結婚式での子供の服装 女の子の場合は?白色はダメ?髪型簡単アレンジ方法は?

結婚式服装女の子
結婚式や披露宴に子供も一緒に招かれた場合は、「子供にどんな服装をさせたらいいんだろう?」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

結婚式や披露宴に出席する場合に大事なことは、あくまで主役は「新郎新婦さん!」ということ。

子供だからと言って、場をわきまえない服装をさせてしまうと、やはり周囲からの目は冷ややかなものとなってしまいます。

しっかりとマナーをわきまえてお祝いの席に出席するようにしたいものですね。

今回は、結婚式での女の子の服装やマナーについてご紹介します。

スポンサードリンク

結婚式での子供の服装 女の子の場合は?

「結婚式にお呼ばれされたのだから、可愛い服を着せてあげたい!」と、思われる親御さんも多いですが、結婚式は、新郎新婦の門出を祝う席であり、あくまで、主役は2人であり、出席者はその2人を祝福するために参加するものですので、子供であってもしっかりとマナーをわきまえた服装が好ましいものです。
幼稚園や小学校が制服の場合は、制服での出席が好ましいです。

フォーマルとは、「正装・礼装」ですので、子供の場合は、学校の制服が一番の正装であるとも言えます。

ただし、普段着ているままではなく、きちんとクリーニングやアイロンをかけて清潔にしておきましょう。身だしなみとは、そのへんの気配りも含めてのものになりますから。

学校指定の制服がない場合は、女の子でしたら、スーツやシンプルなドレスやワンピースなどが一般的です。

色は、紺や黒色などのオーソドックスなものや、ベージュや淡い色合いのものなどを選びようにすると、きれいめで上品な印象を与えます。
シンプルなドレスやワンピースも、コサージュリボンをポイント使いすると子供らしく可愛く華やかになりますよ。

結婚式での女の子の服装で靴下や靴は?

「おしゃれは足元から」と言われるように、せっかく洋服がオシャレでも、足元がだらしないと、全体的に残念な結果になってしまいます。

スポンサードリンク

一般的には、靴下は服装に合わせたものとなりますが、白、紺、黒など上の服装が何色でも合わせやすい色のものが好まれます。

また、靴下はレースやフリルがついたものを使用してもOKですが、キャラクターのものなどは避けるようにしましょう。

そして、靴は、服装との兼ね合いがありますが、革靴やエナメルのフォーマルなものが一般的です。

結婚式での子供の服装 白色はダメ?

子供の服装には大人のような服の色にマナー違反はないといわれていますが、やはり当日の主役は花嫁なので、白や白っぽく見えるの服は避けカラードレスを着せるのがマナーです。

フラワーガールなどを務める場合などは、白色のワンピースも大丈夫な時がありますが、事前に新郎新婦に相談して、許可を得られた場合に着用するのが一般的です。
結婚式などの場では、いろんな関係者の方が参列されます。年齢層も幅広くいらっしゃいます。安易に選んだ服装で、周りの方に不快な思いをさせてしまったり、恥ずかしい思いをさせることもありますので、結婚式での大人の服装のマナーコードを基本にして、子供の服装も選ぶのが無難でしょう。

結婚式での子供の髪型簡単アレンジ方法は?

服装と一緒に髪型もきちんと整えて出席するのがマナーです。

女の子の場合は、いつもとは違うヘアアレンジなどで、おしゃれするのも楽しいものです。

髪をねじってハーフアップしたり、サイドを編み込みすると子供らしさと上品さを兼ね揃えます。

髪を縛られるのが好きでない子や、髪が短い子はカチューシャや髪飾りをつけて女の子らしく可愛さを出すのもおすすめです。

ただし、ティアラは花嫁が着けるものですので着用は避けるようにしましょう。

下記に結婚式におすすめの簡単アレンジ方法をご紹介します。

まとめ

結婚式は、子供も一緒に招待されたら、できる限り出席するのがマナーです。

子供の服装も悩むものですが、子供らしい愛らしさを基本にベーシックにまとめると、安心でしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ