神戸ルミナリエ2016 いつからいつまで?点灯時間&混雑具合や混雑回避方法は?

関西を代表するイルミネーション【神戸ルミナリエ】。

阪神淡路大震災の復興と鎮魂を込めて始まった光の祭典も今年で22回目の開催となります。

例年300万人以上の人を魅了する繊細な作品は毎年テーマに沿ってデザインが変わり、毎年注目を集めています。

ルミナリエ

今回は、神戸ルミナリエ2016の開催期間はいつからいつまで?点灯時間&混雑具合や混雑回避方法などについてご紹介します。

スポンサードリンク

神戸ルミナリエ2016 いつからいつまで?点灯時間は?

毎年300万人以上のかたが来場する関西屈指のイルミネーションスポット【神戸ルミナリエ】の詳細は下記のとおりです。

●名称:第22回神戸ルミナリエ
●開催期間:2016年12月2日(金)~11日(日)
●点灯時間:
月~木曜日 18:00頃 ~ 21:30
金曜日 18:00頃 ~ 22:00
土曜日 17:00頃 ~ 22:00
日曜日 17:00頃 ~ 21:30
※混雑状況により点灯時間を繰り上げることがあります。特に、土・日においては薄暮時に点灯する可能性があります。
※なお、荒天の場合は、点灯を見合わせることがあります。
●電球数:約300,000球
●開催場所:旧外国人居留地および東遊園地
●アクセス:JR神戸線、阪神本線「元町駅」下車、徒歩約7分
●駐車場:なし
●お問合せ:078-303-0038(神戸ルミナリエ組織委員会)
●公式HP:http://www.kobe-luminarie.jp/index.html
2016年のテーマは・・・

「光の叙情詩(Ode della luce)」

作者からのメッセージ

鎮魂の祈りと未来への希望を光で織りなす冬の祭典、神戸ルミナリエ。

市民の大いなる努力と献身によって、まるで不死鳥のように大震災から蘇った神戸。

犠牲者への永遠の祈りとともに、人々の不屈の精神と希望への賛美、そして輝かしい復興の喜び。

この記憶を、第22回神戸ルミナリエは、30万個を超える光による荘厳な「光の叙情詩」に託し、次世代に語り継ぎます。

ダニエル・モンテベルデ

出典:http://www.kobe-luminarie.jp/cont-03.htm

神戸ルミナリエの見どころは?

「ルミナリエ」はヨーロッパのバロック時代(16世紀後半、ルネッサンス期)に盛んに創られた祭礼や装飾芸術のひとつとして誕生した、光の魅力を駆使した建築物がその起源とされています。

やがてイタリア南部において電気照明を使用した幻想的な光の彫刻に変化を遂げ、現在の形になったものです。

さまざまなデザイン様式の木製アーチの構造体に色とりどりの電球で彩色が施され、その設置デザインによって三次元的な芸術空間を創造するもので、アーチ型構造体を道路上に設置した「ガレリア」と呼ばれる遠近感のある回廊や、「スパリエーラ」と呼ばれる光の壁掛けなど6つのステージで構成されいます。

フロントーネ
訪れた人を最初に出迎えてくれる【光のエントランス】は、高さ20m以上にも及び神戸ルミナリエの顔にあたる作品です。
ガレリアコペルタ
フロントーネからおよそ16mに渡り、高さ約11mの天井と左右に展開される【光のトンネル】です。前後左右4方向から光に包まれるステージです。
ガレリア
ガレリアコペルタから東遊園地までの約190mにもわたる【光の回廊】を進みます。
15基のアーチ型イルミネーションが光の世界へと導きます。
スパリエーラ
ゴール地点の東遊園地は、全長135mの【光の宮殿】が出迎えてくれます。
サークルの内側は、まさに幻想的な世界になっています!
ソロピース
東遊園地の東側に点在する【光のオブジェ】
派手さはないが、ホッとする温かみのある可愛い光の装飾ですので、見逃さずに見てくださいね。
踊る!KOBE光のファウンテン
東遊園地の南側に神戸市内の食品メーカー13社がオリジナルメニューを販売する飲食ブースやフルートやジャズなど日替わりでミニコンサートが開催されます。
ルミナリエ作品の光も音楽に合わせて踊るように点灯します。
また、東遊園地では、「神戸開港150年記念作品」「阪神・淡路大震災慰霊と風光のモニュメント」などもありますので、この機会に見るのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

神戸ルミナリエ2016 混雑具合は?

神戸ルミナリエは、毎年平日で20万人、週末は40万人、期間中300万人を超す来場者が訪れる関西屈指の人気イルミネーションスポットですので、開催期間中は混雑が必至です。

平日では、点灯開始とともに混雑しますし、週末は点灯時間中は常に混雑しています。

また、神戸ルミナリエでは順路が決められており、自分の思い通りに進むことはほぼ不可能になりますので、ルミナリエの会場に入る前にトイレは済ませておくことをおすすめします。

尚、開催期間中は周辺は交通規制が行われますので、車での来場を考えている方は、少し離れた場所か、2~3駅離れた駐車場に停めることをおすすめします。

神戸ルミナリエ交通規制情報
月~木 17:00頃~21:30頃
金 17:00頃~22:00頃
土 16:00頃~22:00頃
日 16:00頃~21:30頃

ルミナリエ交通規制図

神戸ルミナリエの混雑回避方法は?

上記でもご紹介しましたが、神戸ルミナリエ開催期間中は基本的に混雑します。

しかし、比較的混雑が少なくなる時間帯や条件などもありますので、少しでもゆっくり見たい場合は、下記の方法がおすすめです。

混雑回避方法その①:点灯直後
ルミナリエの点灯時間は18:00頃(17:00頃)からです。18:00(17:00)を過ぎるとドンドン人があふれてきますので、事前に会場付近で待機しておき点灯と同時に会場に入ると比較的混雑が少ないうちに通り抜けることができます。

また、前に人が少ないと写メや動画の撮影もしやすくなりますよ♪

ただし、12月は寒い時期ですので、防寒対策はしっかりと行って点灯前に並んでおきましょう。

混雑回避方法その②:平日の遅い時間
神戸ルミナリエのピークタイムは、18:00~21:00頃になります。ほとんどはピークタイムになりますが、消灯直前は比較的人が少なくなりますので、先に腹ごしらえをしてから向かうのも一つの方法ですよ。

ただし、周辺の飲食店も非常に混雑していますので、事前に予約をしておくなど準備をしてから向かいましょう!

混雑回避方法その③:雨の日
荒天の場合は、点灯が見合わせる可能性がありますが、多少の雨であれば開催されます。

雨の日は人通りも少なくなりますので、通常よりも混雑が少なく見ることができます。

また、雨で反射してキラキラがいつも以上に増しますので、より幻想的な光の回廊を歩くのもおススメです。

神戸ルミナリエを継続開催するため…

神戸ルミナリエでは、継続開催をするために募金活動などを行ていますので、来場の際にはぜひ協力しましょう!!

  • 100円募金
    継続開催を行うために「100円」の募金を会場で呼びかけていますので、積極的に協力しましょう!
  • 神戸ルミナリエ宝くじ
    会場内では、売り上げの一部を開催経費に充てられる宝くじを買うことができます。キラキラの光の中夢の一攫千金を狙ってみませんか?
    1枚200円から販売しています。
  • オフィシャルグッズ
    神戸ルミナリエの作品をモチーフにしたグッズやお菓子メーカーとコラボした限定スイーツなどを販売しています。
    この期間でしか手に入れることのできないレアグッズをゲットしましょう!

まとめ

いかがでしたか?

神戸ルミナリエは、クリスマス前に開催される関西を代表するイルミネーションスポットです。

毎年300万人以上の方が来場するスポットですので混雑は必至ですが、行き当たりばったりで行くのではなく、食事の予約やトイレをどこで済ませるかなど事前に考えておくと比較的スムーズに動くことができますよ^^

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ