目黒さんま祭り2016の日程&会場は?並ぶ時間は?待ち時間や混雑具合は?

さんま祭り

秋の味覚の代表格と言えば「さんま」。

そして、秋の目黒の風物詩と言えば「目黒のさんま祭り」が有名です。

古典落語「目黒のさんま」をきっかけに行われている目黒区民まつりは、今回で第40回の開催を迎え、毎年多くの人で賑わいます。

もちろんメインイベントは、「目黒のさんま祭り」。

宮城県気仙沼市から運ばれる新鮮なサンマが炭火で焼かれ、もくもくと上がる煙やニオイで食欲を刺激してくれます!

今回は、目黒のさんま祭りの日程や会場、並ぶ時間など待ち時間や混雑具合についてご紹介します。

スポンサードリンク

目黒さんま祭り2016の日程&会場は?

モクモクと煙を上げならが新鮮なさんまを炭火で焼き上げ、ホクホクと頬張る。

目黒のさんま祭りで秋を感じる方も多いのではないでしょうか?

また、目黒市民まつりでは、さんま祭りだけでなく「ふるさと物産展」や「お祭り広場」「子ども広場」などの催しも行われていますので、家族や友達同士でも楽しめるイベントになっています。

そんな目黒のさんま祭りの日程や会場は下記のとおりになります。

目黒さんま祭り2016年の日程&会場詳細

◆日程:2016年9月18日(日)
※雨天決行
◆時間:10:00~15:30
◆会場:田道広場公園、目黒ふれあい橋、目黒区民センター、目黒区立田道小学校
◆場所:東京都目黒区目黒1-25-8、他
◆入場料:無料
◆アクセス:JR山手線「目黒駅」下車、徒歩約11分
◆お問合せ:03-5722-9278

田道広場公園

目黒ふれあい橋

目黒区民センター

目黒区立田道小学校

目黒さんま祭りのお馴染みの光景でもある炭火の網がずらっと並んだ会場は「田道広場公園」で開催されますのでお間違いなく!

目黒さんま祭りのサンマは無料で食べられるの?

目黒のさんま祭りが多くの人で賑わうのは、「無料で配布される!」とあって毎年大盛況でもあります。

嬉しいですよね~^^

美味しいサンマが、焼きたてほくほく!しかも家ではなかなかできない炭火焼きの本格的な形で食べられるんですからっ!

さすが目黒区!!太っ腹です^^

スポンサードリンク

目黒さんま祭りの並ぶ時間は?待ち時間や混雑具合は?

目黒さんま祭りは、秋の味覚の代表でもある【さんま】を無料配布していることもあり、毎年20000人以上もの方が来場して、出来立てホヤホヤのさんまの炭火焼きを頬張っています。

さんま祭り当日は、これだけの方がドッと押し寄せるので、さんまを食べるだけでも相当並ぶことが予想されます。

特にさんまを焼いている【田道広場公園】は人でごった返しているので、お連れ様とはぐれないように注意してくださいね。

例年ですと、さんまを食べられるまでに3~5時間程度かかりますので、「帽子を被る」「水分補給をしっかり行う」などの熱中症対策をしっかり行って並ぶようにしましょう。

関連:熱中症対策の詳しい情報はコチラをご覧ください!

目黒のさんま祭り サンマを食べるためには?並ぶの?

目黒のさんま祭りで、無料の炭火で焼きたてのさんまを食べるには、「さんま引換券」が必要になります。

田道広場公園の会場入口で「さんま引換券」が渡されます。

例年、人数整理のため、列の最後尾で、1人に1つのリストバンドが着けられます。

リストバンドがない方には、「さんま引換券」がもらえませんので「さんま引換券」の列には、全員そろって並ぶのが鉄則です。

たくさんの人が並んでいますので、連れの方が並んでいても横入りしてはいけません。

たくさんの方が来られるイベントですので一人一人がマナーとルールを守って楽しいイベントにしましょう!!

目黒さんまの並ぶ時間&待ち時間は?攻略法はコレ!

目黒さんま祭りでは、最大5時間程度並ぶことが予想されますが、そんなに並んでられない!と思われる方も多いのではないでしょうか?

無料のさんまを並ばずに食べる方法は、残念ながらありませんが、待ち時間を減らす方法はあります。

それは、”人より早く並ぶ”です。

当たり前かもしれませんが、これが一番確実に並ぶ時間を減らす方法です。

では、「何時ぐらいに並べばいいの?」というと、朝の8時頃には並んでおくのがよいでしょう

さんま祭りは、10時からスタートしますので運がよければ2時間程度の待ち時間でさんまを食べることができます。

もちろん、もっと前から並んでいる方もおられますが…(-_-;)

また、10時ごろからは気温もドンドン上がってきますので、少しでも涼しい午前中に出かけて、暑さのピークが来る前にさんまを食べるのがおすすめです。

そして、「早起きは三文の徳」とも言うべき、早く並んだ方が嬉しい特典として、先着500名(前回の実績)には、秋のさんまにピッタリの食欲と香りを引き立てる大分県臼杵市産のカボスを無料で配っています。

待ち時間も短縮できて、体の負担も少なくできて、カボスももらえるので、できるだけ早めに並ぶのがおすすめの方法です。

また、「朝早くからも並びたくない、待ち時間も待ってられない」という方は、有料で焼きさんまを買うこともできますので、こちらを利用するのもよい方法かもしれませんね。

有料の焼きさんまは、同じ会場の「ふるさと物産展」で購入可能です。

まとめ

東京の秋の訪れを告げる「目黒のさんま祭り」。

普段食べるサンマとは一味も二味も違いますので、シルバーウィークは目黒さんま祭りに足を伸ばしてみてくださいね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ