香典の相場金額は?書き方のマナーや連名の場合は?

香典の相場

身近の方(親族や知人など)に不祝儀があった時、香典を渡す風習が日本にはあります。

お香典は、お線香・焼香に使う抹香や花の代わりに故人の霊前に供えるものですが、遺族に対して急なご不幸による出費に対する助け合いの意味でもあります。

また、香典は「香奠」とも書きます。故人の霊前に供える【香木(こうぼく)】を指していましたが、現在では香のかわりに包む金包みを指す言葉になりました。

今回は、香典の金額も含め書き方などのマナーや連名の場合についてご紹介します。

スポンサードリンク

香典の相場金額は?

香典を用意するとき、親族、友人、知り合いなど、故人との付き合いの度合いで異なるものですので、いくら包むのが良いのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?。

香典での相場金額については、故人との関係や付き合いの深さ、自分の立場などを考慮して決めることが大事です。

一般的な香典の相場金額は下記の通りです。

  • 両親:50,000円~
  • 兄弟・姉妹:50,000円~
  • 祖父母:10,000~50,000円
  • 叔父・叔母:10,000円~
  • その他の親族:10,000円
  • 友人・知人:5,000~10,000円
  • 友人・知人の家族:5,000~10,000円
  • 勤務先の上司:3,000~10,000円
  • 勤務先の同僚:3,000~5,000円
  • 勤務先の部下:3,000~10,000円
  • 勤務先社員の家族:3,000~5,000円
  • 取引先関係:5,000~10,000円
  • 隣・近所:3,000~5,000円

基本的に不祝儀や祝儀の時の金額は、偶数を避けるのが基本になります。

これは、「四、九」が「死、苦」につながり、偶数は割り切れる数字であることから、「割る、切れる」に通じる「忌み言葉」とイメージが強く昔から避けられていました。

また、不祝儀袋に新札を入れるのも避けましょう。「まるで亡くなるのを待っていた(用意していた)」ようなイメージを与えてしまうので新札はNGです。

どうしても新札しか用意できないような場合や古びたお札は気が引けるのであれば、新札に折り目を付けてから包みましょう。

基本的には、自分と故人との関係が深かったり自分の年齢が高いほど、多く包むのが一般的です。

また、故人が世帯主(家長)など、家計を支える立場であった場合などにも、金額は多めに包むのがマナーです。

香典の書き方のマナーは?

香典の書き方は、宗派によって変わることが多いので厳密にするのであれば非常に難しいものなのですが、代表的に使われる香典の書き方をご紹介します

香典の水引は、白黒双白双銀などの「結び切り」を用います。

また、表書きには、涙で墨が薄まったという意味の薄墨を使うのがマナーです。

香典の表書き一覧

仏式
  • 御霊前
  • 御香料
  • 御香典
  • 御仏前(※葬儀後に使います。)

蓮の花がついている不祝儀袋は「仏式」以外には使えませんので注意が必要です。

神道
  • 御霊前
  • 御玉串料
  • 御榊料
  • 御供物料
キリスト教
  • 御花料
  • 御霊前

一般的によく使われることが多いのは「御霊前」ですので、これだけでも覚えておくと、いざと言うときに役に立ちます。

不祝儀袋の中袋は、表書きには「金額」、裏書きには「住所・氏名」を書きます。

表袋と中袋は別々に管理することが多いので、表袋に住所を書いたとしても、中袋にも再度書くのがマナーです。

金額を記入するときは、漢数字を用いるのが基本です。

スポンサードリンク

数字は「壱・参・伍・七・拾」で書きます。(※偶数(拾を除く)、九は縁起が悪いため、原則使いませんので省略します)

「万」「萬」と書き「円」「圓」「千」「仟」と書きます。

また、中袋の表書きの金額には「也」をつけませんので注意しましょう。

例 〇→「金伍仟圓」 ×→「金五千円也」

香典の書き方で連名の場合はどう書くの?

香典の書き方の例

表書きの上段中央に、「御霊前」など(上記で紹介した表書き)を書きます。※どの場合でも変わりません。

個人の場合は?

下段中央に氏名(フルネーム)で書きしょう。※また、姓だけでもOKです。

香典_個人

夫婦の場合は?

下段中央に夫の氏名(フルネーム)を書き、その左側(夫の名前と並べて)に名前のみを書きます。

香典_夫婦

2~3名の連名の場合は?

下段の中央にバランスよく氏名を並べて書きます。
基本的には右側は目上の方(年齢・先輩・上役など)を書きます。
友達同士などでは、順不同でOKです。

連名にする場合は3名までは、並べて書くのが一般的です。

香典_連名

3名以上の連名の場合は?

下段中央に、代表者名を書き、「外一同(他一同)」と左側に書きます。

他の人の名前は中袋に書くのが一般的です。

香典_外一同

香典の中袋の書き方

中袋の表側に金額を書きます。そして裏側に自分の住所・氏名を書きます。

市販されている中袋に金額・氏名の記入欄がある場合はそこに書き入れて構いません。

香典の中袋には封(糊付け)をしないのが一般的です。(喪家の方が管理しやすいようにするためです。)

紙幣を入れる時にも注意が必要です。紙幣の表(肖像)を下向けにし中袋の裏面に向けてお札を入れるようにしましょう。

香典_向き

お金の向きなどが分からない場合は、少なくともお札の向きは揃えるようにしましょうね。

まとめ

突然の訃報に動揺してしまうこともありますが、通夜や告別式に出席する時、遺族や親族に失礼のないように、基本的はマナーを身に付けておきたいものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ