口内炎の予防法は?なりやすい人必見の正しい予防法はコレ!

口内炎予防

できればなりたくない「口内炎」

口の中に広がるストレスの塊とも言える口内炎は、地味~に憂鬱度マックスの症状です。

できて後悔するよりも、できる前にやる!口内炎の予防法をご紹介します。

スポンサードリンク

口内炎の予防法

口内炎とは、口の中の粘膜にできる炎症の総称のことです。

口の中の粘膜が、いろいろな刺激を受けたり、体の内部の要因などで炎症を起こしてできるもので、口の中の粘膜が弱ったり、傷ついたり、口内で細菌が繁殖しやすい状態になることによって口内炎になりやすくなります。

>>>【もっと詳しく!】口内炎の原因や種類別の症状や特徴は?

口内炎は決していきなり発生するわけではなく、発生する原因が存在します。

特に口内炎の場合、その発生するメカニズムを知ることで、効果的な予防対策ができます。

スポンサードリンク

口内炎のメカニズム

口腔内の粘膜に傷が発生
※実は頻繁に起きている
↓ ↓ ↓
口腔内のバイ菌等が傷に付着
※唾液の減少など口腔内が乾燥していると特に起こりやすい
↓ ↓ ↓
炎症が発生
※免疫力が低下し抵抗力が落ちいると特に起こりやすい

口内炎の予防対策①

口腔内の傷の発生を防ぐ
◆入れ歯の調整
◆歯の詰め物の定期健診
◆虫歯の治療
◆歯列矯正
◆歯の正しいブラッシング方法を知る
◆ゆっくりよく噛んで食べる
◆熱いものなど温度刺激があるものは控える

口内炎の予防対策②

口腔内のバイ菌が傷に感染するのを防ぐ
◆口腔内を清潔に保つ
(歯磨き、うがい、定期的なプラークや歯石除去など)
◆口腔内の乾燥を防ぐ
(こまめな水分補給など)
◆喫煙習慣の見直し

口内炎の予防対策③

口腔内のバイ菌が傷に感染するのを防ぐ
◆炎症を悪化させないようにする
◆免疫力を高める
(睡眠、バランスの摂れた食事など)
◆体調管理に気をつかう

口内炎のメカニズムに合わせた予防対策を行うことで、口内炎予防には効果的です。

実は、口の中は、人間が生活するうえで使われる機会も多く、外気にも直接触れる器官なので、傷ができたりすることは日常茶飯事のことです。

でも、傷ができたからといって、すべての人が口内炎を発生するわけではなく、口内炎になりやすい人なりにくい人がいるのも事実です。

口内炎予防 効果的なのはコレ!

予防で一番大切なのが、口腔内を清潔に保つこと」

口腔内で傷ができて、細菌やウイルスに感染しやすい状態になっていたとしても、口の中を清潔に保ち、細菌やウイルスが増殖して力を持つことを抑えれば口内炎は発生しにくくなります。

口腔内を清潔に保つことで、菌の繁殖を防ぎ、口腔内の粘膜にできた傷などに感染させないことが何よりも効果的な予防法でもあります。

>>>【もっと詳しく!】口内炎の原因や種類別の症状や特徴は?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ