仙台七夕まつり2016年の日程は?見どころや楽しみ方&混雑具合は?

仙台七夕まつり2016

「世界一の紙と竹の優美な祭典」として知られる「仙台七夕まつり」。

仙台七夕は、「藩祖伊達政宗公」の時代から続く伝統行事として受け継がれており、 星祭りの優雅さと飾りの豪華絢爛さを併せ持つお祭りとして毎年200万人以上の来場者を誇る仙台の一大イベントです。

開催期間中は、仙台市内中心部および周辺商店街をはじめ、 街中が色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされ様々なイベントも行われます。

今回は、仙台七夕まつり日程は?見どころや楽しみ方&混雑具合についてご紹介します。

スポンサードリンク

仙台七夕まつりの日程は?

七夕まつりは本来、旧暦7月7日の行事として全国各地に広まっていました。 仙台七夕まつりでは、その季節感に合わせるため、新暦に1ヵ月を足した暦である中暦を用い、現在の8月6日から8日に開催されています。

仙台七夕まつりの日程詳細

◆開催日:2016年8月6日(土)~8月8日(月)

◆開催時間:
【飾り付け期間】

10:00頃~22:00頃(6日・7日)、11:00頃~21:00頃(8日)
【おまつり広場】 ※勾当台公園市民広場
10:00~21:00

◆開催場所:仙台市中心部および周辺商店街

◆交通:
<電車>

JR「仙台駅」または「あおば通駅」下車すぐ
地下鉄南北線「仙台駅」「広瀬通駅」「勾当台公園駅」下車すぐ
<車>
東北自動車道「仙台宮城IC」より約15分
仙台東部道路「仙台東IC」より約20分

◆お問合せ:022-265-8185(仙台七夕まつり協賛会(事務局:仙台商工会議所))

◆公式HP:http://www.sendaitanabata.com/

※仙台七夕まつり期間中は、七夕飾り掲出エリア周辺並びにおまつり広場をはじめとしたイベント会場周辺での小型無人飛行機(ドローン等)の使用は禁止です。

仙台七夕まつりの駐車場&交通規制情報は?

仙台駅周辺には、多くの駐車場がありますので車で来場される場合はそちらに停めてお祭りを楽しんで下さい。

>>>仙台駅周辺の駐車場情報はコチラ!

また、会場周辺は交通規制が行われます。

仙台七夕まつり 交通規制図
>>>仙台七夕まつり期間の交通規制情報はコチラ!

仙台七夕花火祭の日程の詳細は?

今年で47回目を迎える「仙台七夕花火祭」。

震災から5年の節目を迎える今年は「きらめき~笑顔あふれる未来を~」をテーマに、光り輝く未来の仙台へを創造します。

真の復興に向かって仙台の夜空を色鮮やかな花火で明るく照らすように、仙台西公園周辺一帯を会場に約16,000発の花火が夏の夜空に大きく打ち上がります

●日時:2016年8月5日(金) 19:00~20:30
※小雨決行、荒天時は8/9(火)に延期

●打上場所:仙台西公園付近一帯

●打上数:16000発

●昨年の人出:450,000人

●交通:地下鉄東西線「大町西公園駅」下車、徒歩約3分

●駐車場:なし

●お問合せ:022-222-9788(公益社団法人仙台青年会議所)

公式HP:http://www.tanabata-hanabi.jp/

●有料席:あり
※テーブル席(4名)20000円、テーブル席(2名)10000円、イス席(1名)3000円


スポンサードリンク

仙台七夕まつりの見どころや楽しみ方は?

仙台七夕まつりの見どころは、やはり毎年新たに手作りされる豪華絢爛な笹飾りですね。

祭り前日の8月4日早朝に山から切り出された、長さ10メートル以上の巨大な竹の小枝をはらい、飾りつけの準備して各商店街に飾り付けます。

竹飾りは、数か月前から一つづつ手作りで準備され、1本あたり数十万~数百万円もの価格がするといわれます。

また、吹流し5本1セットで飾るのが仙台七夕の習わしとなっています。

各個店で飾られる飾りの内容は当日まで企業秘密となっており、8月6日の朝8時頃から飾り付けが行われ、その豪華絢爛さをお互いに競い合います

各商店街毎に飾り付け審査が行われ、8月6日午後には金、銀、銅の各賞が発表され各賞のプレートがつけられます。

晴天のもと幾重にも重なり風にたなびく繊細な和紙飾りの姿は、まさに百花繚乱のごとく絶景です。

ただし、和紙飾りの天敵は雨です。一旦、雨が降り出すともうそこは戦場のような慌ただしさに変わります。各個店の方が折角の飾りを濡らすまいと大慌てでビニール袋に飾りをしまう姿も見どころのひとつではないでしょうか。

祭り期間中で賑わうのは、豪華絢爛な七夕飾りをしている中心部の中央、東一番丁、駅前の各通りですが、周辺部のあまり豪華さは目立たないものの、昔なつかしい素朴な七夕飾りも見逃せません

勾当台公園市民広場は【おまつり広場】として、ステージイベント イルミネーションエリアとして伝統・歴史、グルメ、多彩なステージイベントなどが行われます。

昼と夜、違った雰囲気が味わえるくつろぎの場へ、ぜひお立ち寄りください。

また、瑞鳳殿で行われる「瑞鳳殿七夕ナイト」や「仙台城跡夕涼みイベント」など、七夕まつり期間に合わせて様々なイベントも開催されます

仙台七夕まつりの混雑具合は?

毎年200万人以上の観光客が訪れる「仙台七夕まつり」ですので、非常に混雑します。

一番の賑わいを見せるのは、中心部の中央、東一番丁、駅前の各通りですが、ステージイベントを行っている「おまつり広場」なども賑わっています。

週末の土曜・日曜は来場者が多いので、混雑を避けるのであれば月曜を狙って来場すると、七夕飾りなど比較的ゆっくりと楽しむことができます。

まとめ

今回は、仙台七夕まつりについてご紹介しました。

日本三大七夕まつりのひとつとして数えられるお祭りですので、その中でも一番の豪華絢爛さを誇る笹飾りを是非ご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ