静電気対策!簡単でおすすめな対策方法は?

静電気対策

バチッ!痛ッ!

不意に襲われる静電気ってブルーになりますよね^^;

春や夏はあまり静電気に悩まされないけれど、秋や冬など乾燥した時期に良く起こる「静電気」。

今回は、そんな静電気による痛みから解放されたいあなたに簡単でおすすめの静電気対策についてご紹介します。

スポンサードリンク

静電気対策!

静電気が起こるシチュエーションとして、ドアノブや車のドアなどの金属に触れた時、そして人間同士でも何気なく触れた瞬間に「バチッ」と静電気が発生します。

静電気による痛みをはじめ、ふいに訪れる驚きなどは、頭の中に「恐怖」さえ植えつけられるほどです。

特に、寒い季節になると静電気が発生する機会も増えます。

でもどうして、寒い季節には静電気が発生しやすくなるんでしょう?そのあたりも含め、静電気の仕組みを知れば、具体的な対策も取りやすくなりますのでご紹介していきます。

静電気が発生する仕組みは?

一言で「静電気」といっても、静電気が発生する原因は1つだけではありません

静電気が発生する一番の原因は、体を動かすことによって起こる服との摩擦により発生した摩擦帯電が、金属などに触れることにより、体(主に手先)から放出する静電気です。

また、セーターなど、服を脱ぐときにも、バチバチしますよね?

これは、剥離帯電といって、服と服を引き離した時に起こる摩擦によって発生します。

でも、摩擦帯電と剥離帯電のときの「静電気」で起こる痛みが違います。

これは、摩擦帯電のときは、主に指先など1カ所から放電されますのでバチッと大きく1回だけなので、痛ッ!となることが多いためで、剥離帯電は服と服の面積が大きいので、小さい放電が多数発生するため、痛みはあまり感じず、髪の毛が逆立つぐらいの状態となるのです。

そして、最近増えている原因の1つとして、本来、「弱アルカリ性」でなければならない人間の体が、ストレスや不規則な生活習慣または食生活などによって「酸性」に片寄ってきているため、体が静電気を溜めやすくなっていることが、静電気が発生する原因にもなっています。

春や夏に静電気があまり発生しないのはなぜ?

秋や冬など寒い季節になると静電気に遭遇する機会も増え、静電気に悩まされる人も多くいらっしゃいます。ですが、春や夏などの温かい季節には、あまり静電気で悩まされる機会は少ないのではないでしょうか?

それは、春や夏などの季節には、空気が湿気ていたり、汗をかいたりするので、電子が自然と放出されるからなんです。

また、温かい季節には、着ている服も少ないため剥離帯電も起こりにくいので、静電気に悩まされることが少ないのです。

静電気が発生しにくい服ってあるの?

寒い季節の訪れとともに、ショップなどでも、フリースやセーター、ウール製品などが良く見られるようになり、実際、温かいので寒い季節にはよく着るようになります。

でも実は、ポリエステル100%のフリースやセーター、ウールなどのの組み合わせは、静電気を多く発生させるため最悪なんです…(*_*;

まさに静電気天国(地獄?)!!

寒い季節に好んで着られる素材ほど、「帯電しやすい」状態になるのです。

このように、静電気が発生しやすい服の素材がある一方、逆に静電気の発生が抑えられるものもあります!

それは、綿を含むコートやブルゾン、裏地にキュプラを含むジャケットは静電気の発生を抑えるのに有効です。

帯電しやすい服は…ポリエステル・ナイロン・ウールなど
帯電しにくい服は…綿・シルク・麻などの吸水性の高いもの
         化学繊維のキュプラも有効。

また、女性にとっては寒い季節になると、静電気によるスカートもまとわりつきも悩みの一つですよね。

ポリエステルのスカートとナイロンのタイツの組み合わせは帯電しやすい組み合わせのため注意が必要です。

おすすめは「シルク」素材のタイツがいいんですが、高すぎます^^;

そういった際に、静電気対策として、「綿やレーヨンの下着を着用する」と、静電気対策になりますのでお試しください^^

また、お手軽と言えば、静電気除去スプレーなどを振りかけるのもおすすめですし、「界面活性剤」を多く含む衣類消臭・芳香剤でも代用できます!なので、静電気除去スプレーがない場合などには、ファブリーズなどをシュシュッとするのも効果的なんです。

静電気対策!簡単な対策方法は?

世の中に静電気対策はいっぱいあるけど、やっぱりお手軽、簡単な対策がいいですよね?

スポンサードリンク

手間のかかる方法だと、静電気のストレスから抜け出せても、その手間が新たなストレスの原因になってしまいますもの^^;

そこで、ちょっとした工夫で簡単に静電気ストレスから解放される方法を下記にご紹介します。

まず、簡単でお金もかからない方法として、ドアノブなどを触る前にに触れる!

帯電したものを一旦逃がすことで、静電気の発生を防ぎます。

また、スーパーなどで支払のときなどに「バチッ!」としてしまう人は、支払い前にレジ台にこっそりタッチししょう。こうすることで体の静電気を放出してくれます^^

よくレジ係の人にお金を渡すときに「バチッ」となってましたが、レジ台にこっそりタッチするようになってからは、頻度がグーンと減りました^^

静電気をゆっくり逃がせるものとして

  • 紙(壁紙でもOK)
  • コンクリート
  • レンガ
  • など
    静電気がよく発生する人は、小まめに触れておくと効果があります。

その他の簡単な静電気対策は…

水分を小まめに取ましょう。
乾燥が静電気を溜める原因の一つです。

空気の乾燥+お肌の乾燥は体に静電気を溜めたい!!という人にはおすすめでが、そんな人いませんよね(笑)

ミネラルウォーターは、血液サラサラ効果もあり帯電をやわらげてくれますのでおすすめです。また、コーヒーでもOKですよ♪

保湿クリームを小まめに塗る。
少し手間になってしまうかもしれませんが、お肌の乾燥を防ぐことは「静電気」を防ぐ効果はもちろん、肌ケアにもなりますのでおすすめです。

静電気対策と乾燥肌によるかゆみなどの肌ケアも出来て一石二鳥ですので是非お試しくださいね!(^^)!

静電気除去ブレスレットの効果は?

秋冬グッズとして、ドラッグストアやスーパーなどのレジ前で良く見かける「静電気除去ブレスレット」

すごいいい商品を見つけた!と張り切って購入しましたが、個人差があるのでしょうか?私には合わず…効果を実感できずに3日でやめてしまいました(:_;)

静電気対策!おすすめな対策方法は?

上記で静電気の簡単な対策方法を紹介しましたが、世の中には便利グッズがたくさんあります。

効果の実感できないグッズも多くあります、安易に飛びついてしまうと「安物買いの銭失い」にもなってしまう恐れが…

ここでは、今まで実践してきた中で効果のあるものをご紹介していきたいと思います。

レザー製品
レザー(革)製品を手元に置いておくのも有効な方法です。
財布や、携帯ストラップ、スマホカバー、キーホルダー(キーケース)などをレザー製品にしておくと、静電気を放出してくれますのでおすすめです。

カーメイト 静電気除去機能付キーホルダー
セルフのガソリンスタンドに付いている静電気除去パッドと同じ仕組みで作られているカラビナ型の静電気除去キーホルダーです。

ケンコーコム静電気キーホルダー
★カーメイト 静電気除去機能付キーホルダー ★

エレガード
衣服にスプレーするだけで、まとわりつくスカートの静電気などを抑えてくれます。すぐに乾くので、服を着たままでも使えるので便利ですよ。
布製品全般に使えるので、車のシートや、チャイルドチェアなどにも効果的で重宝します。

エレガード
★エレガード/静電気防止スプレー ★

※個人的に効果があったので、効果を保証するわけではありませんが、おすすめです^^

まとめ

静電気がバチッっとすると、痛みと不快とストレスが襲ってきますよね。さらに静電気が起こるかもしれない恐怖も…

上記に紹介したものは、個人差はあるかもしれませんが、私には効果のあったものですので是非お試しください。

また、組み合わせるのも非常に効果的ですよ!皆さまの静電気への悩みが減れば嬉しいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ