ふなばし市民祭り2017年の日程や時間&交通規制情報は?屋台は出るの?

船橋の夏の風物詩として定着している「ふなばし市民まつり」。

船橋駅周辺を中心に神輿やフラダンスショーなど盛りだくさんのイベントで地元住民をはじめ夏の人気イベントになっています。

船橋市民まつり

今回は、ふなばし市民祭り2017年の日程や時間&交通規制情報は?屋台は出るの?について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

ふなばし市民祭りの日程や時間は?

今年2017年の日程は下記のとおりとなっています。

●日程:2017年7月28日(金)~30日(日)
※荒天の場合は中止

●時間:
7/28 10:00~17:00
7/29 11:00~16:50
7/30 10:45~20:00

●会場:船橋市本町・宮本通り、駅前通りほか、船橋駅周辺会場

●アクセス:
【電車】

JR総武線船橋駅から徒歩2分

●駐車場:なし

●お問合せ:047-436-2473(ふなばし市民まつり実行委員会)

●公式HP:http://www.city.funabashi.lg.jp/shisei/shoukai/006/p052343.html

ふなばし市民まつりの主なイベント内容は?

ジョイ&ショッピングフェア
7月29日(土) 11:00~16:50 フリーマーケット等が開催

ふれあいまつり
7月30日(日) 10:45~20:00 神輿、ばか面踊り等パレード行事が開催


スポンサードリンク

●船橋会場(本町・宮本通り、駅前通り)
7月30日(日)
10:45~ 実行委員長挨拶
10:50~ よさこいソーラン(駅前)
10:55~ オープニングパレード
11:25~ こどもみこし
11:45~ 阿波踊り
12:10~ 木遣り、梯子乗り
12:15~ 大人みこし
13:25~ 和太鼓
15:55~ まとい、万灯
16:50~ 民踊パレード
17:50~19:50 ばか面パレード

(船橋駅北口おまつり広場)
10:00~16:30 純氷まつり、フラダンスほか

●習志野台会場
・7月29日15:00~20:00 ※30日は12:00~
・JuJu広場、北習志野駅前通り歩行者天国
・ミニライブ、ハワイアン、盆踊り、模擬店ほか

ふなばし市民まつりは、船橋会場、習志野台会場、中山会場、二和向台会場など4つの会場で行われ、船橋港親水公園内では花火大会が行われる船橋の夏の定番祭りイベントです

特に船橋会場は、毎年多くの来場者が訪れ、パレード行事など見どころも満載で大変な盛り上がりをみせます。

中でも、「ばか面踊り」は、【ひょっとこ】や【笑い】面をつけた踊り手が「ばかっぱやし」と言われるお囃子に合わせて町を練り歩く姿は、見ていて飽きない面白さで人気です!

船橋市民祭り 交通規制情報は?

お祭り期間中は、船橋駅を周辺に会場一帯に交通規制が実施されますので、車で来られる方は事前にしっかりチェックしておきましょう。

ふなばし市民まつり 交通規制図

※上記は過去の交通規制図になりますので、変更になる場合があります。
尚、お祭り期間中は大変な混雑で、会場周辺には駐車場が用意されませんので公共の交通機関のご利用をおすすめします。

船橋市民祭り 屋台は出るの?

祭りと言えば、出店など飲食も楽しみのひとつですね。

ふなばし市民まつりでは、地元感たっぷりの「ジョイ&ショッピングフェア」などが開催され、本町・宮本通りが歩行者天国になり、地元の特産品やフリーマーケットなど多数の模擬店が並び、賑やかにお祭り気分を味わえますよ。

営業時間は、特に決まっていませんが祭りの開催に合わせて営業するところがほとんどです。

屋台グルメは、たこ焼き・やきそば・唐揚げ・リンゴ飴など定番の屋台も出ていますが、B級グルメなども出ていますので目移りしてしまうかもしれませんね!

また、縁日のように金魚すくいや風船ハウスなど子供も楽しめるものもあります。

なかでもおすすめは、船橋と言えば・・船橋市非公認キャラの「ふなっしー」が有名ということで、ふなっしーにちなんだメニューも販売されていたりして、食でも船橋を楽しめる内容の屋台が楽しめます。

また、飲食店街など少し路地を入っていくと、地元の飲食店が店頭で自慢の逸品を販売していますので、屋台だけでなく地元グルメを楽しむのもお祭りの醍醐味ですね^^

まとめ

今回は、ふなばし市民祭り2017年の日程や時間&交通規制情報は?屋台は出るの?についてご紹介しました。

漁師町らしい賑やかで元気で楽しいパレードや催し物など盛りだくさんで楽しめる船橋の市民祭り。

船橋の新たな一面を楽しめる楽しいお祭りです。

スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ