自動車保険で車両保険は必要?つけるべき?つけたほうがいい人とは?

自動車保険に入る場合、「車両保険」をつけるか?つけないか?で悩む方も多いのではないでしょうか?

もちろん、万が一の事故のために車両保険をつけておいた方が良いのですが、支払う保険料が高くなるのが気になるところですね。
車両保険は必要?
そこで今回は、自動車保険で車両保険は必要なの?つけるべき?つけたほうがいい人とは?についてご紹介します。

スポンサードリンク

自動車保険で車両保険は必要?つけるべき?

まずは、車の車両保険について詳しくご紹介します。

車両保険とは?

車両保険とは、その名の通り「あなたの車にかける保険」です。

具体的に言うと、交通事故(対車、自損事故など)や自然災害(台風や洪水で水没した)、いたずらによる傷、ガードレールにこすった傷、飛び石によるフロントガラスなどの割れ、盗難などなど様々な車の損害に対して保険金が支払われます

また、大きな事故で修理ができない場合は、車の買い替え費用として保険金を充てることができます。

車両保険が役に立つのはどんなとき?

事故を起こした時、自損事故(自分が原因)の場合は、自分が悪いし仕方ないと思われる方も多いものですが、同じ事故でも相手のいる事故でもめた場合は、とても面倒でもっともややこしいものとなります。

そんな時には、車両保険があると便利なこともあります。

相手がいる事故を起こした時は、「過失割合」というものがあり、この割合によって修理代をお互いで分割します。

例えば…

車の修理代が40万円かかり、あなたの過失割合が40%、相手の過失割合が60%となった場合

あなたの負担額=16万円(40万円×40%)
相手の負担額=24万円(40万円×60%)

になります。車両保険をつけていない場合、当然16万円の自己負担になります。
車両保険に入っている場合は、保険金で賄うことができます。(※免責なしの場合)

しかし、上記のように「過失割合」が決まっている場合は、話が早いのですがこの「過失割合」で相手方ともめることが多いのも事実なのです。

過失割合が決まらず困るのは、車の修理代が決まらないことです。

基本的に修理代金は、持ち主に請求されますので話し合いが長期化するれば、当然あなたが修理代を全額立て替えることになります。

そのような場合でも、車両保険があれば相手と話がついていなくても、「車両先行払い」といって自分の車両保険から全額支払ってくれます。

ただし、「車両先行払い」をした後、相手と話しがまとまったが、こちらの過失割合が思ったより低い場合などです。これなら自動車保険を利用せずに、自費で支払うと思っても、車両先行払いをしていると保険は利用したことになり、翌年以降の割引率が悪くなるので注意も必要です。

車両保険を使うと損する場合も…

もしもの時に備えて車両保険に入ることも考えるべきですが、車両保険をつける場合は、いくつか知っておかなければならないことがあります。

車両保険を利用した場合、翌年の自動車保険料が割高に・・・
買い物時、駐車場に停めていた車に戻ったら、当て逃げされ、犯人が特定できなかった(犯人らしき人を見つけたがシラを切られた)。

車を修理に出したところ修理代金が12万程度かかった場合、あなたは車両保険を使いますか?使いませんか?

車両保険の場合、10~15万円程度の低額の修理費用の場合は、非常に使い勝手が悪くなってきます。

なぜなら、今までは車両保険を使うと翌年の保険料が3等級ダウンした保険料を支払わなければならなかったものが、ノンフリート等級制度の適用が開始され、同じ等級内に「事故有」「無事故」の分類が設定され、異なる割引率制度が導入されたからです。

「事故有」の場合、割引率の低い保険料を「事故有係数適用期間」に従って払わなければならなくなります。

この事故有係数適用期間とは、3等級ダウン事故の場合は3年間、1等級ダウン事故の場合は1年間、事故有係数が適用されます。

また、事故有係数適用期間中に、再び事故を起こしてしまうと、6年を限度に「事故有係数適用期間」は延長されることになります。

そのため、10~15万円程度の低額の修理費用の場合、車両保険を使って修理すべきか?(必然的に等級ダウンで保険料アップ)、または、自費で修理すべきか?(10~15万円程度自腹は切るが、等級は傷つかないため保険料アップが避けられる)といった、難しく悩ましい判断を迫られることになります。

もしもに備えてつけておきたい車両保険ですが、いざ使おう!となった時に上記のようなデメリットもあることは知っておきたいですね。

車は減価償却される

「新車を購入したので上限が150万円の車両保険に入った」という場合、保険の内容をよく確認せずに自動更新している方は注意が必要です。

例えば、新車を購入してから10年目に事故を起こしてしまい、車両保険で修理しようとしても150万円が保証されるわけではありません

車は毎年、一定の割合で市場価値が落ちるので、新車購入時は150万円の価値があっても、10年経ってしまえば20~30万円の価値に落ちるので、いざ保険を使って修理しようと思っても20万円しか保証されない場合が出てきます。

もちろん、車の価値が下がるぶん保険料も割安になっていきます。

スポンサードリンク

また、プレミア価格のついている中古の人気車であっても、車両保険は車の初年度登録から計算した価値での判断になりますので、減価償却による価値までの保険金額しかおりません

そのため、自分の所有する車の市場価値を鑑みながら、車両保険も常時見直し、相場に沿った車両保険をつけておかないと、高い保険料だけ支払って、実際に車両保険を使おうとなった場合に、思ったよりも保険料がおりない、または使いにくいものになってしまうリスクもあるのです。

上記のように、自動車保険に車両保険をつけることで起こりうるデメリットもありますが、車両保険をつけておくと安心な気もするものです。

「でも、割高な保険料はちょっと・・・」という人におすすめな車両保険を安く抑える方法について下記にご紹介します。

車両保険を安く抑える方法は?

免責をつける

車両保険に入る場合、免責金額を決めて契約すると設定金額次第で保険料を抑えることができます。

免責とは…保険金額のうち契約者が自腹で負担する金額のことです。

例えば…

「車両保険の限度額を100万、免責金額を1回目を5万、2回目以降を10万」と設定します。

初めて事故を起こし、車の修理が25万円かかった場合、保険会社から支払われる保険金は20万円、残りの5万円は自己負担になります。

※2回目以降の場合は、保険金は15万円、自己負担は10万円になります。

特約で、免責ゼロをつけることもできます。

一般的には、「1回目5万円、2回目以降10万円」がオーソドックスなようですが、「1回目10万円、2回目以降10万円」「1回目5万円、2回目以降5万円」「1回目0円、2回目以降10万円」「1回目0円、2回目以降0円」などいくつか組み合わせありますので、自分に合ったものを探すのもいいかもしれません。

車両保険の種類を選ぶ

保険会社によって多少の差はありますが、車両保険のタイプを選ぶことで保険料を抑えることもできます。

車両保険の種類は大きく分けて2種類あります。

  • 一般タイプ
    こちらは、オールリスクの補償になっていて、補償の範囲が最も広いものです。
  • エコノミータイプ(車対車+限定A)
    基本的に【対車】の事故に限定したタイプになります。
    ですので、自損事故相手がわからない事故などは対象外となりますので注意が必要ですが、その分保険料は割安になります。

主な補償内容は下記を参照してください。

補償内容
一般タイプ
エコノミータイプ
事故
(衝突・追突・接触など)
自損事故
×
当て逃げ
(相手が不明)
×
盗難
いたずら
自然災害
(台風や洪水)
火災・爆発
(火事に巻き込まれた)
飛び石

ただし、【自然災害】に「地震」は含まれません。

ですので、車両保険をつける場合は、車の価値やあなたの運転技術などを考慮して選ぶのが良いでしょう。

自動車保険で車両保険をつけたほうがいい人とは?

新車を購入した人
中古車などで比較的安く車を購入した場合は、市場価値も落ちていますので車両保険を付帯してもあまりメリットが得られない場合もあります。

中古車の場合は、数年で買い替えたり、修理や車検を期に買い替えたりする方もいらっしゃいます。

また、せっかく車を安く購入しても保険料が高くなってしまうと残念ですよね…^^;

ただし、新車を購入した場合は、中古車に比べて高額となるため、ローンを組んで購入するなど中古車に比べて高額になることが多いものです。

ローン完済前に事故を起こしてしまうと、負担額も大きくなってしまったり、全損となってしまうと、ローンを支払い続けながら別の車を購入しなければならなくなってしまうこともあります。

車両保険を付けておけば、残ったローンの返済に充てることができるという大きなメリットがあります。そのため、少なくともローンを支払い終わるまでは車両保険を付帯しておくのがおすすめです。

免許を取りたての人
免許を取ったばかりの方は、車の運転に慣れていないため、長く運転している方に比べて事故を起こしてしまう確率が高いものです。免許を取得して初めて自分の車を持つという方は、念のため車両保険を付帯しておくことをおすすめします。
ペーパードライバー(運転に不慣れな人)
ペーパードライバーの方も、免許を取りたての方と同じく運転に慣れていないため、事故を起こしてしまう可能性が高いので車両保険をつけておくことをおすすめします。

また、駐車や車線変更が苦手、高速道路の運転にまだ慣れていないといった方も加入しておくと安心でしょう。

まとめ

いかがでしたか?

自動車保険に入るとき「車両保険」をつけるかつけないか迷われる方はたくさんいらっしゃいます。

今のあなたの車の状況や運転技能などをよく考えて入るようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ