唾を飲むのも辛い喉の痛みの治し方は?即効で治すものなど自分でできる対処法は?

風邪をひいているときや花粉症などのアレルギー症状が出ているときなど、喉が痛くなり、食べたり飲んだり、唾を飲むのもツライ…という経験がある方はたくさんいらっしゃいます。

こんな時は、何をするにも喉の痛みがありますので、集中力も切れやすくイライラしがちになってしまうものです。

そんなのどの痛みを少しでも早く取り除きたいと思われる方は、私だけではないはずです。
喉が痛い
今回は、唾を飲むのも辛い喉の痛みの治し方は?即効で治すものなど自分でできる対処法など、私が試した効果的なものをいくつかご紹介します。

スポンサードリンク

唾を飲むのも辛い喉の痛みの治し方は?即効で治すものなど自分でできる対処法は?

喉か痛くなる原因は?

唾を飲むのも声を出すのも辛い喉の痛みは、「風邪」「インフルエンザ」など細菌やウイルスが体内に侵入したことによって引き起こされる喉の炎症が大きな原因のひとつです。

特に、発熱や体の節々が同時に起こっていると感じるときは、風邪かインフルエンザの可能性が高いともいえます。

しかし、「風邪」と「インフルエンザ」だけがのどの痛みの原因ではありません、他にどのような原因があるのか下記にご紹介します。

乾燥している
「朝起きたときに喉が痛い」など、体に不調がなくても喉の痛みを感じることがあります。

もしかしたら、それは乾燥のせいかもしれません。

普段鼻呼吸をしている方が、何らかの理由で鼻呼吸ができずに口呼吸になってしまうことがあります。

その場合は、喉の粘膜が乾燥し外から入ってきた異物に対して抵抗力が低くなるため喉の痛みとして出ることがあります。

花粉症
花粉症の主な症状は、鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどですが、これは空気中に飛散している花粉が鼻や目に付着することによって起こるアレルギー反応です。

鼻水や鼻づまりによって、鼻呼吸がうまくできず口で呼吸をすると空気中の花粉が直接喉の粘膜に付着し、炎症をおこすために喉の痛みが引き起こされます。

ポリープ
カラオケや演説、怒鳴り声など大きな声を長時間出し続けてたり、タバコの吸いすぎなど喉を酷使すると、喉に突起物(声帯ポリープ)ができることがあります。

通常では、少しの間安静にしていれば治まってきますが、長期間続くようなら医師に相談することをおすすめします。

長期間喉の痛みが続いたり、痰に血がにじんだりする場合は、癌や腫瘍ができている場合もあります。

異変を感じたら医師に相談することをおすすめします。

など、上記のように喉の痛みがでる原因は様々ですので、「風邪」や「インフルエンザ」の可能性が高くても決めつけずに対処するのがいいかもしれませんね。

それでは、「のどの痛み」を解消する対処法をご紹介します。

スポンサードリンク

喉の痛みを即効で治すものなど自分でできる対処法は?

風邪やインフルエンザなどが原因で喉に炎症が出ている場合は、

◆喉の炎症を抑える
◆喉の細菌やウイルスの繁殖を抑える
◆喉の細菌やウイルスを殺菌する
の3つのポイントを効果的に行うことが喉の痛みを取るコツになります。

それでは、下記に具体的な対処法をご紹介していきますね。

対処法その① 体(喉)を温める
実は、風邪やインフルエンザなどの病気を完治させるのは、体の中の免疫機能だけなんです。

病院で処方される薬や市販薬などは、症状を軽くすることが目的で完治させるたのものではありません

では、なぜ体(喉)を温めるとよいのでしょう?

人間の体の中にある免疫力の効果を最大限に発揮させるためには、36.5℃~37℃程度の体温が理想的と言われています。

また、体温が1℃下がるだけで免疫力は通常の30%も低下してしまうとも言われています。

風邪やインフルエンザなどを発症させたとき、発熱するのは体が免疫機能を最大限に発揮させ体の不調を取り除くための防衛反応です。

喉の痛みが出ている時など、体だけでなく喉も温めることで、免疫力が高まり細菌やウイルスの繁殖を抑えることができます。

免疫力低下の原因とは?低下するとどうなる?免疫力チェックで診断!


対処法その② 保湿する
細菌やウイルスは、室温20℃以上、湿度50%~60%程度に保つことによって繁殖を抑えることができます。

口の中が乾燥していると細菌やウイルスが繁殖しやすい環境になりますので、こまめに水分補給を行うなど口の中や喉を保湿することが重要になってきます。

緑茶は殺菌作用のあるカテキンが多く含まれ、紅茶は炎症抑制作用のあるタンニンを含みますので、これらを飲むのものどの痛みには効果的です。

体を冷やさないように、温かいものを飲むのがおすすめです。

尚、のど飴などを舐めることも口の中の保湿には効果的です。殺菌・消炎効果のあるハチミツ入りや体を温めてくれる生姜入りののど飴はさらに効果的ですよ。

>>>【楽天市場】のど飴をお探しの方はコチラ!

また、マスクをつけることで、自分の吐いた息で程よく口の中を保湿してくれるので、外出時だけなく室内でもつけておくことをおすすめします。

現在では「保湿マスク」なども市販されており、こちらを使うとより効果的です!

>>>【楽天市場】保湿マスクをお探しの方はコチラ!

対処法その③ 薬
病院で処方された薬や市販薬は、症状を完治させることはありませんが、症状を抑えることはできます。

ツライ喉の痛みを少しでも早く軽減したいときは、喉につかうスプレー消炎効果のある薬を飲むこともおすすめです。

>>>【楽天市場】喉につかうスプレーをお探しの方はコチラ!

対処法その④ 食事
体に十分な栄養を摂ることで、免疫細胞を活性化させることができますので、栄養バランスのとれた食事を摂りましょう。

風邪やインフルエンザのときなどは、抗菌・殺菌・抗ウイルス作用がある「ネギ」や、体をポカポカ温めてくれる「生姜」などは喉の痛みを抑えるのに有効です。

また、「レモネード」「玉子酒」「れんこんのしぼり汁」などもおすすめです。

れんこんのしぼり汁の作り方
れんこんをよく洗いすり下ろします。ガーゼなどで絞り出し、お湯で薄めて、お好みでハチミツなど入れて完成です♪
※ビタミンCたっぷりで風邪や咳などに効果的ですよ!

対処法その⑤ うがいをする
うがいをすることで喉についた異物を洗い流してくれる効果があります。

うがい薬を使ったり、塩水や緑茶などでうがいをするのも有効です。

ただし、うがいをする前には必ず口の中をクチュクチュとゆすいでから行ってくださいね。

そうしないと、口の中の雑菌などが喉につき効果が薄れてしまいます^^;

対処法その⑥ ツボをおす
鎖骨と鎖骨の間のくぼみにある「天突(てんとつ)」は、喉の痛みに効くツボと言われています。

喉仏から下に向かって優しくゆっくりマッサージするように押しましょう!

また、首の後ろ椎骨(ついこつ:首を前に曲げると飛び出る)から、指2本下がり、左右指2本分のところにある「風門(ふうもん)」といわれるツボがあります。

昔から「風門から邪気が入る」といわれ風邪の出入り口といわれており、このツボをカイロなどで温めると免疫力が上がり、風邪の諸症状に効くといわれています。
ピンポイントではなく、風門周辺を温めるのが効果的です。

対処法その⑦ タバコを控える
タバコは喉に大きな負担をかけています。ポリープやがんの原因にもなる可能性があります。

また、タバコの吸いすぎで痰が止まらないなどの症状も出ることもあります。

対処法その⑧ 喉を休める
カラオケや演説、怒鳴り声などで喉を酷使した場合はしっかりと喉を休めることものどの痛みを取るのに有効です。
対処法その⑨ 病院に行く
上記では、自分でできる対処法などをご紹介しましたが、個人差によって効果の差は出てくるものです。

長期間続いたり、より早く改善したい場合は耳鼻咽喉科や内科などで医師に診察してもらうことをおすすめします。

まとめ

今回は、唾を飲むのも辛い喉の痛みの治し方についてご紹介しました。

上記は、私が行って効果があると思っているものですが、効果に個人差はありますので、色々試してみて自分に合ったものを実践してみてくださいね。

特に、「体を温める」「保湿する」は予防段階でも効果がありますので、これを行うようになってから、私は風邪をあまり引かなくなりましたよ^^

ツライのどの痛みが少しでも早く良くなるように参考になればうれしいです♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ