結婚式を欠席する場合のお祝いの金額は?いつまでに渡す?送り方は?

結婚式欠席の場合

結婚は人生の新たな門出。

結婚式に招待されたけれど、どうしても外せない用事や、やむを得ない事情により出席できないこともあります。

そんな時に、「結婚式に欠席する場合のお祝いはどうしたらいいの?」と、疑問に思う方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、結婚式を欠席する場合のお祝いについてご紹介します。

スポンサードリンク

結婚式を欠席する場合のお祝いの金額は?

結婚式の招待状を返信前

結婚式に招待されたけれど欠席する場合に、結婚式の招待状を受け取った時点で出席できないことがわかっている場合には、「欠席」を選び、簡単な欠席理由とおわびの言葉も書き添えましょう

その際に、病気や弔事などの縁起の悪いことが理由なら、「やむを得ない事情で」「所用のため」など、ぼかすのがマナーです。

また、別の結婚式と重なった場合も、はっきりとした理由は書かずに「あいにく先約がございまして」などの理由を書き入れて返信するようにします。

結婚式の招待状を返信後に欠席する場合は?

急遽、諸事情で出席する予定だった結婚式を欠席することもあります。

その場合には、欠席することがわかった時点で速やかに先方に連絡をしましょう。

その際には、急を要しますので電話などで先方に連絡を入れ、欠席の理由が不祝儀などの場合には「どうしても都合がつかず」「やむを得ない事情で」といった具合にぼかすのもいいですが、友人などの場合には、正直に事情を伝えるようにするのも誠意ある対応かもしれません

結婚式当日に急遽欠席する場合は?

当日の欠席というのは、先方も「何かあったのかな?」と心配させてしまいますし、会場の準備も整った状態ですので、余程の理由がない限りは出席するのがマナーですし、大人の振る舞いです

ですが、どうしてもやむを得ない事情で急遽欠席する判断をした場合には、結婚式当日となると、新郎新婦は主役なので直接連絡を取るのは難しくなるため、結婚式場に連絡を入れ、新郎新婦に伝えてもらうようにします。

欠席理由は、その場では「どうしても都合がつかず」「やむを得ない事情で」とぼかした内容でもいいですが、後日、新郎新婦に直接会ったり連絡を入れ、急遽欠席した非礼と理由を正直に述べるのも大人のマナーです

スポンサードリンク

結婚式を欠席する場合のお祝いの金額

やむなく欠席する場合は、披露宴に出席したときと同額のご祝儀を包む必要はありませんが、欠席するタイミングによっては、同額程度を包む必要もあります。

結婚式の招待状を返信前

披露宴での食事代を差し引いた金額(お祝い金の1/3~半額程度)を包むようにしましょう。

結婚式の招待状を返信後に欠席する場合

結婚式まで多少の余裕があり、料理や引き出物のキャンセルがきく時期であれば、お祝い金の半額程度を包むようにしましょう。

尚、結婚式直前の場合で、料理や引き出物のキャンセルがきかない時期であれば、結婚式に出席した場合と同額程度のお祝い金を包むようにします。

結婚式当日に急遽欠席する場合

結婚式に出席した場合と同額程度のお祝い金を包むようにし、それと一緒にお詫びの手紙や品物などを添えたりすることで非礼を心から詫びましょう。

結婚式を欠席する場合のお祝いはいつまでに渡す?

結婚式を欠席する場合のお祝いは、できる限り結婚式前に渡すようにします。遅くとも、結婚式の1週間前までには渡すのがマナーです。

どうしても事前に渡せない場合には、「遅くなって申し訳ございません」といったお詫びの手紙と一緒に結婚式後でもいいので渡すようにしましょう。
その際も、できるだけ間があかないよう、早めに送るよう心掛けましょう。

結婚式を欠席する場合のお祝いの送り方は?

結婚式を欠席する場合のお祝いを直接渡せる場合は、直接「おめでとう」の言葉とともに渡すのが一番ですが、遠方だったり、諸事情で直接渡すことが難しい場合もあります。

その場合は、現金書留を利用してお祝い金を送るようにしましょう。

お祝い金の現金をご祝儀袋に入れ、そのご祝儀袋を現金書留の封筒に入れて送ります。

その際に、お祝い金だけでなく、お祝いの言葉などの手紙やメッセージを添えて出すようにすると先方も嬉しいものですよ。

メッセージ例文

ご結婚おめでとうございます。
自分のことのように嬉しい気持ちでいっぱいです。

また、披露宴へのお招きありがとうございます。
当日は、やむを得ない事情により出席できず、本当に申し訳ございません。
本来であれば直接お会いして、お祝いの言葉を伝えるべきところではございますが、ささやかながら、お祝いをお贈りさせていただきます。

末永くお幸せに。

まとめ

結婚式に欠席する場合にも、非礼のないよう早めの対応が一番です。

欠席する場合にも、礼儀をもって真摯に対応するよう心掛けましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ