春バテとは?どんな症状が出るの?春バテを解消する対策法はコレ!

「春眠暁を覚えず」なんて、春になって暖かくなってくると眠気が取れないなんてこと経験したことないですか?

また、「やる気はあるんだけど、なんだか体がついてこない…」なんて感じたことはありませんか?

その症状、もしかしたら【春バテ】かもしれませんよ。

春バテとは?

今回は、春バテとは?どんな症状が出るの?春バテを解消する対策法はコレ!についてご紹介します。

スポンサードリンク

春バテとは?どんな症状が出るの?

寒い冬が終わり、温かい季節になってくると心もウキウキしてきて、お花見や行楽などお出かけなどを楽しみたい人も多いのではないでしょうか。

でも、なんだかイライラしたり、不安感や倦怠感を感じることはありませんか?

また、体が冷えたり、むくんだり、肩こりや頭痛、便秘や下痢など胃腸不良、眠気が取れないなどを感じることはありませんか?

それって、もしかして「春バテ」かもしれません。

春バテには様々な症状がありますので、主な症状を下記に当てあはまるかご確認してみてくださいね。

●なんだかイライラする

●気分の落ち込みを感じる

●憂鬱な気分になる

●不安感がある

●気だるく倦怠感がある

●肩こり

●手足が冷える

●体がだるい

●昼間に眠気がある

●下痢や便秘になりやすい

●頭痛がする

●朝起きれない

●夜眠れない

●肌荒れ

●むくみ

●めまい

●ほてり
など

「やる気はあるのに、気持ちや体がついていかない」なんだか五月病みたいですが、これがまさに【春バテ】なんです!

五月病というように、春の時期にだけ起こる不調なので、春バテが起こるしっかりとした原因がありますので、下記に詳しくご紹介していきますね!!

春バテの原因は?

春は、年間を通して1日の寒暖差が大きい季節ですので、その寒暖差に体がついていかずに、自律神経が乱れ、体調を崩しやすい季節なんです。

また、春は新生活が始まる季節でもあります。

進学や就職、転勤など慣れない環境の変化によるストレスも体調を崩す原因になります。

春バテの原因はそれだけではありません。

春は、1日の寒暖差が大きいだけでなく、天気や気圧の変化も激しい季節です。

また、日照時間も長くなるため、朝早く目覚めたり、夜更かしをしてしまうことが増えたり、生活リズムが崩れることで睡眠の質が落ちてしまいやすい季節でもあります。

昼間は暖かい季節ですので、暖房をつかわなかったり、冷たい食べ物や飲み物を口にしたり、シャワーで済ますなど、知らず知らずのうちに体を冷やしてしまうことも春バテの原因になります

春バテは、様々な環境の変化に体がついていかず、自律神経のバランスを崩したり、体を冷やしてしまったりすることで、精神的なものや肉体的な不調を起こす引き金になってしまいます。

春バテの原因をわかりやすくまとめると…
●気温の寒暖差に体がついていかない

●新生活など生活環境の変化によるストレス

●気圧の変化が大きく、体に負担がかかる

●日照時間が長くなり、生活リズムが狂う

●体を冷やしてしまう
など

様々な環境が変わる春に起こる体調不良を総称して【春バテ】といいます。

スポンサードリンク

春バテを解消する対策法はコレ!

春バテは、環境の変化が大きいため、ストレスを感じやすかったり、体が冷えたり、睡眠の質が落ちるなど、自律神経のバランスが崩れることで、体の免疫力が低下して起こる様々な不調のことです。

しかし、この季節だからと言いて「仕方ない」の一言では済ませられないですよね!!

主な原因が分かっているなら、しっかり対策を行うことで春バテを解消することもできますので、今日からできる春バテ解消法を下記にご紹介します。

簡単なものをご紹介しますので、試してみてくださいね。

◆足元を温める
春は上半身は暖かいと感じていても、下の方に溜まる冷たい空気は気づかないうちに足下を冷やしていることも多いものです。

体内を循環している血液が冷えた足や下半身を通ることで冷やされるため、内臓や体全体が冷やされてしまいます

デスクワークや家にいるときは、ひざ掛けやレッグウォーマー、靴下の重ね履きをするなど下半身を冷やさないように注意しましょう!

また、靴下の1枚目は5本指の靴下を履くと指と指の間を刺激し、血行が良くなるのでおすすめです♪

◆長袖の上着を着る
昼間は汗ばむぐらい暖かくても、朝や夜はグッと冷え込むのが春!

通勤や通学時に体が冷えないように、昼間の服装+αで長袖の上着やストールなど準備しておきましょう!

昼間に汗をかいたら汗ふきシートなどでサッと拭き取れるのもおすすめです♪

また、インナーを工夫したり、腹巻をして体の中心を温めるのも効果的です!

◆湯船につかる
シャワーでパッと済ます方もいらっしゃいますが、湯船につかることで全身がポカポカと温まります。

おすすめの温度は【体温+4℃(39~40℃程度)】です。ただし、少し熱いと感じる場合は、自分が気持ちいいと感じる温度で入ってくださいね^^

また、少しぬるめ(39℃ぐらいまで)のお湯に20~30分ぐらいゆっくり浸かる半身浴も体を温めるのに効果的です。

尚、炭酸系の入浴剤や保温効果の高い入浴剤を併用するとさらに効果的です!

ただし、湯上りは体を冷やさないように気をつけてくださいね。

関連記事免疫力を高める入浴方法は?温度や入浴時間などはどれぐらいが理想的?
◆暖かい食べ物や飲み物を口にする
暖かくなると冷たいものを口にしたくなりますが、これも体を冷やす原因になってしまいます。

出来るだけ、温かいものを口にするようにしましょう。

また、砂糖などは体を冷やしますので、甘いものも控え目にしましょう(;;)

◆軽い運動をする
体を動かすことで、筋肉が熱を生み出してくれます。

軽いストレッチなどでもいいので少し体を動かしましょう。

ストレッチは、痛いと感じるまで伸ばすのではなく、気持ちいいと思う程度で止めましょう。痛いと感じると逆に筋肉が収縮することがありますので、ストレッチ効果が薄れてしまうことがあります。

また、日中は暖かく過ごしやすい季節ですので、1駅分歩いたり、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を使うなど、日常でできる運動を取り入れるのも効果的ですよ(^^♪

関連記事免疫力を高める運動&運動量とは?運動しすぎは免疫力を低くする!?
◆ツボを押す
ツボを押すことで血流を促進させたり、気の巡りなどを整える効果があります。

体を温めるツボは様々ありますが、今回は簡単に押しやすいツボをご紹介します。

【虎口(ここう)・指間穴(しかんけつ)】…手の指と指の間。親指と人差し指の間が「虎口」、それ以外が「指間穴」です

虎口・指間穴のツボは、自律神経を整え血の巡りをよくしてくれます。

◆腹式呼吸をする
腹式呼吸をすることで自律神経(副交感神経)が刺激され、体全体がリラックスしますので、血流が促進され体がポカポカと温まります

また、冷え以外にも腹式呼吸を行うことで、お腹まわりのインナーマッスルを鍛えられ、ダイエット効果を得ることもできます。

腹式呼吸の正しい方法は…

①背筋を伸ばして、楽な姿勢を取ります。
※椅子に座っても仰向けに寝ても、どちらでもOK

②息を吐く方から始めます。
※今入っている空気を抜いて、腹式呼吸の準備を行います。

③お腹(横隔膜)に意識を集中し、お腹を膨らませながら鼻から息を吸いこみます。

④吸ったときの倍くらいに時間をかけて、お腹をへこませながら口からゆっくりと息を吐きます。
※力でおなかを凹ますのではなく、息を吐いてお腹を凹ませましょう。

⑤最初は10回程度でOK。慣れてきたら回数を増やしましょう!

今回は、簡単に今日からできる春バテ対策法をご紹介しましたので、是非試してみてくださいね♪

まとめ

いかがでしたか?

「春バテ」ってなんだか聞きなれない言葉ですが、春は生活や気象などの環境が大きく変わりやすい季節です。

スポンサードリンク

春の不調を代表する五月病も、様々な環境の変化によるストレスが原因のひとつですので、「頑張るとき」と「リラックスするとき」などメリハリをつけて生活して、自律神経のバランスを保つようにすると症状も軽減できますよ^^

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ