出産祝いの相場や時期は?のしは必要?

出産祝い相場
新しい生命の誕生は素敵なものです。

出産という大仕事を終えたお母さんをはじめ、これから新しい人生の歩みを始める赤ちゃん。

その誕生を祝って贈る出産祝いですが、いざ贈るとなると色んな疑問も浮かんでくるものです。

今回は、出産祝いを贈る時に基本となる、金額の相場や贈る時期と熨斗のマナーについてご紹介します。

スポンサードリンク

出産祝いの相場は?

赤ちゃんの無事な誕生を祝う「出産祝い」は、現金の他にも心を込めた品物など贈ることも増えてきています。

現金か品物かは、状況や関係に応じて適宜対応するのが望ましくどちらを選んでも失礼ではありません。

本来、出産祝いは内輪のお祝い事ですので、あまり高価なものは避け、金額も1万円程度を限度とした相場が一般的となっています。

あまり高額な金額や品物を贈っても、受け取る側の負担になっては本末転倒です。

常識的な範囲内でのお祝いを心掛けましょう。

出産祝いの相場は、立場や関係などによっても変化します。下記に一般的な金額の相場をご紹介します。
  • お互いが若い場合:5,000円
  • 目上から若い人へ:10,000円
  • 友人、知人:5,000~10,000円
  • 隣、近所:3,000円

出産祝いは内輪のお祝い事ということもあり、身内の場合ですと、なるべく本人たちに希望の品などを聞いて、出産祝いの品を選んだりするとスムーズです。

また、費用のかかるものは単独で負担するのではなく、共同で贈るほうが、もらった側も気遣いがなくて助かるものです。

友人・知人で、出産祝いとして何か品物を贈る場合は、ベビー用品(衣料や用品等)を贈るのが一般的です。友人・知人の場合も、本人たちの希望が聞けるようでしたら、聞いてから品物を選ぶようにしましょう。

近年では、出産祝い限定のカタログギフトを扱うギフトショップもあり、本人達の好きなものを選んでもらう形を選ぶ方も増えています。

まずは、上記の相場を踏まえ、どういったものを贈るのか迷う場合や分からない場合には、そういった贈り物の形を選ぶのも良いかもしれませんね。

出産祝いの時期は?

出産祝いを贈る時期は、出産の日から7日以上過ぎてから1ヶ月ぐらいまでに贈るのがマナーとされています。

不幸にも死産などのケースもありますし、母親の体調も優れない場合もありますので、あまり早く贈りすぎるのも良くありません。

そういったことからも、7日を過ぎて急いで贈るよりも、頃合いをみて、産婦が退院してから落ち着いた頃、おおよそ10日~1ヶ月後を目途にするとよいでしょう。

また、親しい間柄ですと、赤ちゃんの顔も早く見たいものです^^

そういった場合には、先方にお伺いして、直接手渡しにて出産祝いを贈ることも多くあります。

お伺いして渡す際には、先方の都合を確認してから伺うようにし、時間も産婦の体調を気遣いごく短時間にて済ませるよう心掛けましょう。

郵送などで贈る場合も、届く時期が出産後、おおよそ10日~1ヶ月後を目途に先方に届くように贈るとよいでしょう。

出産祝いを贈る時期が遅れた場合は?

出産してからおおよそ1ヶ月ぐらいまでに贈るのがマナーですが、1ヶ月以上過ぎてしまった場合には、出産祝いはどうしたらいいのでしょう?

時期を逃してしまったとしても、出産をお祝いする気持ちは一緒ですので、1ヶ月以上経った後でも出産祝いを贈っても何ら問題はありません。

スポンサードリンク

個別に贈る形でもいいですし、何か別のタイミングと重なる場合には、それに合わせて贈ると贈りやすいでしょう。

その場合には、「大変遅くなり申し訳ございません。」といったように非礼を詫びる手紙などを添えて贈るようにしたり、表書きを「誕生祝い」とすると、先方にも気遣いが伝わりやすいものです。

出産祝いにのしは必要?

出産祝いなどの慶事に贈る品には、熨斗をつけるのがマナーとされています。

「のし紙」をつけることは、「品物をより丁寧に贈る」という証になりますので、豪華なラッピングで包むよりも格式が高くなります。

ですが、最近では出産祝いなどのラッピングも手の込んだ可愛いらしいものも増えています。気の置けない相手の場合は、リボンでラッピングしたものでも問題ありません。ただし、のし紙をかけたらリボンはNGですのでご注意ください。

「親しき中にも礼儀あり」というように、迷うような場合には、熨斗をつけておくほうが間違いがありません。

出産祝いの熨斗の水引や表書きは?

出産祝いには、紅白の水引で、何度でも繰り返したいという願いから、簡単に結びなおせる「蝶結び」の水引を用います。

また、表書きは、「御祝」「御出産祝」「御出産御祝」「祝出産」などを書き入れます。

出産祝いの熨斗の書き方は?

表書きの下段(名入れ)には、あなた(送り主)の名前をフルネームで書きます。

自分で書き入れる場合には、水引に文字がかからないようにバランス良く書くようにしましょう。

出産祝い01

出産祝いの熨斗の書き方~夫婦で贈る場合~

夫婦連名で贈る場合には、下段中央に夫の名前をフルネームで書き、その左側に妻の名前だけを書くようにします。

出産祝い02

出産祝いの熨斗の書き方~連名で贈る場合~

友人など複数人で贈る場合には、3名までは表書きの下段中央に全員の名前をフルネームで書きます。

名入れの順番は、目上や年配の方を右側から順に書き入れます。同い年の場合は、順不同でも構いませんが、迷うようでしたら「あいうえお順」で書くようにするとよいでしょう。

出産祝い03

出産祝いの熨斗の書き方~連名(3名以上)で贈る場合~

3名以上で贈る場合には、代表者(目上の人)の名前を下段中央に書き、その左側に「他一同(外一同)」と書きます。

また、別紙に、贈った全員の名前を書いたものを贈り物に添えるようにします。

出産祝い04

※会社や部署の名前で出す場合は、「○○会社 社員一同」「○○会社 △△課一同」と書きます。

出産祝い05

まとめ

出産祝いもマナーを守って、失礼のないようお祝いの気持ちを伝えるようにしましょう。

熨斗をつけずにリボンなどで済ますことも増えていますが、素の意味合いも含め、日本古来の風習を大切にすることも大切かもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ