電力自由化はマンションでも個人契約できるの?賃貸の場合は?お得な比較はどうするの?

電力自由化マンション

2016年4月に電力自由化が始まりましたね。

マンションや賃貸に住んでいるなど集合住宅に住んでいる方は、「電力会社の切り替えってできるの?」「戸建て住宅の話でしょ?」なんて思っている方はたくさんいらっしゃいます。

始まったばかりでまだまだ分からないことだらけの電力自由化。

今回は、マンションや賃貸など集合住宅に住んでいる方に向けての電力自由化についてご紹介します。

スポンサードリンク

電力自由化はマンションでも個人契約できるの?賃貸の場合は?

電力自由化が始まり、「月々の電気代が安くなるなら、変えてみたい」とほとんどの方は思われるのではないでしょうか?

でも反対に、「変えてみたいけど、集合住宅で大家さんとかにいちいち連絡するのもメンドクサイ…」なんて思われている方も多くいらっしゃいます。

しかし、大丈夫です!

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる方でも、分譲の方でも賃貸の方でも、基本的には、誰でも電力会社の切り替えをすることはできます!!

わかりやすく電力自由化の仕組みをご説明しますと、インターネットのプロバイダー契約と似たようなイメージになります。

インターネット回線がご自宅に開通している場合、あなたの好きな(あなた取ってお得な)プロバイダーと契約をすることができますよね。

そして、プロバイダーと契約の際、オーナーや管理会社などに許可を得ることはありませんよね。

新旧どの電力会社と契約しても、現在使われている送電線をそのまま利用しますので、電力会社を切り替えたからと言って新しく送電線の工事する必要がありません

ですので、いつでも、お好きな電力会社と個別に契約することができ、切り替えることができます。

また、ご家庭で使用する電気は、契約した電力会社だけで作られた電気だけでなく、全ての電力会社が作ったの電気がごちゃ混ぜになって、各ご家庭に送電されますので、契約した電力会社が万が一倒産しても、ご家庭に送られる電気が止まることはありません

極端な話をしますと、新規参入の電力会社が全部倒産しても、全国10社の地域の電力会社(東電・関電・中電など)が不足した電力を賄わなければならないため、余程のことがない限り電気が止まることはない仕組みになっているんです!

>>>電力自由化の仕組みについて詳しい情報はコチラをご覧ください。

ただし、集合住宅などでは、例外的に申込のできない場合があります。

それは、「高圧(マンション)一括受電」を導入している住宅に住んでいる場合です。

高圧(マンション)一括受電とは、簡単にご説明すると、通常は電力会社と個別に契約し低圧電力を電力会社から送電されます。

しかし、高圧一括受電を契約している集合住宅の場合、電力会社からオーナーが高圧電力を一括で購入し、家庭用の低圧電力に変圧してから各戸に送電されます。

ですので、電気の契約は、個人ではなく、マンション全体となるため個別の契約ができないということです。

確認方法としては、電力会社から「電気使用量のお知らせ」が届いていれば、個別契約になっているため、お好きな電力会社への乗り換えも可能です。

また、「高圧一括受電」の契約の場合は、もともとの電気料金が格安で供給されていることがほとんどですので、電力会社を変えるメリットが少ないことが多いでしょう。

電力自由化 マンションでお得な比較はどうするの?

現在、新規参入の電力会社は279の事業者が電力小売事業者として登録されています(2016/4/7現在)

有名なところで、「ソフトバンク電気」「au電気」「ENEOSでんき」「J:COM電力」「eo電気」「東京ガス」「大阪ガス」など様々な新規電力会社がありますので、どこを選べばよいか迷ってしましますね…

携帯会社やプロバイダー、ガス会社、旅行代理店、コンビニ、エネルギー事業者などもお得な割引やセット価格を提案しています。

また、自然エネルギーに特化した業者など参入していますので、どの会社を選べばよいのか、わからなくなってしまいます(ToT)

それぞれ、お得な料金プランを提案していますが、家族構成や使用電気量など各ご家庭でのお得なプランは異なりますし、また、何を基準に選べばいいのか頭を抱える方もたくさんいらっしゃいます。

電力会社を比較するにも、現在の電気料金の実績だけでは、判断できませんよね(-_-;)

一つ一つの電力会社のプランを見ることも物理的に出来ませんので、下記に電力会社を比較してくれるサイトをご紹介します。

現在お住いの地域と電気の利用状況をもとに、料金シュミレーションを行い、最適な料金プランをランキング形式で紹介します。

現在、国内最大級の比較サイトで、契約切り替えもワンストップでできます。
解約金など有無も加味して、各ご家庭に合った料金プランを、おすすめ順に表示してくれるため、比較検討がしやすくなっています。

また、無料で比較・診断してくれますのでお気軽にお試しください。

電気料金を比較し、最適な電力会社を選ぼう!エネチェンジ

まとめ

いかがでしたか?

電力自由化によって、戸建てであっても、マンション・賃貸住宅など集合住宅であっても、新しい電力会社に切り替えることができます。

電力会社の比較をして、今の電気代を少しでも下げて、美味しいものを食べたり、へそくりに回したり、ちょっとお得な生活をしてみませんか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ