地震への備え 一人暮らしで必要最低限備えておきたい防災リストは?

地震への備え 一人暮らし

日本は地震大国です。

最近でも、地震が少ないと言われていた九州で大きな地震が起こり、日本中いつ地震の被害にあうかわからなくなってきています。

日本各地で起こる地震の影響で、南海トラフ地震への警戒も強まり、もはや防災は他人事ではなくなっていますね。

特に、一人暮らしの場合は「自分の身は自分で守る」というのが鉄則になり、いつ起こるかわからない地震に対して最低限備えておくことが自分の身を守ることに繋がります。

今回は、震災が起こった際に、最低限備えておきたい防災リストなどを詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

地震への備え 一人暮らしで必要な心構えは?

日本各地で起こる地震の影響で、南海トラフ地震への警戒も強まり、もはや災害は他人事ではなくなっています。

災害の怖さは、いつどんな時でも、誰にでも起こる可能性があることです。

いざというときに慌てないよう、万が一に備えたり、行動することが大切になってきます。

地震が起きた直後の行動はどうするの?

地震発生時には、強い揺れに体が固まったり、頭が真っ白になり冷静に判断できないことが多くあります。

そういった事態にならないようあらかじめ、地震発生時に取る行動を決めておいたり、「もしも」のときを想定しておくことが、いざというときに素早く行動できる大切な要素になってきます。

①安全確保をする
強い揺れで家具類が転倒して下敷きなったり、窓ガラスが割れたり、物が頭に直撃すると、ケガをしたり、最悪の場合には命を落とす危険もあります。

強い揺れを感じたら、テーブルの下へ入り、近くに身を守るものがない場合は、布団やクッションなど柔らかいもので頭を保護しましょう。

そして、揺れが治まったら、まわりの様子をみながら、物が「落ちてこない」「動かない」「倒れてこない」場所に移動し安全を確保しましょう。

また、移動するときは、ガラスや陶器類など破片が散乱している場合もありますので、ケガをしないように気をつけましょう。

②火元を確認する
地震発生後は、火災による二次的な被害も大きな災害のひとつとなります。

大きな揺れがおさまり、身の安全の確保ができた時点で、火元の確認を行いましょう。

ガスは元栓から締め、電化製品も火災の原因のひとつになりますので、ブレーカーを落とすのも忘れずに行いましょう。

※地震発生時に火を使っているときは、まず身の安全を確保し、揺れがおさまってから慌てずに火の始末をします。
※万が一、出火した場合は、安全を確保したうえで初期消火にあたりましょう。

③出口を確保する
身の安全が確保されたら、いつでも避難できるように、玄関のドアや部屋の窓や戸をあけて出口を確保ましょう。
④すぐに外に飛び出さない
地震発生後は、ブロック塀などが崩れたり、瓦や看板、割れたガラスなどが落下してくるなどケガをする可能性が高くなります。まずは揺れが治まるのを待ち、周りを確認しながら避難しましょう。

また、避難するときは、ブロック塀などに近づかずに移動しましょう。

⑤避難時は階段を使う
地震発生時はエレベーターは止まります。もし、使えてもいつ止まるかわかりませんので、避難するときは階段を使うのが基本です。

※非常階段の場所を確認しておくこともとても大切な防災対策になります。

また、エレベーターに乗っているときに地震が発生したときは、すべての階のボタンを押して、停止した階で降り、階段を使って避難しましょう。

※万が一、エレベーターに閉じ込められた場合は、落ち着いてインターホンで状況を連絡しましょう。

⑥避難場所へ移動
お住いの市区町村では、安全な避難場所が指定されています。
地域のマップを確認したり、日頃から避難所の場所の確認しておきましょう。


スポンサードリンク

地震への備えておきたい必要最低限の防災リストは?

過去の大地震「阪神淡路大地震」や「東日本大地震」、「熊本地震」などの経験から、ライフラインなど(水や食べ物、必需品等)の支援が届くのは、地域によっては3日程度かかってしまうことがありました。

その経験から、3日間は自力で生き延びることが災害時にはとても重要ですので、防災グッズを揃える際は、最低でも3日間を生き延びることを前提に準備することが「必須」とされています。

非常用持ち出し袋を用意するときのポイントは?

◆非常用持ち出し袋は、自分の体に合った大きさや重さのものを用意する
◆両手が使えるようにリュックなど背負えるものがベスト
◆準備するものは必要最低限にして、重くなりすぎないようにする
◆すぐに持ち出せる場所に置いておく
◆食品や飲料水の賞味期限は定期的な確認が必要

非常時に3日間生き抜くために必要となる最小限のものを用意したものが「非常用持ち出し袋」です。

中身は、自分にとって必要なものを厳選して、準備することが重要で、玄関や寝室、車の中などすぐに持ち出せるところに置いておくことが大切です。

最低限備えた非常用持ち出し袋いグッズは?

  • 懐中電灯
  • 携帯ラジオ
  • ヘルメット・防災頭巾
  • 軍手
  • 毛布・エマージェンシーセット・ブランケット
  • 水(一人当たり3L/1日と言われています)
  • 食品(缶詰・お菓子・インスタント食品など)
  • ライター
  • ロウソク
  • 万能ナイフ(缶切りなどのついている十徳ナイフなどは便利)
  • 乾電池(単三電池がよく使います。懐中電灯に合わせた電池も必要)
  • 携帯用充電器
  • 衣類・下着(季節に合わせて準備。冬は防寒対策は必須)
  • タオル・ハンカチ・手ぬぐい(速乾性の高いものがおすすめ)
  • ウェットティッシュ(赤ちゃん用のおしりふきなど刺激が少ないものがおすすめ)
  • 救急セット(キズバンドや消毒液、包帯など)
  • 衛生用品(歯ブラシや石鹸、ティッシュなど)
  • 常備薬
  • 簡易トイレ
  • 現金
  • 貴重品(貯金通帳・印鑑など)
  • ホイッスル
  • 新聞紙(防寒対策や敷物がわりなど様々な場面で使えます)
  • ラップ(傷を抑えたり、防寒にもなります)
  • ポリ袋

上記に紹介したものは、過去の東日本大震災などの被災者の経験をもとに非常時に必要とされる持ち出しのリストです。

あれもこれもと詰め込みすぎて、非常用持ち出し袋が重くて持てなかったり、動きが鈍くなるようでは本末転倒ですので、自分にとって必要なものを厳選することが、非常用持ち出し袋準備するときの大切な考え方です。

また、非常時には、あなた自身の意識がなくなるかもしれませんので、身元や連絡先、血液型、病歴などを明記した緊急カードなどを用意しておくことも、一人暮らしの方には重要な防災対策になります。

女性に最低限必要な持ち物は?

避難時などは、男性に比べてストレスを感じやすい女性ならではの必要なものもあります。

  • 生理用品・おりものシート
  • サニタリーショーツ
  • ヘアバンド
  • ブラトップ
  • 大判ストール
  • マスク・帽子

まとめ

もしものとき、自分の身を守るのは、少しの知識と、少しの道具など「ほんの少し」を備えることができるかがとても重要になってきます。

防災グッズなど震災への備えは、万が一のときでもすぐに行動できるようにしておくことがとても大切になってきます。

「備えあれば憂いなし」、明日起こるかもしれない防災対策は「今」行いましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ