おみくじで凶が出たらどうする?引いた後はどうするのが正解なの?おみくじマナーをご紹介!

初詣に出かけたら、今年の運勢を占うためにも「おみくじ」を引いてしまいませんか?

「大吉」をひくと、今年も幸先よく気持ちのいいスタートを切ることができますが、「凶」を引いたときには、一緒に初詣に来ているパートナーや友達に笑われたり、なんとなく可哀そうな感じで接せられたり、幸先の悪いスタートになってしまうものです。

でも、おみくじの「凶」ってそんなに悪いものなのでしょうか?

おみくじ

今回は、おみくじで凶が出たらどうするべき?おみくじは引いた後どうするのが正解なの?などおみくじについての豆知識やマナーなどをご紹介します。

スポンサードリンク

おみくじで凶が出たらどうする?

おみくじを引いたときに、1番気になるのは「大吉」や「吉」「凶」など自分が引いたおみくじの良し悪しですよね。

「大吉」はとても良くて、「凶」は悪いということはほとんどの方が知っていますが、「小吉」や「末吉」、「半吉」などはどれぐらいなの?なんて疑問に思うことありませんか?

まずは、おみくじの基本でもあるおみくじの良い悪いの順番をご紹介しておきますね。

おみくじの順位はどうなってるの?

神社で引くことができる一般的なおみくじは、7段階のものと12段階のものがあります。

7段階のおみくじの順位は、

大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶>大凶
の順番になります。

また、12段階のおみくじの順位は、

大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶

の順番になります。

「吉」よりも「小吉」の方が上位にあるのは以外じゃなかったですか?

ただし、上記でご紹介した吉凶の順位は一般的なものですので、神社によって多少変わる場合もあります。

とわかるように、やはり「凶」「大凶」は運勢が悪いとなってしまいます。

しかし、おみくじで一喜一憂する気持ちはすごくわかりますが、「凶」が出たからといって、今年の運勢がものすごく悪くなるというわけではありません

なぜなら、おみくじは、神様から今年の指針を示すメッセージであり、占いでは無いからです。

もちろん「大吉」は良い運勢なのですが、反対に「今が一番いい時なので、気を引き締めてこれを維持するか、気を抜いたら落ちてしまう」なんて意味を持つこともあります。

また、「凶」を引いた場合は、「今が一番悪い時、おみくじに書かれている指針に従い生活すると、後は上がるだけ!」と前向きに捉えることが大切なんです。

という風に考えると「凶」を引いたとしても必ずしも落ち込む必要はないですし、「大吉」を引いた方が気を引き締めなければならないかもしれないんです。

なので大事なのは、吉凶ではなく、おみくじにかかれている内容なのです。

おみくじに書かれている意味は?

ついついおみくじの「吉凶」だけに目を向けがちですが、大切なのはその【内容】です。

しかし、分かりやすく書かれているおみくじもありますが、少し「どういうこと?」と理解しにくい言葉なども書かれていることも多いので、おみくじに書かれている意味についてご紹介しておきますね。

まず最初に、漢詩短歌が書かれていことが多いと思います。

これは、おみくじを作ったとされる元三慈恵大師良源上人が、偈文(げもん)と言われる仏や菩薩を称えた文章に番号を割り振ったことが由来しています。

元々は、国の祭政に関することなど、神様の意思を占うためだったものが、庶民に広がったとされています。

漢詩や短歌はその名残で、ありがたい神様のアドバイスとして現在も載せられているのです。

次に、一般的なおみくじに書かれている「待ち人」や「失せもの」などの内容に付いてご紹介します。

スポンサードリンク
  • 【待人】(まちびと)
    恋愛や人生など「あなたにとって良い方向導く人」のことを意味しています。
    また、どの様に現れやすいかも示していることが多いです。
  • 【失物】(うせもの)
    言葉通りの「失くしもの」を意味します。
    失くしものが、見つかるのか見つからないのかや、どうすれば見つかるのかなどアドバイスが書かれています。
  • 【旅立】(たびだち)
    言葉通り「旅行」などを表す言葉です。
    旅行に行く予定のある人はよく確認しておいた方がいいですね。
  • 【相場】(そうば)
    株式など投資相場を表す言葉です。今後の指針を表しています。
  • 【争事】(あらそいごと)
    他人との喧嘩など些細なことから大きなことまで幅広く、人との対立を意味しています。
  • 【転居】(やうつり)
    言葉通り「転居」「引越し」を表す言葉です。
    引越しするのにいい方角などのアドバイスが書かれています。
  • 【出産】(しゅっさん)
    出産に関する運勢を示します。産前産後のアドバイスなども書かれてる場合があります。
  • 【病事】(やまいごと)
    「病気」についての事を表します。
    悪いことが書かれていた場合は、生活習慣などを見直して、健康に気をつけた方がいいかもしれません。
  • 【縁談】
    あなたの恋愛や結婚などの運勢を示します。
    出会いなどのアドバイスが書かれています。
  • 【造作】(ぞうさく)
    「家を建てる」「リフォーム」などを表す言葉です。家を建てる予定やリフォーム予定があるときは注意して確認した方がいいですね。
  • 【土木】(どぼく)
    「家を建てる」「リフォーム」などを表す言葉です。【造作】を近い意味を持ちます。
  • 【便り】(たより)
    「連絡」「手紙」などを表す言葉です。今では「電話」や「メール」なども含まれるかもしれませんね。
  • <訓>(くん)
    「教える」「物事の意味を説く」「教訓」などを意味する言葉です。
  • <抱人>(かかえびと)
    本来の意味は「使用人」や「雇い人」ですが、今では「部下」や「社員」など意味の方が近いかもしれません。
  • <障り>(さわり)
    「問題」「障害」といった意味の言葉です。
    この言葉が出てくるときは、何かしら悪いことが起こることを暗示していますので注意が必要です。
  • <職>(しょく)
    「仕事」や「職業」を表す言葉です。
  • <平>(たいら)
    「平凡」など吉凶もなく平穏な言葉です。
    ただし、神社やお寺によって違う意味で使われることがあります。
  • <改めかえる>(あらためかえる)
    方向転換や一新することを勧めている言葉で、今の生活や行動を見直す必要があります。
  • <出ず>(いず)
    言葉通りの「出る」や「発生する」「現れる」といった意味です。
    【失物】の内容によく出てくる言葉です。
  • <出でず>
    「出てこない」という意味の言葉です。
  • <出ずべし>
    「おそらく出てくるだろう」という少し曖昧な言葉です。
  • <走り人>(はしりびと)
    「失踪者」「消えた人」という意味を持つ言葉です。
  • <本復>(ほんぷく)
    「元に戻る」という意味の言葉です。病気が回復したり、地位や名誉などが戻ってくるなど幅広い意味で使われます。
  • <安し>(やすし)
    「特に問題ありません」「安心」という意味の言葉です。
  • <よろし>
    「良い」という意味の言葉です。この言葉が出てくると安心できますね。
  • <さわがず>
    「動揺する」「思い乱れる」「うろたえる」「慌てふためく」など平穏ではない運勢を示しています。

おみくじを引いたら出た「吉凶」で一喜一憂する気持ちはすごくわかりますが、おみくじは占いではなく「神様からの今年1年の指針を示すメッセージ」ですので、内容を確認して、悪いところは気をつける、良いところは気を抜かないなど前向きに捉えて1年を過ごすようにして下さいね。

おみくじを引いた後はどうするのが正解なの?

おみくじを引いて中身を確認した後、そのおみくじをどうしてますか?

スポンサードリンク

多くの人は「境内にある木」や「おみくじを結ぶ専用の場所」に結んで帰る方や、「持って帰る」という方もいると思います。

「大吉」ときは持って帰って、「凶」など悪い時は結んで帰るなんておみくじを引いた後は人それぞれだと思います。

では、なぜ人によってバラバラになったのでしょう?

神社やお寺の木にむすんで帰るのはどんな意味があるのでしょう?

また、持ち帰るのはどんな意味があるのでしょう?

おみくじを木に結ぶのはなぜ?

おみくじを神社やお寺の境内ある木や専用場所に結ぶのは、「結ぶ」という行為に意味があり、「神様と縁を結ぶ」と考えられているからです。

神様や精霊は木に宿るとされ、木におみくじを結ぶことで「神様や精霊との縁を結んだり、木のもつ生命力の高さにあやかり願事が結ばれますように」という意味が込められているからです。

尚、おみくじを結ぶときにひとつ注意するポイントがあります。

それは、【おみくじをひねったり、縦結びにしない】ようにすることです。

特に、縦結びは死者の装束(しょうぞく)に使われる結び方ですので、大変失礼にあたりますので気をつけてくださいね。

また、最近では、境内の木を傷つけたり、生育の妨げにならないようにおみくじを結ぶ専用の場所が設置されていることが多いので、おみくじを結ぶときはこちらを利用するようにして下さいね。

おみくじを持ち歩くのはなぜ?

上記でもご紹介しましたが、おみくじは「神様からのメッセージ」です。

これは、吉凶に関わらず【神様から頂いたものは身に着けて大切に持ち歩く】という考えから来ています。

また、おみくじは神様が今年1年の指針を示してくれているメッセージですので、良いの場合はお守りとして、悪い場合は、時々おみくじを見返して自分の生活を戒めるために持ち歩くようにするのがいいとされています。

そして、来年の初詣などで新しく引いたおみくじを持ち歩き、昨年のおみくじを結んで帰るようにします。

実際には、「境内に結すぶ」「今年の指針として持ち歩く」もどちらが正解とは言えないのが現状です。

実のところ、どちらを選ぶかはあなた次第なんです。

ちなみに、私は後者の「持って帰る」派です。1年の間に何回も見返すことはないのですが、それでも1回か2回は、財布の整理をしたときなどに読み返し「そーだった、気をつけなければ…」と心新たにする機会があるからです。

そして、古いおみくじは、去年の感謝を伝えて神様にお返しするために境内に設置されてある専用の場所に結んで、新たにおみくじを引いて財布の中に入れて帰るようにしています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、おみくじで凶が出たらどうするべき?おみくじは引いた後どうするのが正解なの?などおみくじについての豆知識やマナーなどをご紹介しました。

毎年、引いているおみくじも意味などを知ると今までとは違って、心の支えになってくれます。

またもし凶を引いたとしても、必ず悪くなるわけではありませんので前向きに捉えて正すべきとことは正して日々を過ごすようにすれば、おのずと運勢も上がってくるのではないでしょうか。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ