切り傷やすり傷に消毒液は使わないほうがいいの?正しい処置方法やすぐ治すには?

子供はすぐに転んでしまって、すり傷や切り傷が絶えなかったりするものです。

病院に行くほどのケガではないので、自分で処置をすることも多いのですが、自分が小さい頃に受けていた処置をそのまま行うことは今の非常識にあてはまることをご存知ですか?

擦り傷や切り傷には、消毒液をつけて殺菌してから絆創膏などを貼るのが当たり前ですが、今では「消毒液は使わないほうがいい。」とも言われています。

たかが擦り傷や切り傷ですが、間違った処置で悪化させてしまっては不安です。

自分で処置するものだからこそ、正しい知識を身に付けておきたいものですね。
擦り傷
今回は、切り傷やすり傷に消毒液は使わないほうがいいの?正しい処置方法やすぐ治すには?についてご紹介します。

スポンサードリンク

切り傷やすり傷に消毒液は使わないほうがいいの?

もともと人間の体には「自然治癒力」という力が備わっています。

擦り傷や切り傷も時間とともに、いつの間にか治っていたり、傷口がくっついていたりしますよね?

ケガをすると自らの力で傷を修復しようとする働き「自然治癒力」なのです。

「傷」と言われるものにも切り傷や擦り傷、刺し傷など様々な種類がありますが、簡単に言えば「皮膚の損傷」です。

人間には元々、自己治癒力がありケガをすると、傷を修復しようと体内では下記のようなメカニズムで傷の修復が行われます。このメカニズムを理解して、傷を治す必要があるんですよ。

傷が治るメカニズム

①傷口から出血すると、止血しようとする働きで血小板が集まってくる。

②白血球が傷で死滅した組織や細菌を除去する。

③線維芽細胞(コラーゲンを生成する細胞)が集まり傷口をくっつける。

④表皮細胞が集まり傷口をふさぐ。

擦り傷や切り傷に消毒液は使わない

小さい頃、すり傷や切り傷などを起こすと傷口の雑菌除去や化膿を防ぐためにも、しっかりと消毒液で傷口を消毒していませんでしたか?

実は、擦り傷などには消毒液を使わないほうがいいとされているんです。

消毒液は、雑菌などをやっつけると同時に、実は、皮下組織まで傷つけてしまうため、傷を良くしようと活動する細胞までやっつけてしまうので、消毒液を使うことで逆に傷の治りを妨げることがあるのです。

また、菌は目には見えませんが、空気中など至るところに存在しているため、日常生活のなかで無菌にすることは残念ながらできません。

そのため、傷口は水道水で洗浄するだけで十分なのです。

細胞修復の妨げともなる消毒液。では、すり傷や切り傷はどのように処置するのがいいのでしょうか?

切り傷やすり傷の正しい処置方法やすぐ治すには?

切り傷やすり傷の正しい処置方法

①消毒液は使わずに、傷口を水道水できれいに洗う。
水道水などで洗い流しながら、傷の状態をよく観察しましょう。また、傷口に砂やドロ、ゴミなどがついていると、感染症の原因となる場合もありますので、傷口の周囲の皮膚も含めて、念入りに洗い流しましょう。

※この時に傷が深い場合には、病院などでの処置が必要な場合もあります。

②傷口から出血している場合は止血を行う。
傷口からの出血がおさまらない場合には、出血部位にガーゼやハンカチなどの布切れなどを当て、しばらくの間強く押さえる直接圧迫法で止血しましょう。

また、圧迫の後は、傷口部分を心臓より高い位置に持っていきましょう。心臓との落差を作りケガをした部分の血圧を下げることで出血を抑えることができます。


スポンサードリンク

③傷口を覆って保護する。
洗浄と止血が終わったら適切な創傷被覆材を当て、絆創膏や包帯で固定します。

創傷被覆材としては、透明なフィルムや親水ポリマーを主成分とするハイドロコロイド素材のものなど様々な種類のものが市販されています。

ドラッグストアでよく見るものとしては、「キズパワーパッド」、「ハイドロ救急パッド」、「プラスモイスト」、「ハイドロコロイド包帯」、「ネクスケア」、「カットバンモイスト」など様々あります。

傷の種類や程度に応じて、自分の傷にあったものを使用するようにしましょう。

④創傷被覆材の交換をする。
創傷被覆材の表面に滲出液(しんしゅつえき)が染み出してきたら、きちんと交換をしましょう。

傷の観察のためにも必ず1日1回は交換するようにします。

※動物に噛まれたりした場合の噛み傷や刺し傷、裂傷などは患部奥深くにまでばい菌が入り込んでいることがあるので、病院で診察を受けましょう。

切り傷やすり傷をすぐ治す方法は?

上記でご紹介した切り傷やすり傷の正しい処置方法は、「湿潤(しつじゅん)療法」といわれるものです。

湿潤療法のメリットとしては下記のようなものがあげられます。

●傷が比較的早く治る
傷を治す為に体が出す分泌液でもある「滲出液」は、「化膿している」と慌てる人もいますが、体の反応としては正常なもので、滲出液で傷口が常に満たされることで、その効能を最大限に活用でき治癒も比較的早くなります。
●痛みが軽減される
傷口をガーゼなどで覆うと、せっかく出た滲出液を吸収してしまい逆に傷口が乾燥してしまいます。

そうするとガーゼを交換する際などに、新たにできた皮膚も引っ張られるため痛みを伴います。

傷口に創傷被覆材を使用することで、傷口の乾燥を防ぐことができて、乾燥を防ぐことで痛みは軽減されます。

●傷跡が残りにくい
昔は、「かさぶたができると傷の治りが早い」とも言われたものですが、かさぶたは、ケガなどの時に出血を止める役割や、菌が入ることを防いだり、傷をふさぐなどの役割をもちますが、人によっては跡が残りやすいものでもあります。

また、かさぶたを無理にはがしたりひっかいたりすると、傷の悪化や菌の侵入などの悪影響を及ぼす可能性もあるため、長期間デリケートに保護する必要もあります。

ですが、傷口を湿潤状態に保つことで、かさぶたが作られず、皮膚の組織がスムーズに再生され、傷口を消毒する治療法に比べ、跡が残りにくいという利点があります。

傷によっては病院での診断を仰ぎましょう!

  • 大きな傷
  • 動物に噛まれた傷
  • 化膿した傷
  • 深い刺し傷や切り傷
    (※特に錆びた釘などを踏んだ場合や汚染された器具での傷の場合)
  • 出血がなかなか止まらない場合
  • 傷の治りが悪くなるような持病がある場合
  • 免疫力を低下させる薬を飲んでいる場合

上記のような場合は、自分で判断や処置をする前に、病院で医師の診断を受けるようにしましょう。

まとめ

昔は、傷口に消毒液をつけて、できる限り乾燥させて治すのが主流でしたが、現在は傷口の滲出液の自然治癒力を最大限に活かすのが主流となっています。

湿潤療法は、家庭でもできる処置方法ですが、適切な処置を行わないと傷口を悪化させる原因ともなるため、「腫脹・疼痛・発赤・局所熱感」といった炎症の徴候がみられる場合は、速やかに病院で医師の診断を受けるようにしましょう。

正しい処置で、傷跡を残さず早くきれいに治しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ