40代の紫外線対策は?日焼け止めの選び方やおすすめはコレ!若い頃と同じケアじゃNG!

40代の紫外線対策

ギラギラと眩しい太陽の季節。

太陽の眩しい光とともに舞い降りてくる女子の天敵「紫外線」

紫外線はその浴びた量に応じて、シミやしわなど肌の老化を促進してしまいます。

「老化を促進」なんて言葉を聞くと「もう紫外線は浴びたくない!」と40代女子は必死の抵抗を試みます。

紫外線対策として最も使用頻度が高いアイテムは「日焼け止め」かもしれませんね。

でも、若い子と同じような日焼け止めを選んでませんか?しっかり40代女子にピッタリなものを選ばないと、そのシミ・・進行しちゃいますよ。

今回は、若い頃と同じケアじゃNG!40代の紫外線対策 日焼け止めの選び方やおすすめのものをご紹介します。

スポンサードリンク

40代の紫外線対策 日焼け止めの選び方は?

真っ白な陶器のようなスベスベの透明な肌。

若い頃は憧れたものですが、40代になると一気に辛い現実が襲ってきます。

化粧を落としスッピンになるとここぞ!とばかりに目立つシミやしわ・・・。こんなはずじゃなかったのに!と後悔しても体は元には戻りません。

でも、諦めてはいけません。

例え年齢を重ねても、しっかりと年齢に合わせたケアを心掛けるだけで、紫外線の影響を阻止することも可能なのです。

「これ以上にはなりたくない!」「どうにかここで食い止めたい!」そんなあなたにこそチェックしてもらいたい40代の紫外線対策です。

40代の日焼け止め選びはココに注目!

「日焼け止めは、SPF値やPA値が高いものをつけておけば大丈夫!!」

そんな安易な選び方をしている人は、シミやしわなどお肌の老化がすすむ「加齢肌」にまっしぐら。加齢肌へと突き進んでしまわないよう「グッ!」とブレーキをかけましょう。

40代になると、ある程度の人がシミの一つや二つ抱えています。「私は大丈夫!」なんて鼻歌まじりの人も、肌の奥にはしっかりとシミの予備軍たちが怖いぐらいに出番を待っていますよ。

日焼けによるシミの種類は?

老人性色素斑

シミの中でも最も多いシミで、紫外線の影響でできるものです。丸く茶色い形状で日光性色素斑(にっこうせいしきそはん)日光性黒子(にっこうせいこくし)ともいわれます。

長年肌に蓄積されたメラニン色素がターンオーバーを経て額や頬などに出てくるため、40歳前後で気になりはじめる人が多いのが特徴です。

紫外線に当たりやすい部位(顔や腕、手の甲、肩など)に多くでき、直径数mm~数cmの斑状のシミになります。また、日焼けをするほど増え、はじめは薄い茶色でも次第に色は濃くなっていきやすいのが特徴です。

光線性花弁状色素斑

強い日焼けをした時など短期間で大量の紫外線を浴びた時にできるもので、肩や背中などにできる花びらのような形のシミが特徴です。尚、色白の人に出やすいなどの特徴があります。

できてしまったシミは消せるの?

残念ながらシミは、完全に消せることはありません。ですが、薄くすることはできます。そのため、できる限り薄くすることで見た目にはほとんど見えない程度にまで薄くすることも可能です。

でも、何もケアせずにそのまま放置すれば、シミは次第に濃くなっていったり、広がったりします。

特に、顔にできやすい「シミ」といって思い浮かべる典型的な「老人性色素斑」は、紫外線との因果関係が大きく、過去に浴びた紫外線の量や時間が多い人はできやすい傾向にあり、また紫外線によってさらに悪化することがわかっています。

シミ予備軍も向き合い方次第!

今は目立ったシミがなくても、誰にでも「シミ予備軍」は存在しています。
でも、そのシミ予備軍の出番が確実に来るのか!?と言えば、それは今後のお肌のケア次第でまったく変わってきます

よく耳にする「メラニン」はシミのもとになるというイメージが強く、肌にとっては良くないものと思われがちですが、実は、紫外線を吸収し、肌への影響を抑えて、紫外線から肌を守るという大事な役割も担っています。

「シミの予備軍」と言われるものは、紫外線のダメージから防衛するために、メラノサイト(メラニンを合成する場所)がメラニンの生成を急いだためにできあがったもので、肌の正常な反応でもあるのです。

でもこのメラノサイトが正常に制御できている状態ならばいいのですが、紫外線などの影響を受けてメラノサイトのメラニン生成能力が高まることで「シミ予備軍→シミ」へとスイッチを入れてしまうのです。

そう!このスイッチを押さないためにも「紫外線対策」がとっても有効ですし大切になってくるのです。

「もうダメだ。」と諦めるのではなく、思い立った時からでもしっかりと紫外線対策を行うことで「グッ!」と、シミなどの加齢肌行きへのブレーキをかけることになるんです。

40代の紫外線対策 日焼け止めのおすすめはコレ!

日焼け止めの効果というと、SPF値やPA値を考える人は多いですが、40代になるとチェックしておきたいのが、「紫外線吸収剤か?」「紫外線散乱剤か?」の成分を知ることがポイントになります。

40代の肌は若い頃とは違います。加齢とともに新陳代謝が低下し、お肌のターンオーバーもゆっくり遅くなりがちに・・・。

特に40歳前後から顔のシミも目立ち始めるので、しっかりと意識して紫外線対策を行う必要があります。

紫外線対策として最も使用頻度の高い「日焼け止め」も年齢に合わせたものを選んで、的確にお肌にアプローチしましょう。

紫外線吸収剤か?紫外線散乱剤か?

日焼け止めの成分には、「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤のメリットとデメリット

紫外線吸収剤は、皮膚の表面で紫外線を吸収し、化学的にエネルギーに変えて放出し、紫外線が肌の内部に侵入するのを防ぐものです。

紫外線防御力が高いとされる「高SPF値」の製品には必ず必要となる成分でもあります。

紫外線吸収剤のメリットは、紫外線を防ぐ力が強いということです。

また、無色透明なので白浮きすることがなく、「日焼け止め塗りました!」感があまりなく、塗り心地もなめらかなので使い心地がよいのが特徴です。

紫外線吸収剤のデメリットは、防御力が高いぶん、肌への負担が大きくなることです。また、有機化合物であるため人によっては刺激を感じることがあります。

紫外線散乱剤のメリットとデメリット

紫外線散乱剤は、肌の表面で紫外線を跳ね返し、紫外線が肌に当たるのを防ぐものです。

紫外線散乱剤のメリットは、有機化合物ではないので肌への負担が少ないことです。また、構造が壊れにくく効果が長持ちし、紫外線UV-AとUV-Bの両方が防げるのも特徴です。

スポンサードリンク

紫外線散乱剤のデメリットは、白浮きしやすかったり、塗るとベタベタしたりなど、使用感の悪さがあるところです。

40代には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤どちらがおすすめ?

40代は若い子と同じケアはできません。特にシミ予防対策は必須ですので、おすすめはズバリ!「紫外線散乱剤」の日焼け止めです。

紫外線散乱剤の多くは「ノンケミカル」と表示されています。また成分表示に「酸化チタン」「酸化亜鉛」と書かれていますので購入時にチェックしましょう。

※日常的な生活シーンであれば、夏でもSPF25、PA++程度でも十分です。

40代の日焼け止めのおすすめはコレ!

ビオレUV アクアリッチウォータリーエッセンス

こちらの商品は、2011年から4年連続売上数量No1を誇っているエッセンスタイプと同じ成分のジェルタイプの商品です。

その人気の秘密は、顔から足まで全身に使える便利さとUVカット成分を閉じ込めた、ぷるぷるのウォーターカプセル配合で付け心地の満足感も高いところです。

また、ジェルタイプなので全身にのばしやすく、ベタベタ感もなく、つけている感じがしないのがすごく魅力です。エッセンスタイプもいいですがジェルタイプも使い始めると使いやすいのでおすすめなんです!

紫外線散乱剤と吸収剤が配合されているので、強力に紫外線をカットしつついつもの洗顔料、ボディウォッシュで落とせる安心感もあるのでお気に入りです。

>>>他にも【楽天市場】で最安値の商品を探すならコチラ

ORBIS サンスクリーン フリーエンス

こちらは、オイルフリーで紫外線吸収剤フリーなので、子供と一緒に使える安心感が高い商品です。

オルビスのUVカット商品のなかでも満足度が最も高いと言われている商品で、今までの商品とは違う付け心地や全身に使える便利さ&クレンジングも要らない手軽さもあり、満足度高めの人気商品になっています。

確かに以前のオルビスのUV製品はベタベタ感やしばらく経過した後のツッパリ感が気になって数回使用しただけで他の商品に浮気しちゃってましたが、この商品は以前の商品とは比較にならないほどのさらさらで軽い付け心地に仕上がっています。

>>>他にも【楽天市場】で最安値の商品を探すならコチラ

まとめ

欲張り女子は、いつまでも貪欲に!

キレイの道を探し求めます☆

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ