弘前さくらまつり2016の日程は?開花状況やライトアップ情報などをご紹介!

弘前さくらまつり

青森県の弘前公園の桜は、奈良の吉野山、長野の高遠城址公園と並ぶ「日本三大桜の名所」のひとつとして多くの人に愛され続けています。

また、弘前公園は、日本の都市公園・歴史公園100選に選ばれ、園内にある弘前城も日本の名城・美しい歴史的風土・平成の100景に選ばれるなど、素晴らしい景観をもった場所としても知られています。

今回は、弘前さくらまつり2016の日程や、開花状況、ライトアップ情報などをご紹介します。

また、弘前公園の桜は、日本一のソメイヨシノとも称され、その所以についても併せてご紹介します。

スポンサードリンク

弘前さくらまつり2016の日程は?

弘前公園は、総面積が49㎡もの広大な公園に、約50種類、2,600本もの桜が咲き乱れ、早咲きの桜から遅咲きの桜まで楽しむことができ、GW頃に最大の見どころを迎えます。

名称:弘前さくらまつり2016

開催日:2016年4月23日(土)~5月5日(木)

開催時間:24時間
※露店の営業時間: 09:00~21:00
※ライトアップ:18:30~22:00

料金:無料(ただし、一部有料区域あり)
>>>弘前さくらまつりの有料区域・料金についてはコチラ!!

開催場所:弘前公園

開催住所:〒036-8356 青森県弘前市下白銀町1

お問合せ:0172-35-3131(社団法人 弘前観光コンベンション協会)

公式HP:http://www.hirosakipark.jp/sakura/

アクセス:http://www.hirosakipark.jp/access.html

また、弘前公園では、早咲きの桜に対応して、2016年4月16日(土)~22日(金)間「準まつり期間」として、ライトアップや露店営業なども行っています。

弘前さくらまつり2016のイベントは?

さくらまつり期間には、様々なサービスが用意されています。1日ゆっくり楽しむためにも是非ご利用くださいね。

スポンサードリンク
西堀ボート
営業時間:09:00~17:00(初日は9:00からの安全祈願祭後)
料金:600円/30分 ※ただし、雨天時は営業を見合わせる場合があります。
与力番所の抹茶
営業時間:09:00~17:00
料金:500円/一服
公園物産館
営業時間:09:00~21:00
車椅子ボランティア
貸出時間:09:00~16:00(貸出しのみは21:00まで)
お問合せ:0172-33-2039(弘前市社会福祉協議会)
園内の貸しゴザ
営業時間:10:00~20:00
料金:500円/1枚
貸出場所:下乗橋前休憩所
北の郭・武徳殿休憩所
営業時間:07:00~21:00
下乗橋前休憩所
営業時間:10:00~20:00 ※1回2時間
ゴザ貸出料:500円/1枚(必須)
※1か月前からの予約開始しています。

弘前公園の桜が日本一なのは?

弘前公園に限らず、全国で親しまれているソメイヨシノは、、エドヒガンとオオシマザクラを交配した、園芸栽培用の桜で、誕生してから200年ほどと歴史が短く、成長が早いのが特徴です。

また、ソメイヨシノは成長が早い代わりに、寿命は短く50~60年、長くても80年と言われています。

しかし、弘前公園のソメイヨシノは、この常識を覆すかのように、樹齢100年を超すソメイヨシノが300本以上咲き誇り、多くの専門家からその管理技術が日本一と称されています。

弘前城の二の丸にあるソメイヨシノは、日本最古のソメイヨシノとして現在も元気に咲き誇っています。

また、弘前公園のソメイヨシノは、ひとつの花芽からいくつもの花が咲くなど、ボンボリのように花をつけ、優美な姿を魅せてくれるのも日本一と言われる所以なんです^^

弘前さくらまつり 開花状況は?

例年では、4月中旬から徐々に咲き始め、5月のGWに向けてピークになっていきます。

4月14日現在では、花がポツポツと咲き始めていますので、来週あたりからグググッと咲き始めるのではと期待しています。

>>>弘前公園の桜の開花状況はコチラ!!

弘前さくらまつりのライトアップ情報などをご紹介!

弘前さくらまつりでは、期間中(準まつり期間も含む)桜のライトアップが行われます。

日没とともに弘前公園の桜とは昼間とはガラリと姿を変えて、優しい光に照らされた桜は、幻想的で妖艶な姿に変わっていきます。

外濠(そとぼり)には、ライトアップされ美しく輝く桜が水面に映し出され、時間を忘れて眺めていられる程の魅力があります。

弘前さくらまつりに訪れる際は、夕方の4時過ぎから昼の桜から夜の桜へと移り変わる姿を是非見ていただきたいものです。

弘前さくらまつりのライトアップ時間は、18:30~22:00です。

まとめ

現在は、天守閣の一時移転しており、石垣修復作業が行われています。
いつもの景色ではありませんが、反対にこの時しか見ることができない作業や、内部の構造など、宮大工の技を見ることが出来るかもしれませんね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ