インフルエンザの潜伏期間とは?潜伏期間でも感染するか?

インフルエンザ潜伏期間
先日、一緒に飲んだ友人からLINEで「インフルエンザ発症(T_T)気を付けてね!」と送られてきました。

それを読んで思わず「えっ!?」と、いう驚きや心配と同時に、「自分は大丈夫なのかな?」という不安も抱きました。

友人がインフルエンザを発症するほんの2日ほど前に会って飲んだりしていたことを考えると、「もしかしたら、自分も・・・。」と色んな想像が・・・。

どうしても休めないような大事な時期の場合、余計に敏感になってしまいます。

よく言われる「インフルエンザの潜伏期間」とは一体どんなもので、その期間に接触した場合には感染などするのでしょうか?
>>>その他のインフルエンザのお役立ち情報や予防法、対策法の詳しい情報はコチラもご覧ください!

スポンサードリンク

インフルエンザの潜伏期間とは?

一般的に「潜伏期間」とは、「潜伏期」とも言われ、病原体に感染してから体に症状が出るまでの期間のことを言います。

この「病原体」というのが、代表的なものとして、インフルエンザウイルスやノロウイルスなどといったウイルスなどを含む病気を引き起こす微生物などを指します。

潜伏期間といっても、その期間はそれぞれの病原体の種類によって異なるのが現実です。

典型的なインフルエンザは、ウイルスの感染を受けてから1~3日間の短い潜伏期を経て、38度以上の高熱や頭痛、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感などの症状があらわれるのが一般的です。また、場合によっては1週間ほどの潜伏期間を持つものもあるとされています。

インフルエンザの潜伏期間は、すでに感染している状態

上記のように「潜伏期間」とは、表立った諸症状が出ていないだけで、体内ではもうすでに病原体に感染はしている状態なのです。

ですので、例えば数日前に会ったAさんがインフルエンザになった時点で、自分も感染していると思ったほうがいいでしょう。

また、インフルエンザが流行するシーズンは、あらゆるところにインフルエンザウイルスが存在し、感染する可能性が高くなります。

主にインフルエンザウイルスなどは下記のような経路で感染すると言われています。
  • 飛沫感染
    咳やくしゃみなどによって放出されたウイルスを直接吸い込むことによって感染するもの。
  • 接触感染
    ウイルスが付着したものを触った手で、目や鼻や口などに触れることによって感染するもの。
  • 空気感染
    ウイルスを含む細かい粒子が空気中をただよい、この粒子を直接吸い込むことによって感染するもの。

上記のように、常に24時間無菌室などでもない限り、感染経路を完全に絶つことは非常に困難と言わざるを得ません。

家族や職場、学校はもちろん、電車や車、スーパーやコンビニなど、生活するそのほとんどの場所や接する人がインフルエンザの「感染源」とも言える可能性があるのです。

>>>その他のインフルエンザのお役立ち情報や予防法、対策法の詳しい情報はコチラもご覧ください!

スポンサードリンク

インフルエンザは潜伏期間でも感染するか?

もうお分かりかもしれませんが、答えは「YES」です。

潜伏期間と言っても、インフルエンザウイルスに感染している状態ですので、その期間中に接触した人にうつしたりすることはよくあります。
また、インフルエンザシーズン中は、いろんな場所や人から感染する機会が数多くあるため、すでに自分の体の中にウイルスが潜伏している可能性が高いことを認識しておくことも大切です。

インフルエンザの潜伏期間中の感染力は?

通常、体内に侵入したウイルスは、気道や肺に付着して20分ほどで細胞内に到達します。そして、その後のウイルスの増殖はかなり速く、侵入した1個のウイルスが瞬く間に増殖を繰り返し、1日程度の期間で数百万個の数にまで増殖すると言われています。

このウイルス増殖の速さがインフルエンザウイルスの特徴でもあり、シーズンになると一気に感染者が増加するのもこのためです。

「もしかして!」と思った時には、すでに体内で一気にウイルスの増殖が始まっていて、対策しようとした時には高熱を発症してしまうといったケースがほとんどと言っても過言ではありません。

感染力は発熱してから3日目にピークを迎え、発熱から3日間のこの期間が最も感染力が強いと言われています。

では、それ以前の潜伏期間中の時の感染力はどうなのでしょう?
潜伏期間中の感染力は、上記の発症後ほど高くはありません。

ですので、自覚症状がないまま知らないうちに発症を抑えられているケースも多くあるのです。

また、「潜伏期間中は、自覚症状がほとんどない」という厄介な時期なだけに、自分が感染したウイルスを他の人にうつしている可能性もよくあります。

「潜伏期間中は、自覚症状がほとんどない」というところに感染が拡大する要因があります。

ですので、インフルエンザが流行し出したら、自分も常にインフルエンザウイルスを持っていると認識し、予防や対策をしっかりと講じることで、自分はもちろん、周りに対してもケアできますので、まずは、しっかりと認識することが大切になります。

まとめ

インフルエンザは潜伏期間中も、ウイルスには感染していますし、いつ発症してもおかしくない状態です。

ですが、発症後ほど感染力は高くないですので、インフルエンザのシーズン中は、常に、予防や対策を心掛けておくことでその症状を未然に防げたり、または軽度に抑えることも可能ですので、まずはしっかりとした認識を持ってインフルエンザ対策を行うことが大切なのかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ