児童手当はいつからいつまでもらえるの?申請はいつまで?手続き方法は?

出産を終えると育児が始まります。

妊娠・出産のときは何かと費用がかさみますが、育児が始まっても子どもにかかるお金は多いものです。

そこで、国と自治体が協力して、子育てを行う家庭の安定と子供の健全な成長を目的として児童手当という制度があります。

ただし、児童手当は、基本的に誰でももらえるものですが「私、児童手当ほしいです」手を挙げなければもらうことができません

児童手当

今回は、児童手当はいつからいつまでもらえるの?申請はいつまで?手続き方法は?などについてご紹介します。

スポンサードリンク

児童手当はいつからいつまでもらえるの?

児童手当とは?

児童手当は、家庭等における生活の安定と児童の健全育成を目的とした給付です。
出典:http://www8.cao.go.jp/shoushi/jidouteate/index.html

と定義されているように、子どもをもつ世帯に対して生活の安定と児童の健康な成長を目的として支払われる手当で、以前は「子ども手当」とも呼ばれていました。

児童手当は、児童を育てている父または、母に対して支給されます。
※支給対象者は、生計を一にしている父または母以外にも、未成年後見人も含まれます。

児童手当はいつからもらえるの?

児童手当は、子供が生まれた直後から支給対象になりますので、0歳からうけることができます。

ただし、児童手当は自動的に支払われるものではありませんので、必ず申請を行わなければ受給することができないので、忘れずに申請してくださいね。

児童手当はいつまでもらえるの?

児童手当は、0歳から中学卒業までが受給できる期間になります。

中学卒業というのは、15歳の誕生日を過ぎて、最初の3月31日までを指しています。

児童手当は、生まれた月の翌月~15歳を過ぎた最初の3月31日まで、ずっと受け取ることができます。

児童手当はいくらもらえるの?

児童手当は、子供の年齢に応じて下記のようになります。

児童の年齢
支給額(月)
0歳~3歳未満
※3歳の誕生日月まで
15,000円(一律)
3歳~小学校卒業まで
10,000円(第1子・第2子)
15,000円(第3子以降)
中学生
10,000円(一律)

また、第1子・第2子・第3子などは、長男(長女)、次男(次女)、三男(三女)がイコールではありません。

世帯にいる児童の人数によって数えられますので、計算するときは注意が必要です。

児童とは、18歳の誕生日を過ぎた最初の3月31日までの子供のことをいいます。

例えば…

19歳(大学生)、17歳(高校生)、15歳(中学生)、9歳(小学生)の子どもがいる場合

19歳は、児童ではないためく支給対象外
17歳は、児童であるが支給対象外
15歳は、児童で支給対象内
9歳は、児童で支給対象内
になります。

この例では、17歳が第1子、15歳が第2子、9歳が第3子にあたりますので、

児童手当の支給額は、10,000円 + 15,000円 = 25,000円

が支給されることになります。

児童手当に所得制限てあるの?

また、児童手当には、現在は暫定的に所得制限が設けられており、960万円以上の年収所得がある世帯は一律5,000円の支給になります。

スポンサードリンク

ただし、この特例制度は暫定的なため、打ち切られる場合があります。

なお、所得金額は夫婦2人を合算したものではなく、どちらか所得の高い方で見られます。

※ただし、自治体によっては条件が異なる場合がありますので、お住いの地域の自治体に確認してください。

児童手当はいつもらえるの?

児童手当は、毎月支給されるわけではありません。

児童手当は、年に3回(2月・6月・10月)に前月分までの4か月分が指定の口座に振り込まれます

自治体によって異なりますが、振込月の10日または15日前後に振り込まれるのが一般的です。

児童手当の申請はいつまで?手続き方法は?

児童手当の申請できる期限はいつまでなの?

一般的には、出生届を出すタイミング(生まれた日を含む14日以内)に、申請することが多いです。

スポンサードリンク

ただし、児童手当には申請期限がありませんので、申請するタイミングはいつでもいいのですが、過去に遡って手当を受給することができないので、出来るだけ早く申請した方が良いです。

申請が遅れれば遅れるだけ受給できる支給額が減ってしまいます…

なお、児童手当は申請した翌月分から受給できます。

また特例処置として、出生から15日以内に児童手当を申請した場合は、出生した月が申請月となりますので、翌月に申請した場合も、誕生月に申請したことになります。

児童手当を満額受給したいのであれば、出生から15日以内に申請することをおすすめします。

それでは、下記に児童手当の手続き方法についてご紹介していきますね。

児童手当の手続き方法は?

児童手当の手続きに必要なものは…
◆生計中心者(申請者)の口座番号(一部の金融機関は除く)

◆生計中心者(申請者)の健康保険証

◆母子手帳

◆印鑑
※シャチハタは不可。朱肉を使うものを用意します。

◆児童手当認定請求書

◆児童手当用所得証明書、または、課税証明書
※妊娠中に他の自治体に引っ越しした場合に必要

◆マイナンバー

※ただし、自治体によっては異なる場合がありますので、事前にお住いの地域の自治体や公式HPなどで確認してください。

児童手当の手続きの流れは?

①申請に必要なものを確認し、揃える。
②必要事項を記入する。
③お住いの地域の自治体に申請書を提出する。
※出生届を出すタイミングと合わせるのがおすすめ!
④申請終了後、翌月分からの児童手当が年3回(2月・6月・10月)にまとめて振り込まれる。

また、児童手当の申請は、ママでもパパでも可能です。

産後はママの体調も不安定で思い通りに動けないこともありますので、パパが代わりに申請するのがおすすめです。

なお、妊娠や出産、育児中にもらえる助成金や補助金については、「妊娠&出産の費用ってどれぐらい?もらえる補助金ってあるの?」でこちらも併せてご確認ください!

助成金や補助金などの給付金は、申請しないともらえませんので、もらえる給付金を逃さないようにして下さいね^^

まとめ

いかがでしたか?

今回は、児童手当はいつからいつまでもらえるの?申請はいつまで?手続き方法は?などについてご紹介しました。

何度も言いますが、児童手当は、「私、児童手当ほしいです」と手を挙げ(申請し)なければもらうことができませんので、忘れずに申請してくださいね。

また、申請はいつでもできますが、遡って受給することができないので、出生届をだすタイミングと一緒に申請するのがおすすめです。

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ