電力会社の選び方や大きな違いは何?電力会社選びのポイントなどをご紹介!

電力会社違い

2016年の4月からスタートした電力自由化。

4月を過ぎて279社もの事業者(4月7日現在)が新しく参入し、今後も新規参入の電力会社は増えていくことでしょう。

その中から、あなたのご家庭やご希望にあった電力会社を見つけ出すことは、とても大変ですね。

電力会社を選ぶときには、その電力会社の特徴がわかっていると、あなたのご家庭にあった電力会社の選択肢を狭めて、選びやすくなります。

今回は、電力会社を選ぶときの、簡単な特徴や違いなどをご紹介します。

スポンサードリンク

電力会社の選び方や大きな違いは何?電力会社選びのポイントなどをご紹介!

電力会社を選ぶ前に知っておいてもらいたいことは、大手から小規模の電力会社が、原子力、火力、風力、太陽光など様々な方法で電気を作りますが、どの方法で作り出された電気でも電気の質は、何一つ変わらないということです。

選んだ電力会社によって、電気が明るくなったり、暗くなったりすることはありませんでの、今までと何一つ変わらず電気を使うことが出来ますのでご安心ください。

また、万が一契約した電力会社の作る電気量が不足しても、ご家庭に供給される電気量が減ることもありませんので、不便なく電気を使うことができます

では、電力会社の大きな違いとは一体何なのでしょう?

実は、電力会社の大きな違いは、たった2つなんです。

それでは、下記に2つの違いについて詳しくご紹介します。

違いその①:電気料金

電力自由化が決まってから、TVやCM、雑誌などのメディアでよく宣伝されているため、ご存知の方も多いのですが、あなたのライフプランに合った契約をすることで、電気の使い勝手は今までと何一つ変わらず電気の使用料金を安くすることができるということです。

現在では、1年間で1万円程度の電気料金の引き下げができる場合も出てきています。

多くの電力会社は、顧客(契約)獲得のためにありとあらゆる、セット料金などのお得なプランを出してきています。

セット割りを提案している事業者は?

ガス会社(東京ガス・大阪ガスなど)
セット割りのプランを契約した際、後々大きな問題となりやすいのが、解約する時です。

携帯会社などは、解約のタイミングは異なることが多いのですが、ガス会社の場合は、引っ越しや転勤などのときの「見直し」がしやすいため、相性はは抜群です。
また、同じエネルギー事業で、ライフラインに欠かせない家庭も多いので、候補にしやすいといえます。

携帯電話会社(NTT、ソフトバンク、KDDI(au)など)
今やマストアイテムとなっている携帯電話やスマートフォンとのセット割りを提供しています。

携帯会社のプランの最大のメリットは、電気料金が安くなることはもちろん、と携帯料金の割引もあるところです。

家族で同じキャリアを使っている場合などは、年間の割引額も大きくなることがあります。

ただし、契約条件などが複雑になることが予想され、また、契約のタイミングが違うため、解約や契約内容の変更のタイミングもそれぞれ異なります。

そのため、どちらかを解約したい場合、どちらかの契約が邪魔する可能性がありますので、契約条件をしっかり把握する必要があります。

プロバイダー(ネット回線)(OCN・eo光・Yahoo!BBなど)
インターネット回線とのセット割りでは、携帯電話と同じように、電気料金と回線利用料の割引が適用されます。また、支払いも威厳化できる場合もあります。

ただし、ネット回線の契約も複雑になることは覚悟しましょう。
「解約条件(違約金)」「割引の適用条件」「契約期間」などは確認しておかないと、自動で更新されますので注意が必要です。

旅行代理店(HISなど)
旅行によく行かれる方などには、お得なプランがあります。

HISでは、最低でも5%の電気料金を安くすると宣言しており、プラス国内外旅行の割引なども行っています。

今後も、国内外旅行のキャンペーンなどは随時行われていくでしょう。定期的旅行される方にはお得になる可能性が高いです。

また、その他にも、「ガソリンスタンド」「コンビニ」「スーパーマーケット」「クレジットカード会社」なども、様々な業態が新規電力小売事業者として参入していますので、ご家庭で使用頻度の高い会社と契約することもメリットが高いといえます。

※ただし、ご家庭の電気の使用量などによっては、メリットの少ない場合もありますのでご注意ください。

電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

違いその②:エコ・地域貢献

電気料金の違いではなく、地球にやさしい再生可能エネルギー(エコ電気)、電気の地産地消を行い地域貢献、復興などを行う電力事業者です。

再生可能エネルギー(エコ電気)とは、太陽光発電、風力発電、火力発電、地熱発電、水力発電、バイオマスなどのことをさします


スポンサードリンク

エコ電気を選ぶ際の注意点

再生可能エネルギーは、エコな電気として東日本大震災以降、非常に注目が集められている電気です。

しかし、気をつけなければならないのは、多くの電力会社は、多かれ少なかれ太陽光発電などの自然エネルギーで発電する設備を持っていることが多いものです。

全体の数%しか、再生可能エネルギーを使用していないのに、エコ電気と謳われても困ってしまいます ヾ(・・;)ォィォィ

ですので、エコ電気を検討されている方が、注目すべきポイントをご紹介します。

二酸化炭排出量
環境負荷を図る方法に「二酸化炭素排出係数」という指標があります。

二酸化炭素排出係数は、”1kWhの電気を発電するために排出した二酸化炭素(CO2)の量”を表すもので、発電の際の環境負荷を示す指標になっています。

二酸化炭素排出係数の値が少ないほど、環境への負荷が少なく、値が高いと負荷が高いといえます。

電源構成比
電源構成比とは、電気力会社が電気を作った方法をグラフまたは、構成比にして表したものです。

例:火力 50% 風力 35% 太陽光 15%

といった形でどのような方法で電気を生み出したかを表します。

ただし、「電源構成比」は現時点では、義務化されていませんので、公表は各電力会社に委ねられています。

ですので、この電力構成比を自主的に公表している電力会社は、エコ電気を売りにしていることが多いので、一つの指標として使うことが出来ます。

まとめ

いかがでしたか?

電力会社を選ぶときは、まず「電気料金」で選ぶのか、また、「エコ・地域貢献」で選ぶかだけでも、選択肢は絞れます。

絞った選択肢の中から、優先順位の高い条件で絞っていくとご家庭にあった電力会社を見つけやすくなります。

あなたにピッタリの電力会社がみつかるお手伝いになれば幸いです♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ