中秋の名月の由来は?十五夜の意味や「仲秋の名月」との違いは?

中秋の名月

日本人がよく耳にする「中秋の名月」や「十五夜」という言葉ですが、なんとなく秋のお月見だなぁ分かっていても、実際、人から「中秋の名月」って?「十五夜」って?て聞かれると答えに詰まってしまう人も多いのではないでしょうか?

今回は、「中秋の名月」「十五夜」について紹介します。

スポンサードリンク

中秋の名月の由来は?

中秋の時期にお月見するのは、農家さんの夏の作物の収穫が終わり、稲刈りをするまでの少し手のすく時期に、稲の豊作を祈る宴を行ったことが始まりとされています。

また、稲の豊作ではなく芋類の収穫祭として、畑作儀礼とされる説もあり、中秋の名月のことを「芋名月」と呼ばれることもあります。

その他に、中国からの渡来説もあります。
中国ではかなり古くから月を見る催し「望月」という行事があり、平安時代に遣唐使により伝えられたものが日本で広がったとされます。

日本での最初の「お月見」は、909年(延喜9年)に醍醐天皇が月見の宴を初めて開いたのが記録です。

「中秋の名月」「十五夜」の意味は?

「中秋(ちゅうしゅう)」とは、旧暦の8月15日夜を照らす満月のことです。

日本には、古来よりこの満月を鑑賞する風習があり、「お月見」「十五夜」とも呼ばれます。

また、「中秋の名月」のことを「芋名月」とも呼ばれ、暦の関係で必ず仏滅になります。

では、1年に12回~13回は満月があるにも関わらず、中秋の名月はなぜ特別扱いされるのでしょうか?

それは、旧暦の8月は1年の中で最も空が澄みわたる時期で、月が明るく美しいとされており、平安時代から「観月の宴」を開催してました。

スポンサードリンク

江戸時代には「収穫祭」として広く親しまれるようになり、「中秋の名月」といえば旧暦の8月15日を指すようになりました。

当時の貴族たちの娯楽の一つとして、月を愛でながら和歌を詠んだり、宴を楽しみながら季節の移ろいを感じながら風情を楽しんだと言われています。

旧暦とは、現在使われている太陽暦(1年を約365日とする)以前に使われていた太陰太陽歴のこと。

「中秋の名月」と「仲秋の名月」の違い

「中秋」「仲秋」と2語で用いられる場合があります。

同じ「ちゅうしゅう」と発音しますが、その意味の違いについて紹介します。

まず「ちゅうしゅう」とは、旧暦で秋の真ん中の時期をさす言葉です。
旧暦では7月~9月(現在では、8月~10月頃)を秋としていました。

そして、旧暦では7月を「孟秋」(もうしゅう)、8月を「仲秋」、9月を「季秋」(きしゅう)と呼んでいました。

「孟」は「はじめ」の意味。「季」は「末」の意味。

このように、「旧暦の8月」を表すときは「仲秋」と書き「仲」の漢字を使います。

そして、「中」の漢字を使うときは、秋のちょうど真ん中の日、つまり「旧暦の8月15日」のみをさすときに使います。

一般的に、「ちゅうしゅう」の名月は、旧暦8月15日に見える満月のことですから、漢字では「中秋の名月」と書くのが正しくなります。

つまり、「旧暦の8月15日の月を中秋の月」「旧暦の8月の月を仲秋の月」になります。

まとめ

秋は、畑作や稲など実りの秋でもあります。1年の実りや豊作に感謝して、昔の日本人のように自然に感謝をしならが満月を楽しむのも風情があってよいのではないでしょうか。

ちなみに、中秋の名月の日程は、

2015年9月27日(日)
2016年9月15日(木)
2017年10月4日(月)
2018年9月24日(月)
2019年9月13日(金)
2020年10月1日(木)

になります。ご参考までに。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ