二日酔い対策 飲んだ後&飲む前の効果的な予防法や解消法は?

辛い頭痛や吐き気、倦怠感・・・。

飲み過ぎた翌朝、二日酔いの症状に悩まされたことがある人は多いかもしれませんね。

二日酔いにならないためには飲み過ぎないことが一番ですが、付き合いの席では断りにくいのも正直なところでもあります。

つらい二日酔いを効果的に予防・解消する術は、大人であれば覚えておくと便利なものですよ!
二日酔い対策
今回は、二日酔い対策について、飲んだ後や飲む前の効果的な予防法や解消法についてご紹介します。

スポンサードリンク

二日酔い対策 飲んだ後の効果的な予防法や解消法は?

二日酔いは、アルコールを分解する際にできる有害物質「アセトアルデヒド」が血液中に残留していることが原因で引き起こされます。

「アセトアルデヒド」が体内に残ってしまうと、頭痛めまい吐き気などの症状が引き起こされるほか、アルコールを代謝する際に大量の水分が消費され、脳を保護する髄液が減少する低髄液圧症候群となり頭痛を感じることもあるのです。

二日酔い特有の頭痛やめまい、倦怠感や吐き気などは、まさにアルコールを過度に摂取すること起こるべくして起こる事象でもあるのです。

では、飲んだ後の二日酔い対策として効果的な予防法や解消法はどんなものがあるのでしょう?

水分を摂取する
「水分補給」はとってもシンプルな方法ですが、二日酔いには予防や解消どちらにも効果的な方法です。

肝臓でアルコールを代謝するときには水分が必要となります。また、二日酔いの頭痛は脱水症状などが原因で引き起こされますので、アルコールを大量に摂取した際には、十分な水分補給はとっても大事なことなのです。

また、水分補給の際に、ただ水分だけを補給しても尿として排泄されてしまうため、水分を体に保持する適量の塩分と一緒に摂るのがポイントです。

スポーツ飲料もおすすめですが、経口補水液などは、一般的なスポーツ飲料に比べて糖質濃度が低く、電解質(塩分)濃度が高いため、飲酒で不足しがちな水分と塩分を同時にしかも効率的に摂れるためおすすめなんです。

スポーツ飲料や経口補水液がない場合には、水でもいいので、しっかりと十分な水分補給を心掛けましょう。

休息・睡眠
体をゆっくりと休めてあげることで、睡眠中にアルコールはどんどん分解されていきます。

そのため、飲んだ後にたっぷりと睡眠をとると、二日酔いの解消には効果的です。

飲み過ぎて気持ち悪くてなかなか寝付けないような時でも、体を横にするだけでも回復は早まりますので、飲んだ後は、できるだけ休息・睡眠をとり、体をゆっくり休ませてあげましょう。

また、睡眠不足の状態で飲むと二日酔いになりやすいので、飲む前にも睡眠をしっかりとって体調を整えておくことも二日酔い予防には効果的ですよ!

何かを食べる
肝臓でアルコールを分解する際に必要とされるのが「糖分」です。

お酒を飲むことでアルコールを分解しようと糖分はどんどん消費されていきます。そうすると、必然的に血糖値が下がり、血糖値の低下を感じた脳は、「空腹」だと判断して指令を出します

〆にラーメンを欲したりするのもこういったメカニズムがあるからなんですよ。

飲酒により、肝臓の働きを助ける糖質が不足するため、何かを食べるのも二日酔いには効果的です。

何か食べ物を摂取することでアルコールを分解する肝臓の血流が活発になり、アルコールの分解機能が活発になります。

何かおつまみを食べながら飲酒するのも二日酔い予防には効果的です。

枝豆じゃがいもにはビタミンCが豊富に含まれているため悪酔いや二日酔いを防ぐ作用があります。

また、オクラ長いもなめこなどのネバネバ食材には胃や腸の粘膜を保護するムチンが含まれていますので飲酒の際に一緒に摂取するのもおすすめです。

他にも、アセトアルデヒドの分解をサポートするや、肝機能を強化するしじみゴマも二日酔いの予防に有効な食材といわれています。

「気持ち悪くてとても何かを食べる気分じゃない。」なんて時でも、飴をなめるだけでもラクになりますし、お味噌汁などを口にすることで、水分・糖質・タンパク質などを摂取できるので二日酔いの解消にはおすすめですよ!


スポンサードリンク

つらい頭痛には鎮痛剤も!

二日酔いの症状として辛いのが頭痛。

特に次の日に仕事の場合には、辛い頭痛を抱えての業務は苦行でもあります。二日酔いでもどうしても休めない!そんな時には、鎮痛剤で痛みを緩和させるのも解消法としてはおすすめです。

消炎鎮痛剤の「ロキソニン」などは、病院で処方されるほか、薬局やドラッグストアでOTC薬も購入できます。

※消炎鎮痛剤の多くは、アルコールと同時に服用しないように注意書きがあります。

アルコールを摂取しながらはもちろん、摂取してすぐの服用は避け、アルコールを摂取してから数時間以上経過後に、どうしても痛みが我慢できない時にだけ利用する程度にしましょう。

二日酔い対策 飲んだ後に飲みたい最強漢方薬はコレ!

効果・効能に「二日酔い」とある漢方薬をご存知ですか?

その名も「五苓散」

実は、飲んだ後の救世主として知る人ぞ知る定番漢方薬でもあるのです。

五苓散の主な成分は、タクシャ、チョレイ、ブクリョウ、ビャクジュツ、ケイヒといった5つの生薬で構成されている漢方薬で、余分な水分を排出し、体内の水分バランスを正常に保つ効果があるとされています。

このことから、利尿効果を期待できるほか、口の渇きや脱水対策としても使われる漢方薬でもあります。

また、下痢を伴う胃腸障害の治療にもよく使われ、二日酔い時の胃腸症状にも有効なのも嬉しいところ。

水分補給とともに服用するのがおすすめです。

五苓散を含む漢方薬は一般的に、1日2~3回、食間のタイミングでの服用が効果が出やすいといわれています。食間のタイミングでは飲み忘れてしまうという人は食前や食後の服用でも差し支えありません。

二日酔い対策 飲む前の効果的な予防や解消法は?

辛い二日酔い・・・できれば二日酔いになる前にしっかり予防して、辛い思いからおさらばしたいと願うの人も多いものです。

お酒を飲む前にできる効果的な二日酔い対策はあるのでしょうか?

ウコンを摂取する
二日酔い防止として、もはやド定番とも言える「ウコン」。

ウコンは、古くから漢方の生薬として利用され、特に消化不良を助ける薬として有名です。

ウコンの主成分であるクルクミンは、胆汁分泌促進作用とアルコール分解効果がありま、クルクミンが肝機能を活発化してくれるため、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドを早く分解し、排出してくれることで、二日酔いになりにくいと言われています。

乳製品を摂る
よく、「飲む前に牛乳を飲むと胃に膜を張ってアルコールの吸収を遅くする」と言われていたりします。

でも実は、この効果はとても低いとも言われています。牛乳で膜は張らないですし、水分で流れてしまうというのが有力です。

でも、乳製品のたんぱく質はアルコールの分解を促すので、チーズなどをおつまみにするのは二日酔い予防としては効果が期待できます。

二日酔い対策 飲む前のおすすめ漢方薬はコレ!

二日酔いに効くということで有名な漢方として「五苓散」のほかにもうひとつ、「黄連解毒湯」があります。

黄連解毒湯は、オウレン、オウゴン、オウバク、などの生薬からなり、特に、オウレンやオウバクは、健胃作用があり、下痢にも有効で胃腸炎の治療によく使われます。また、オウゴンには肝機能保護作用があるため、二日酔いに使われることもあります。

飲む前には「黄連解毒湯」、二日酔いの症状が出てしまったら「五苓散」といった具合に二日酔い対策として漢方薬をうまく活用するのもいいかもしれません。

漢方薬は一般的に、1日2~3回、食間のタイミングでの服用が効果が出やすいといわれています。食間のタイミングでは飲み忘れてしまうという人は食前や食後の服用でも差し支えありません。

黄連解毒湯は、比較的体力が充実している人に向いている漢方薬で、虚弱体質で冷え症の人には向きませんので、服用の際には薬剤師さんなどの注意をよく確認してから服用するようにしましょう。

まとめ

二日酔いは辛いものです。

大量にアルコールを摂取した翌日などは、肝臓を含め体をゆっくり休めることが何より大切でもあります。

飲み会が続くような忘年会シーズンなど、どうしても飲む機会が増える時期には、漢方薬なども試してみるのもいいかもしれませんね。

まずは、自分の体調を万全に整え、少しでも悪酔いしないよう無理のない程度にお酒を控えるのも大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ