医療費控除で市販薬も控除される?セルフメディケーション税制とは?対象商品は?

2017年から自主服薬(セルフメディケーション)推進のために医療費控除の特例が創設されました。

簡単に言うと、薬局で購入する風邪薬などが一定金額を超えた分は、その年の所得から医療費として控除されるというものです。

今までは、自分や家族のために支払った医療費が10万円(所得金額が200万円未満は5%)を超えた分からしか医療費控除を受けることができなかっため、該当しないかった方もお得になるといえます。

セルフメディケーション税制とは

今回は、医療費控除で市販薬も控除される?セルフメディケーション税制とは?対象商品は?についてご紹介します。

スポンサードリンク

医療費控除で市販薬も控除される?セルフメディケーション税制とは?

まずは、従来の医療費控除について簡単にご説明していきますね。

医療費控除とは、自分や家族(生計を一にする配偶者およびその他の親族)の支払った医療費が、10万円(所得金額が200万円未満の場合は5%)を超え、上限200ま円までを限度として、その年の所得金額から控除するもので、最大190万円の控除が受けれるというものです。

ですので、年間の医療費が10万円(所得金額が200万円未満の場合は5%)を超えない場合は、医療費控除を受けることができません

医療費控除の対象となる医療費は?

①医師又は歯科医師による診療又は治療費
●診療・治療の対価
●身体障害者福祉法に規定により納付する費用のうち、医師による診療等の費用に相当するもの
●入院入所の対価として支払う部屋代・ベッド代
※ただし、自己都合による差額ベッド代は除く
●医療用器具等の購入費用
※近(遠)視のメガネ、老齢者の補聴器、かつら等の購入は除く
●最低限の日常生活を行うための義手・義歯等の購入費用
●妊娠中の定期検診・出産費用など
●流産した場合の手術費・入院費・通院費など
●母体保護法に基づく理由で妊娠中絶した場合の手術費用

※ただし、健康診断の費用や医師等に対する謝礼金などは原則として含まれません。

②治療又は療養に必要な医薬品の購入費
※風邪をひいた場合の風邪薬などの購入代金は医療費となりますが、ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金は医療費となりません。
③病院、診療所、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、指定介護老人福祉施設、指定地域密着型介護老人福祉施設又は助産所へ収容されるための人的役務の提供の費用
●通院や入院のための公共交通機関を使っての交通費
※ただし、通院のためのガソリン代や分娩のための帰省費は除く
●公共交通機関での移動が困難な場合のタクシー代
●医師等の送迎費
④あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師による施術費
※ただし、疲れを癒したり、体調を整えるといった治療に直接関係のないものは含まれません。
※また、資格のないものに対しての対価は含まれません。
⑤保健師、看護師、准看護師又は特に依頼した人による療養上の世話の費用
※この中には、家政婦さんに病人の付添いを頼んだ場合の療養上の世話に対する対価も含まれますが、所定の料金以外の心付けなどは除かれます。また、家族や親類縁者に付添いを頼んで付添料の名目でお金を支払っても、医療費控除の対象となる医療費になりません。
⑥助産師による分べんの介助費
●助産師による分娩介助費
●妊婦・じょく婦・新生児の保健指導費
⑦介護福祉士等による一定の喀痰吸引及び経管栄養の対価
⑧介護保険制度の下で提供された一定の施設・居宅サービスの自己負担額

ただし、忘れてはいけないのは医療費を保険金などで補填された場合は、その金額を差し引いて計算しなければなりません。

セルフメディケーション税制とは?

今回施行されるセルフメディケーション税制とは、平成29年1月1日~平成33年12月31日までの間に行われる制度で、健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う人が、自分や家族(生計を一にする配偶者およびその他の親族)が支払った市販薬(スイッチOTC医薬品に該当するもの)の費用のうちの一定額をその年の所得金額から控除されるというものです。

一定額というのは、その年に支払った市販薬(スイッチOTC医薬品に該当するもの)が12,000円を超える場合は、その超えた分が医療費と控除されます。

ただし、セルフメディケーション税制の控除の上限は88,000円になります。

例えば、その年に市販薬を4万円分購入した場合

40,000円 – 12,000円 = 28,000円

所得控除額 = 28,000円

その年に市販薬を11万円分購入した場合

110,000円 – 12,000円 = 98,000円

上限が88,000円なので、所得控除額 = 88,000

今までは、10万円(所得金額が200万円未満の場合は5%)の医療費を超えなければ使うことができなかった医療費控除をより身近に使うことができ、その年の支払う税金を軽減することができるのです。

スイッチOTC医薬品とは?

スイッチOTC医薬品とは、病院の薬の成分を市販薬に転用したもので、これまで医師による診断でした使うことができなかった医薬品を、薬局やドラッグストアで購入できるようになったのがスイッチOTC医薬品です。

OTCとは「Over The Counter(カウンターを超える)」の略で、薬局やドラッグストアのカウンター越しに売られる薬、つまり市販薬のことを指します。

以前は医師の処方の医療薬であったものが、市販薬として薬局やドラッグストアなどでも購入できるように許可されたものを、医療薬から市販薬(OTC)にスイッチされたということから「スイッチOTC」と呼ばれています。

スポンサードリンク

医療費控除とセルフメディケーション税制は併用できるの?

セルフメディケーション税制が施行され、今までよりも医療費控除を受けやすくなりましたが、一つ注意しておかなければならないことがあります。

それは、

従来の医療費控除とセルフメディケーション税制の併用はできない

ということです。

ですので、従来の医療費控除を使うか、セルフメディケーション税制を使うかは年末にならないと判断できません

今年の医療費と市販薬費を比べて、税率を計算したうえでどちらが有利か判断するようにしましょう!

ですので、1年間の病院や診療所、薬局、ドラッグストアなどでもらうレシート(領収証)は必ず保管しておくようにしましょう。

セルフメディケーション税制対象商品には「★」「●」などレシートに記載されます。

また、セルフメディケーション税制を申請する場合は、12月末にならないと市販薬(スイッチOTC医薬品)の購入金額が確定しないため、会社で行われる年末調整を行ったうえで、翌年に確定申告をしなければなりません。

少し手間かもしれませんが、確定申告しておくことで節税にもなりますので是非行ってくださいね。

医療費控除される市販薬の対象商品は?

セルフメディケーション税制の対象商品はどんなものがあるのか主な対象商品を下記にご紹介していきますね。

セルフメディケーション税制の主な対象商品

平成28年12月16日時点では、セルフメディケーション税制対象商品は、1550品目以上が対象となっていますので、日常で使うものや常備薬として使うものなど様々な商品が対象になっています。

また、セルフメディケーション税制対象商品の多くには対象マーク記載されて今スので、買いたい商品がセルフメディケーション税制対象商品なのがどうかは、下記のマークを参考にされるとわかりやすいですね。

セルフメディケーション税制対象商品

まとめ

いかがでしたか?

新しく始まったセルフメディケーション税制は、医療費をあまり使わず市販薬などをよく使う方にとっては、とてもありがたい制度ですので、薬局やドラッグストアのレシートは捨てずに保管しておきましょう!!

スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ