとの思いを込めた気持ちもあります。

敬老の日の発足と由来

1947年に兵庫県多可郡野間谷村の村長の門脇政夫と、助役の山本明の2人が「年寄りを大事にし、長年の経験と知恵を借り村作りをする」とし、その年の9月15日「としよりの日」とし、敬老会を発足したのが始まりとされています。

では、なぜ9月15日を「としよりの日」にしたのでしょう?

その理由は、593年に聖徳太子が大阪の四天王寺を設立した際、四箇院(しかいん)の制を制定し、今の孤児院や老人ホームのような役割を担っていた「非田院(ひでんいん)」を設立したのが9月15日だったと言われています。

四箇院とは

  • 「敬田院(けいでんいん)」…現在の寺院のこと。
  • 「施薬院(せやくいん)」…現在の薬局のこと。
  • 「療病院(りょうびょういん)」…現在の病院のこと。
  • 「非田院」…現在の孤児院や老人ホームのこと。

また、717年(霊亀3年)9月中旬に時の天皇(元正天皇)が「養老の滝」伝説の地・菊水泉を訪れ、『醴泉は、美泉なり。もって老を養うべし。蓋し水の精なればなり。天下に大赦して、霊亀三年を改め養老元年と成すべし』とし、年号が変わる程の感銘を受けた日として、9月15日を「としよりの日」としたとも言われています。

スポンサードリンク

敬老の日の歴史は?

上記でも書きましたが、1965年国民の休日として「敬老の日」が定められましたが、「敬老の日」の基となる「としよりの日」発足は1947年です。

この18年間で全国に広がり、国民の祝日になるまで様々な紆余曲折がありました。

1947年に野間谷村で始まった「としよりの日」3年後の1950年に兵庫県全体に広がり、すぐに(1951年)全国にも広がりました。その年(1951年)に中央福祉協議会が、「としよりの日」として全国で定めましたが、「としより」という表現が悪いと言うことで日本各地で議論が起こり、1963年の老人福祉法の制定に基づき「老人の日」と改称されました。

また、「老人の日」と言う表現も良くないと言うことで、1965年に「敬老の日」として国民の休日に定められました。

現在の「敬老の日」は何日?

現在「敬老の日」は、9月15日ではなく、9月の第3月曜日になっています。

これは、2001年(平成13年)の祝日法改正(ハッピーマンデー制度)の実施により2003年(平成15年)から、今の9月の第3月曜日になりました。

ちなみに、ハッピーマンデー制度の実施後の「敬老の日」は9月15日でした。これは、単なる偶然です。

敬老の日は何歳から祝われる?

「敬老の日」は、「多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日ですが、老人とはいったい何歳からなんでしょう?

高齢者(老人)の定義として、WHO(世界保健機関)で65歳以上の人を高齢者と定めています。

また、老人福祉法でも65歳以上以下かで判別する法令も多数あります。

これらの事から、一般的には65歳を過ぎると高齢者とされ、「敬老の日」で敬われると考えてもよさそうです。

しかし、65歳を過ぎても元気なおじいちゃんや、おばあちゃんもいらっしゃいますし、65歳以下でも、お孫さんがいたりすると変わってきますよね。

ですから、老人は何歳からと決めつけず相手によって変えるることが本当に敬う気持ちの表れかもしれませんね。

まとめ

「敬老の日」はお祝いと言うよりも、高齢者を敬う日として考えた方が良いですね。日頃からの感謝の気持ちを何かで表してみてはいかがでしょうか?

因みに今年(2015年)の「敬老の日」は9月21日です。
今年は9月19日(土)~23日(水)まで連休(シルバーウィーク)になります。

おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に旅行など計画されてはいかがですか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ