なにわ淀川花火大会2016年の日程は?穴場&おすすめの場所取りスポットは?

淀川花火2016

圧倒的なボリュームと大迫力の花火で観覧者を魅了する「なにわ淀川花火大会」。
昨年から復活した10号尺玉や、水中花火、大会史上最大級のスターマインなど大阪の”いってまえ”精神で豪華なプログラムとなっています。

また、見どころは高度の違う花火で奥行のある演出で縦横無尽に夜空を彩る「フラワーサーカス」や尺玉一斉打上で始まる「音楽シンクロ花火」など、オープニングからフェナーレまで豪快に打ち上げられる花火に注目です!

今回は、なにわ淀川花火大会2016年の日程や混雑攻略のアクセス法、有料席&おすすめの場所取りスポットをご紹介します。

>>>【関連記事】女子必見!花火大会での持ち物リストは&浴衣のときに持っていきたいものは?

スポンサードリンク

なにわ淀川花火大会2016年の日程は

大阪の中心地を彩るなにわ淀川花火大会の日程の詳細は下記のとおりです。

第28回 なにわ淀川花火大会の日程の詳細!

●開催日時:2016年8月6日(土) 19:40~20:40
※雨天決行。荒天の場合は中止

●開催場所:淀川河川上(新御堂筋淀川鉄橋~国道2号線の間)

●打ち上げ数:未発表(20000発と言われている)

●交通:
【十三会場側】の最寄駅
阪急電鉄「十三」駅
JR東西線「御幣島」駅
阪神電鉄「姫島」駅
阪急電鉄 「南方」駅
JR「塚本」駅
地下鉄「西中島南方」駅
【梅田会場側(旧大淀会場)】の最寄駅
阪急電鉄「梅田」駅
地下鉄千日前線「野田阪神」駅
阪神電鉄 「梅田」駅・「野田」駅・「福島」駅
JR「大阪」駅
地下鉄 「梅田」駅・「東梅田」駅・「西梅田」駅
JR東西線「海老江」駅・「新福島」駅

●駐車場:無し

●お問い合わせ先:06-6307-7765(音声ガイダンス)

●公式HP:http://www.yodohanabi.com/

なにわ淀川花火大会の主なスケジュールは?

  • 19:40~ オープニング
    第28回「なにわ淀川花火大会」が幕を開けます。音楽にぴったり合わせた花火の打上げで、ド迫力のオープニングに。観客の皆様を一気になにわ花火ワールドへお連れします。 さぁ、60分間の国内最高峰エンターテイメント花火ショーのスタートです。
  • 19:51~ WE LOVE なにわ
    なにわ淀川花火大会の代名詞にもなった『水中花火』は、開発場所が皆様に近い分、迫力は倍増します。花火が夜空と水面に一斉に開いた時の美しさと迫力は必見です。
  • 19:58~ HAPPY
    みんながHappyになれるような、会場いっぱいに笑顔が溢れるような花火を打ち上げます。軽快なリズムに乗った花火を満喫して下さい。
  • 20:09~ スカイナイトコンサート
    光と音によって生み出される一味も二味も違う花火が皆様をなにわ花火の世界へ引き込んでいきます。LIVE感覚で楽しんで下さい!!!
  • 20:21~ ワールドオブアドベンチャー
    大人も子供も大好きな「冒険」。先に何が待ち構えているかわからない冒険のワクワク感とドキドキ感を音楽に合わせて不思議な花火で表現します。未体験の冒険へ出発しましょう。
  • 20:30~ なにわ新名物”いてまえ”スターマイン
    なにわ淀川花火大会史実上最大級のワイドな演出をこれでもかっと言うくらい続けます!まばたきを忘れるくらいのパフォーマンスを心ゆくまでご堪能下さい。
  • 20:37~ フィナーレ
    グランドフィナーレは圧倒的なボリュームで、壮大に締めくくります。この夏一番の感動と興奮を皆様にお届けします。

なにわ淀川花火大会の混雑攻略のアクセス術は?

淀川の河川敷で開催される「なにわ淀川花火大会」は、非常にアクセスのよい花火大会でもあるので、毎年40万人以上の方が会場周辺に訪れる関西最大級の花火大会です。

特に、「十三駅」「塚本駅」は、十三会場に、「中津駅」は梅田会場に近いので、毎年16時頃から混雑が始まります。

最寄り駅利用の場合、混雑を避けるのであれば、16時前には現地入りして観覧場所を確保することをおすすめします。

また、淀川河川敷で行われるため多少はなれた場所からでも花火を見ることができますので、「西中島南方駅」「南方駅」「海老江駅」「野田阪神駅」からのアクセスの方が混雑を避けるのであればおすすめです。

また、「大阪駅」「梅田駅」からも徒歩約25分程度で会場に行くことができるので、デパ地下などでテイクアウトして会場に向かうのもおすすめです。。

花火大会終了後は、一斉に駅に集中するため最寄駅である「十三駅」「塚本駅」「中津駅」は非常に混雑し「おしくらまんじゅう状態」になります。

花火大会終了後は、すぐに駅に向かう人の波に乗らず、その場や周辺の飲食店などで時間を潰してから、人の波が落ち着いた頃合いを見計らって動き出すのが賢明です。

もしくは、帰りは最寄り駅を目指すのではなく、多少歩いてでも少し離れた駅を目指す方がスムーズに帰れるかもしれません。

特に、「大阪駅」「梅田駅」に向かうと各鉄道会社が集まっていますのでスムーズに帰れます。

尚、駅の窓口や券売機付近は大変混雑しますので、ICカードの乗車券をお持ちの場合は、あらかじめチャージしておくのも、混雑攻略のひとつになります。

>>>【関連記事】女子必見!花火大会での持ち物リストは&浴衣のときに持っていきたいものは?

なにわ淀川花火大会のおすすめの穴場&場所取りスポットは?

なにわ淀川花火大会は、毎年非常に多くの観覧客が訪れ、会場周辺は身動きが取れないぐらい混雑します。

オープニングからフィナーレまで豪快に打ち上げられる花火間近で観覧したい場合には、河川敷に有料席が設置されますので、場所取りに悩まされずにゆっくり大迫力の花火を楽しむには有料席を確保するのがおすすめです。

なにわ淀川花火大会の有料席情報は?

淀川花火 有料観覧席図

スポンサードリンク

なにわ淀川花火大会の有料席の詳細は?(右岸会場)

エキサイティングシート(十三会場)
◆料金:大人 9,000円、小人 5,000円(前売りのみ)
◆収容人数:6,000名
◆座席指定:自由席
◆開場時間:17:00~
※お弁当・お茶・机・パイプイス付き
アリーナ(十三会場)
◆料金:
大人 7,000円、小人 4,000円(前売り券)
大人 8,000円、小人 5,000円(当日券)
◆収容人数:4,500名
◆座席指定:自由席
◆開場時間:17:00~
※お弁当・お茶・机・パイプイス付き
団体(十三会場)
◆料金:
大人 8,000円、小人 5,000円(前売りのみ)
◆収容人数:3,500名
◆座席指定:団体指定席
◆開場時間:17:00~
※お弁当・お茶・机・パイプイス付き
ステージシート(十三会場)
◆料金:
大人 9,000円、小人 5,000円(前売り券のみ)
◆収容人数:1,500名
◆座席指定:ブロック指定席
◆開場時間:17:00~
※お弁当・お茶・机・パイプイス付き
納涼船
◆料金:
大人 18,000円、小人 10,000円(前売り券のみ)
◆収容人数:1,700名名
◆座席指定:完全指定席
◆開場時間:17:00~
※お弁当・お茶・机・パイプイス付き
ライトスタンド1(パノラマスタンド)
◆料金:
大人 3,500円、小人 2,000円(前売り券のみ)
◆収容人数:4,000名
◆座席指定:自由席
◆開場時間:16:00~
※クッションシート付き
ライトスタンド2(パノラマスタンド)
◆料金:
大人 3,500円、小人 2,000円(前売り券)
大人 4,000円、小人 2,500円(当日券)
◆収容人数:3,300名
◆座席指定:自由席
◆開場時間:16:00~
※クッションシート付き
ライトスタンド3(パノラマスタンド)
◆料金:
大人 4,000円、小人 2,500円(当日券のみ)
◆収容人数:2,200名
◆座席指定:自由席
◆開場時間:16:00~
※クッションシート付き
レフトスタンド1(パノラマスタンド)
◆料金:
大人 3,500円、小人 2,000円(前売り券のみ)
◆収容人数:3,300名名
◆座席指定:自由席
◆開場時間:16:00~
※クッションシート付き
レフトスタンド2(パノラマスタンド)
◆料金:
大人 3,500円、小人 2,000円(前売り券)
大人 4,000円、小人 2,500円(当日券)
◆収容人数:2,800名
◆座席指定:自由席
◆開場時間:16:00~
※クッションシート付き
レフトスタンド3(パノラマスタンド)
◆料金:
大人 3,500円、小人 2,000円(前売り券)
大人 4,000円、小人 2,500円(当日券)
◆収容人数:4,400名
◆座席指定:自由席
◆開場時間:16:00~
※クッションシート付き
夏ぴあシート S席
◆料金:5,000円(前売り券のみ)
◆収容人数:3,168名
◆座席指定:完全指定席
◆開場時間:17:00~
※パイプイス
夏ぴあシート A席
◆料金:4,500円(前売り券のみ)
◆収容人数:2,340名
◆座席指定:完全指定席
◆開場時間:17:00~
※パイプイス
イープラス
◆料金:S席 5,000円、A席 3,000円(前売り券のみ)
◆収容人数:S席 2,000名、A席 1,000名
◆座席指定:S席 完全指定席、A席 エリア内自由席
◆開場時間:17:00~
※S席 パイプイス、A席 クッションシート
読売旅行
◆料金:セット価格(前売り券のみ)
◆収容人数:1,000名
◆座席指定:団体指定席
◆開場時間:16:00~
※パイプイス

なにわ淀川花火大会の有料席の詳細は?(左岸会場)

梅田会場
◆料金:
大人 4,500円、小人 2,500円(前売り券)
大人 5,000円、小人 3,000円(当日券)
◆収容人数:6,500名
◆座席指定:自由席
◆開場時間:17:00~
※パイプイス付き
ダイナミックシート
◆料金:
大人 2,500円、小人 1,500円(前売り券)
大人 3,000円、小人 2,000円(当日券)
◆収容人数:2,000名
◆座席指定:自由席
◆開場時間:17:00~
※クッションシート付き
セブン-イレブンシート
◆料金:5,000円(前売り券のみ)
◆収容人数:1,500名
◆座席指定:完全指定席
◆開場時間:17:00~
※パイプイス

>>>【関連記事】女子必見!花火大会での持ち物リストは&浴衣のときに持っていきたいものは?

なにわ淀川花火大会の有料席の注意事項!
各会場 共通
※子供料金の設定:3歳以上小学校以下(乳幼児の膝上入場可・無料)
※再入場可 ・雨天決行、但荒天の場合中止。
※ペット等、動物の連れ込み禁止(但し盲導犬や介護犬を除く)
※18:30以降は河川敷に入場出来ない場合がございますのでご注意下さい。入場出来ない場合でも払い戻し致しません。
※天候等その他の事情により、打ち上げ時間を変更する場合があります。
※打ち上げ終了後は、誘導スタッフの指示に従い退場いただきます。
※大会が開催された場合、いかなる事情におきましても払い戻しは致しません。
※他会場チケットとの交換はできません。
※会場内は禁煙となっております。お煙草は「喫煙コーナー」をご利用下さい。
※会場周辺は駐車出来ませんので、お車でのご来場はご遠慮下さい。
※花火打ち上げ中、風の向きや強さにより「燃えカスやガラ」が降ってくる事がありますので、十分ご注意ください。

右岸会場
※本年度より中央階段が協賛席会場専用入場口となりました。チケットをお持ちで無いと河川敷内及び会場に入れませんのでご注意ください。

納涼船
※納涼船は岸壁に固定されており動きません。

パノラマスタンド
※本券はエリア指定です。エリア内は緩やかな芝生斜面の自由席です。
※入場の際にシートをお渡ししますので、そのシートの上にお座り下さい。ご持参の敷物などはご使用いただけません。
※危険ですので、絶対に走ったり寝ころんだりしないようお願いします。
※花火の打ち上げが開始しましたら、終了するまで退場出来ません。

なにわ淀川花火大会の有料席の申し込み方法は?

下記の販売店及びインターネットで購入できます。

なにわ淀川花火大会は淀川河川敷で行われるため、多少はなれても迫力のある花火を楽しむことができます。

淀川河川敷海老江地区野球場
阪神高速が前にあるので一部見えにくい花火がありますが、会場からも近く迫力のある花火を見ることができます。

野球場のグラウンドなど公園全体が解放されているため、混雑も少なく座ってゆっくり花火を楽しむことができます。

屋台などは出ていないので、「野田阪神駅」前にジャスコがあるので買い出しはコチラでしてから会場に向かいましょう。

仮設トイレも設置されますので安心です。

淀川河川敷公園下流(十三側)
阪神高速が前にあるので一部見えにくい花火がありますが、会場からも近く迫力のある花火を見ることができます。

公園全体が解放されているため、混雑も少なく座ってゆっくり花火を楽しむことができます。

淀川河川敷公園上流(十三側))
屋台が広範囲に連ねるのでお祭り気分を味わえるエリアです。

屋台がある分混雑しますが、一部見えにくい花火がありますが、間近で花火を楽しむことができます。

>>>【関連記事】女子必見!花火大会での持ち物リストは&浴衣のときに持っていきたいものは?

まとめ

大阪を代表する花火大会は、都会で行われる花火大会の中でも大迫力の花火を楽しむことができますので、是非お越しくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ