横浜スパークリングトワイライト2016年の日程は?場所取りは必要?おすすめな穴場はココ!

横浜スパークリングトワイライト

横浜で2日間にわたって開催される「横浜スパークリングトワイライト2016」は、横浜に海と港に親しむ場所を作りたいという思いから誕生して、今年で5回目の開催となります。

昨年は2日間で38万人の方が訪れる人気のイベントになっており、夜の花火大会だけでなく、ステージライブやパレードなど1日中楽しめる楽しみポイント盛りだくさんのイベントでもあります。

今回は、横浜スパークリングトワイライト2016年の日程や場所取り&混雑情報や穴場スポットなどをご紹介します。

スポンサードリンク

横浜スパークリングトワイライト2016年の日程は?

「横浜スパークリングトワイライト」は、2日間開催され、一番の見どころは、横浜の夜空にあがる花火大会。

海と夜景と花火と、横浜ならではの花火が見れるのが、人気の高いポイントでもあります^^

横浜スパークリングトワイライト2016の日程

●開催日時:2016年7月16日(土)・17日(日) 19:30~20:00

※荒天の場合は中止

●開催場所:横浜港(山下公園及びその周辺、公園前海上)

●打ち上げ数:3000発

●交通:
<電車>
みなとみらい線「元町・中華街駅」出口4より徒歩約3分
JR根岸線「関内駅」南口より徒歩約20分
JR根岸線「石川町駅」中華街口より徒歩約15分
<車>
首都高速「横浜公園IC」より約1.5㎞

●駐車場:無し

●お問い合わせ先:045-681-2353(横浜スパークリングトワイライト実行委員会運営事務局)

●公式HP:http://www.y-artist.co.jp/sparkling/

横浜スパークリングトワイライトの主なイベントは?

◆スパークリング花火
時間:19:30~20:00(両日)

新作花火を多数ご用意し、山下公園沖合に約3000発の花火が豪華絢爛に打ち上がります。
花火の前後に繰り広げられるジュエリーポートとの競演も楽しめます。

◆スパークリングパレード
日時:2016年7月17日(日) 14:00~16:00

日本と世界との友好をキーワードに市内から集まったお御輿(おみこし)と世界各国の民族衣装を纏った華やかなパレードを行います。

◆シップパレード
時間:14:00~15:30(両日)

関係機関の協力を得て行われる港町横浜ならではのパレードです。

16日には「横浜港で働く船のパレード」、17日には「シーカヤックパレード」が予定されています。

◆スパークリングステージライブ
時間:15:00~19:00(両日)

公園内の石のステージでは「税関音楽隊」や「赤い靴合唱団」などの演奏が楽めます。
また、夕暮れにはジャズバンドの演奏も予定しており、バーコーナーでのカクテルを片手にゆったりした時間をお楽しむこともできます。

◆海難レスキューデモ
時間:13:00~13:40(両日)

消防船による放水やヘリコプターによる救助活動などの実演展示が見どころです。横浜の街を守る横浜海上保安部や横浜市消防局の日頃の訓練の成果を間近に見ることができます。

◆シーサイドレストラン&バー
時間:11:30~20:30(両日)

横浜の老舗レストランによる人気のコーナー。
午後にはバーコーナーもオープンし、夕暮れ時にはくつろぎの空間を演出します。去年人気の高かったアジアの食をテーマにした第2コーナーも設置されます。

◆トワイライトジュエリーポート
時間:18:50~19:30/20:00~20:15(両日)

イルミネーションを纏った船が山下公園前海上を埋め尽くします。
ライトアップされた氷川丸やマリンタワーなど、MM地区との光の競演はロマンティックです。花火との競演も見どころのひとつですよ!

◆PR・ファミリーコーナー
時間:11:30~17:00(両日)

「消防署」「税関」「海上保安部」など楽しく学べるPRコーナーを設置しています。
昨年大好評だった「氷の彫刻」実演による涼しげな空間を楽しましょう。

※天候、その他諸事情によりイベント内容が一部変更・中止になる場合がございます。

上記のように2日間パフォーマンスやイベント盛りだくさん!特に、夜景が素敵なみなとみらい地区の夜景やベイブリッジのライトアップに重なるようにイルミネーションをまとった船が浮かびます。

夜の雰囲気のなかでロマンチック感倍増の景色が楽しめますよ!

また、夜だけでなく日中もパレードやステージパパフォーマンスが目白押しなので、朝から夜まで楽しめます

横浜スパークリングトワイライトに浴衣で行くのもアリ?

7月の中旬にあるイベントでもあるので、「浴衣はちょっと早いかな?」なんて心配になる方もいますが、浴衣で来られる方はたくさんいらっしゃいますよ!

また、去年は横浜で7月~8月までの2ヶ月間「みなと横浜ゆかた祭り!」として、浴衣や甚平などを着て出掛けるとお得な特典などが受けられるイベントが開催されるなど、浴衣で出掛けるとお得なことがあるかもしれません^^
今年2016年も実施されるかはまだわかりませんが、要チェックでしょう!

>>>みなと横浜ゆかた祭り公式Twitter

今年一番最初の花火大会には、花火に一番似合う浴衣で参加するのもオシャレですね!

ただし、7月と言えども、夜は少し冷えることもありますので、風邪をひかないように、浴衣の上から羽織れるものを持っていくといいかもしれませんね。

>>>【楽天市場】ほかのレースの羽織りをお探しの方はコチラもご覧ください!


スポンサードリンク

横浜スパークリングトワイライト 場所取りは必要?

横浜スパークリングトワイライトのスパークリング花火は、今年で5回目の開催を迎えるイベントですので、知名度が低いためか他の横浜の花火大会に比べて混雑は少ない花火大会です。

また、会場である山下公園は広く、花火を遮る大きな建物も少ないため、広範囲で花火を楽しむことができます。

2015年は2日間で38万人の来場者が訪れたイベントですが、1日中イベントを行っているため、人の出入りもバラけるため、昼から場所取りをしなくても比較的ゆっくり楽しめます。

※ただし、年々知名度も上がってきてますので、今年は混むかもしれませんが…^^;

間近で花火を楽しみたい場合は、打ち上げ場所に近い山下公園などで少し早めに場所取りをしておくのがオススメです。

横浜スパークリングトワイライトの穴場は?

混雑が少ない花火大会とはいえ、メイン会場である山下公園はやはりそれなりに混雑します。

横浜スパークリングトワイライトのスパークリング花火を人ごみを避けて座ってゆっくり見ることのできる穴場もありますのでご紹介します。

大桟橋

「大桟橋(くじらのせなか)」は、昨年よりも人が増える可能性がありますが、メイン会場の山下公園よりは混雑が少ないでしょう。

海に面しているので、ジュエリーボートとの競演を見るならオススメのスポットです!

赤レンガ倉庫

横浜の観光スポットとして知られている「赤レンガ倉庫」。
広い芝生がありますので、ゆっくり座って正面で花火を見ることができます。
食事やトイレなども近くにありますので、小さなお子様連れの方にはおすすめのスポットです。

港の見える丘公園

横浜港を見下ろす小高い丘にある公園で、横浜ベイブリッジと花火の競演や、少し離れた場所から花火を楽しみたい方にオススメのスポットです

山下ふ頭
”毎年神輿パレードをやりに行きますが、一般の人でも山下埠頭に入れる場所があります
山下公園のはしっこから埠頭に入れますよ
花火の音を体感しながら見れますよ

ちなみに私達、神輿関係者は車で山下埠頭内に入れます”

※参照:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10131955795
首都高速 湾岸線 大黒PA

横浜スパークリングトワイライトの花火は、横浜ベイブリッジから真横に見ることができます。
また、ゆっくり見たい場合は、「大黒PA」に車を停めてみるのもオススメです♪

”妻との中華街ディナーの際、浴衣の男女が大挙して海側に歩いていくので調べてみると、横浜スパークリングトワイライト 横浜港花火ショーが開催されるとのこと。混雑に飛び込むのは嫌だったのですが、作戦を立てて、19:30の開始にあわせてベイブリッジを通って上から眺めることができるかチャレンジしました。これが大正解。橋のたもとにぴったり時間で花火が開始。橋から見る花火は真横から見る感じでとても雄大。少しゆっくり目に走りオープニングの連発花火を楽しみました。その後大黒PAからも眺めることができ、図らずも花火大会を楽しむことができました。”
※参照:http://4travel.jp/domestic/area/kanto/kanagawa/yokohama/yokohama/hanabi/11287081/

まとめ

今回は、横浜スパークリングトワイライト2016の花火大会についてご紹介しました。

年々、人気も高まってきているイベントですので、混雑具合は未知数なところもありますが、見どころ盛りだくさんでおすすめです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ